中編2
  • 表示切替
  • 使い方

雷神さまの通り道

G県のある市に住む、小学生Y君の話

夏休みが終わり、新学期が始まったある日の事

学校から帰宅途中のY君はちょっとした冒険心からいつもと違う道を帰る事にした

残暑が厳しくジリジリと照りつけてくる日差しの中、Y君はあぜ道を歩いていた

見渡す限り田んぼや畑しか見当たらなかった

(つまんない道きちゃったなぁ)

Y君がそう思った時、突然、

「おーい、坊主」

と声をかけられた

Y君がえっと思って振り向くと、そこには一件の古びた二階建ての民家があり、玄関には一人のおじいさんが立っていた

(さっきまでこんな家あったっけ)と思うY君におじいさんは更に続けた

「そこは雷神さまの通り道だ。危ないからこっちへおいで」

Y君は不思議と恐怖心はなく、おじいさんの家にあがらせてもらった

nextpage

Y君は冷たい麦茶のご馳走になりながら、おじいさんがさっき言った『雷神さまの通り道』について訪ねてみた

真っ白な髭を蓄えたおじいさんは外を見ながらこう答えた

「昔からここは雷さまが通ってな。避雷針になる物がなくてよく人に当たったもんだ...」

おじいさんはどこか遠くを見つめているようだった

しかしY君は雲一つない空を見て首を傾げるばかりだった

それからY君は学校の事、家庭の事、飼っている犬の事などをおじいさんに話をした

おじいさんはニコニコと微笑みながら、うんうんと相槌を打っていた

nextpage

その時、突然おじいさんが言った

「ほれ、雷神さまのお通りだ」

その言葉にY君は咄嗟に外を見た

いつの間にか空は真っ暗く、風がごうごうと吹いていた

Y君は驚いたまま、外を見つめていた

(さっきまであんなに晴れてたのに...!)

そして一閃の雷が落ちるとともに激しい雨が振り出した

「だから危ないと言っただろう」

おじいさんが微笑みながらそう言った

やがて雨はあがり、雲も途切れ途切れになってきた

「そろそろ家におかえり。来た道を真っ直ぐ戻り、いつも通りの道で帰るんだぞ」

Y君はおじいさんに言われた通り、来た道を戻りいつも通りの道で帰宅した

nextpage

帰宅したY君は先ほど起こった事を母親に話した

すると母親は首を傾げて言った

「こっちは雨なんて振らなかったけど.....。でもお世話になったんなら、あとでお礼に行かなきゃね」

後日、Y君と母親がおじいさんの家を探したが、家どころか家に通じる道すら見つからなかったという

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
6320
8
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ