生きる価値のない人間(実話)

短編1
  • 表示切替
  • 使い方

生きる価値のない人間(実話)

私は生まれつき耳が聞こえなく色々な事に苦労しました。

nextpage

しかも昔の社会は障害者に冷たく

周りもそして自分さえも障害者である私自身が悪いんだ

そんな風に考えていました。

nextpage

でも今は時代が変わり昔に比べ凄い生きやすい社会になり

なんと今は「聴覚障害者マーク」と言う物を付ければ車の運転だって出来てしまいます。

nextpage

私もそれをつけ車でよく買い物に行くのですが

耳が聞こえないと言うことでどうしても運転が慎重になり過ぎ

スピードが遅く又、急ブレーキをかけてしまう事が多々ありました。

nextpage

でも「聴覚障害者マーク」を付けてると

みなさんきちんと車間距離をとってくれて

進路を譲ってくれたり、交差点で先に通らせてくれたり

何かと紳士的な運転をしてくれます。

nextpage

そして意外と言うと失礼かもしれませんが

若いドライバーの方ほど進路をよく譲ってくれました。(笑)

nextpage

よく世間では「ゆとり世代」とか何とかってバカにしてるけど

私にしてみれば今の若者の方が何十倍、何百倍と優しく、親切で

そして人の気持ちをわかってくれるとても素敵な大人達だと思います。

nextpage

そして今日も進路を譲ってくれた青い車

一定の車間距離をとってず~っと後をつけてくる青い車

nextpage

私の家の前まで・・・・

nextpage

次の日の朝一階に降りると

wallpaper:1906

テレビ、冷蔵庫、クーラー等、家電製品一式が全て綺麗になくなってました。

nextpage

それから私は「聴覚障害者マーク」を付けるのをやめました。(涙)

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,7588
9
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

開始からなんとなく予感できてた

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意