【都市伝説】深夜の乗車客【亜種】

中編3
  • 表示切替
  • 使い方

【都市伝説】深夜の乗車客【亜種】

wallpaper:1802

タクシー運転手のAさんに聞いた話である。

nextpage

sound:12

Aさんは深夜、広い霊園内の道を走っていた。

その日は雨の金曜日で、飲み会帰りの客がよく捕まった。

今も一人、客を目的地まで送り届けてきた帰りである。

再び人通りの多い通りを流すため、近道をするのにこの霊園を通過していた。

nextpage

Aさんは気持ち、スピードを上げていた。

ぽつり、ぽつりと街頭が灯るだけの暗い霊園内を走っていると、自然、ある怪談話が脳裏に思い出されたからである。

nextpage

「あるわけない。あるわけない」

Aさんは苦笑してひとりごちたが、その直後、街灯の足元に手を上げる人影を見つけてしまった。

nextpage

その影は、

ふら、ふら、

と頼りなげに揺れている。

nextpage

ウインカーを出してスピードを落として近づくと、果たしてそれは傘を差した、髪の長い女だった。

nextpage

(厭だな……)

Aさんは思ったそうだ。

頭に浮かんだ怪談話と酷似した状況に、厭な気がしたのである。

nextpage

後部座席に女がゆっくりと乗り込んできた。

女と一緒に様々な「におい」も流れ込んでくる。

雨の匂い。

墓地特有の線香の匂い。

そして――

nextpage

(酒くさ!)

どうやらこの女は大量にお酒を召し上がっているようで、車内は瞬く間にむせかえるような酒くささに満たされた。

nextpage

「どちらまで?」

Aさんが尋ねると、

「○○町の~…、××の×まで~……」

女は呂律の怪しい口調で番地を指示すると、すぐに寝息を立ててしまった。

nextpage

wallpaper:239

sound:12

霊園を抜け、駅前を通り、静かな住宅街を進む。

Aさんはすっかり力が抜けてしまった。怖がっていた自分が馬鹿馬鹿しく思えたのである。

おおかた、この女は飲み会で深酒して、酔い覚ましに少し歩くつもりが霊園に迷い込み、たまたま通りかかったこのタクシーに手を挙げたものだろう。

その証拠に女が指示した場所は、乗り込んだ場所からそれほど離れてはいなかった。

nextpage

目的地に到着し、後部座席に向かって声をかけた。

「お客さん、着きましたよ」

nextpage

返事がない。

不審に思って、Aさんはバックミラーを覗きこんだ。

nextpage

鏡の中に、女の姿はなかった。

「えっ?」

(馬鹿な!さっきまで座っていたのに!)

Aさんは慌てて振り向いた。

nextpage

なんのことはない。女は車の揺れに体勢を崩し、後部座席に横になって寝ていたのだった。

一瞬だが肝を冷やした自分が恥ずかしくなり、それをごまかすために少し怒気を含んだ声で女を起こす。

「ちょっと。お客さん、着きましたって。起きてください」

nextpage

その声に女は目を覚まし、

ああはいはい、などと呟きながら料金を払った。

ところがそこで、ゼンマイが切れてしまったかのように前のめりになり、再び眠り始めてしまった。

nextpage

(――ったく。しょうがねえなあ)

いくら呼びかけても起きない客にしびれをきらし、運転席のドアを開けて外に出ると、後部座席のドアを開けてやった。

幸いだったのは先ほどまでの雨が止んでいたことだ。

外から女に呼びかける。

「ほら起きて。降りてください」

nextpage

ややあって、女は車内からのそのそと降りてきた。

そしてふらついた足取りのまま住宅街に消えていった。

nextpage

(やれやれ……)

ため息をつくと、回り込んで運転席に乗り込む。

車を発進させようとバックミラーを覗きこむと、

nextpage

sound:22

先ほどの女がいた。

うつむいたまま、後部座席に座っている。

nextpage

(――馬鹿な!さっき出ていったはずなのに!)

振り返って見ると、確かに先ほどの女だった。

女はぴくりとも動かない。

いやそれどころか、肩も上下していない。

Aさんの顔からみるみる血の気が引いていった。

nextpage

Aさんは慌てて車から降りると、先ほど女が消えていった方に目をやった。

そして深夜、近所迷惑になることを承知で大声で叫んだ。

nextpage

shake

「お客さーん!忘れ物!忘れ物ーーー!」

Normal
閲覧数コメント怖い
9113
19
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意