長編7
  • 表示切替
  • 使い方

天国への門

ふぅー後ろには誰もいないな!

僕は今仕事でとある山に登ってる。

場所は伏せておく

これは僕の大事な仕事だからだ

nextpage

仕事というのは

僕の仕事は怪談ジャーナリストだ

よく夜の学校や廃墟とか不法侵入して

ネタを探してる

nextpage

今回は僕のパソコンに

不可解なメールが来たんだ

そのメールには

nextpage

天国への門と、この山の場所が

書かれていた。

ネットで色々と検索したが

情報は何も出てこなかった

もしかして隠された宝の地図かな?

nextpage

困りはてた僕は所長のオッサンに

この件を相談してみた所

nextpage

shake

この場所には絶対に行くなよ!!

と怒られた

nextpage

所長はいつもはこんな事では

怒る人じゃないから

びっくりした!!

nextpage

所長には言われたけど

僕は最近とてもスランプに落ちていた

だからネタが欲しい

僕はあの山に行こうと思う

nextpage

所長には3日間休みを取りますって伝えた

もちろん休む暇などない

あの山へ行って天国への門の秘密を

暴くんだ!

nextpage

僕は東京から深夜バスで○○県に行き

タクシーを拾い○○山まで頼んだ

タクシーの運ちゃんには

自殺するのか?って聞かれた

あそこは自殺の名所でもあるらしい

nextpage

運ちゃんに天国への門ってしってる?

聞いみたけど

少し笑って話をはぐらかされた

あそこには何か本当にあるらしい

nextpage

やっと1日目の朝○○山に着いた

多分今日の夜には頂上に着くだろう

装備は初心者用の登山セットを

会社からパクってきた

nextpage

山に入ると変な視線が感じるようになった

まだ入ったばかりだか

やはりこの山はやばい

nextpage

1日目のお昼

村だ!村がある!!

僕は驚いた

こんな山に村があるなんて

nextpage

この村少し歩いてみると

だいぶ前に捨てられた

廃村らしい

当然、人はもう誰もいなかった

nextpage

腹が減り

持ってきたおにぎりを食べてると

やはり変な視線と

後ろからつけられてるような気がした

イヤな気分だ

nextpage

村を出て

また歩いていると

なんか音が聞こえくる

nextpage

ひゅーひゅー、ひゅーひゅー、

と風の音だと思うが

何かが歩いてる音とも聞こえる

nextpage

上に行けば行くほど

何か得体の知れないものに

視線や音を感じる

正直にとても恐い

ゴメンなさいーって泣き叫びながら

走って帰りたいぐらいだ

nextpage

shake

うっ!!

今何かに右肩を触られた嫌な感触だ

それほど山頂に近づいたって事か

この山は天国への門と自殺の名所の

二つの顔があるからだな

nextpage

そろそろ夕方になる

腹が減ったけど晩飯をだべようと思うが

山頂が見えてきたから興奮してきたから

ガマンしようと思う

nextpage

気づくと周りはすっかり夜だった

計算どおりだ後は

天国への門を探しすだけだ

nextpage

あった!!

簡単に見つけた、

何でそこが天国への門って

分かったか?と言うと

nextpage

山に扉が打ち込んであった

あと看板に天国への門って

僕はビビった見つかるのは

明日の昼ぐらいだと思ったのに

すぐ見つかったんだ

nextpage

早速中に入ってみようと思う

もう太陽が出てきて

僕の背中をとても眩しく照らしていた

nextpage

扉を開けようと思うがとても緊張する

中身は何だろ〜お宝かな?政府の秘密基地かな?ガンダムかな?

と変な妄想をしていた

何が何でも雑誌のネタにはなる

nextpage

意を決して扉を開けた!!

nextpage

shake

眩しいなんて眩しいんだ

クソっ前が!前が見えない

前に進むしかないのか

nextpage

男は前に少し進んだ所で足をすべらした

扉の中で穴に落ちたのだ

nextpage

shake

ぎゃー

僕は見てしまった穴に落ちて

そこにいたのは死体だった

みんな死体は痩せこけてる

nextpage

上をみるとなんで眩しいのか分かった

あたりまえだ!扉の中には

鏡があった!

鏡が太陽の光を反射させて眩しいんだ

nextpage

そう僕は閉じ込められたのだ

扉の中に入り落とし穴に落ち

一生出れないのだ

nextpage

あー天国への門の意味が分かった

この情報が気になり近づいた奴を

ここに閉じ込め世間では自殺

させるんだ

nextpage

腹が減った・・・・・・

晩飯を食べるか

これが本当の最後の晩餐ってねww

笑ってる場合じゃねー

nextpage

あれよく考えたらおしいぞ!

なんで所長は

天国への門をしってる口ぶりだったんだ?

nextpage

まさか!あいつはめやがったなー!!

クソっ!携帯も圏外かよ

もう俺の人生終わったな

ここで天国の住人として死ぬんだ

みんな今までありがとう

nextpage

すると落とし穴の上の扉が空いた

なんだーもう新しい住人が来たのかー

とよく見てみると

nextpage

shake

あの所長だった

所長は大きな声で叫んだ!

だから言っただろーが!!

今から助けるからそこで待っとけ!

僕は所長を疑った自分を呪った

nextpage

所長がハシゴを出して掛けてくれた

上に登って外にでた

所長は何も言わず僕が聞いても

車で話すと言った

nextpage

下山中にあの廃村があった

よく見たらものすごく荒れていて

人の死体らしき物も落ちていた

nextpage

ゲーあんな所で飯食ってたのかよ

最悪だこんな所だったなんで

nextpage

下山の時はさっさと下山できた

所長の車で問題の件を聞いたら

話を始めた

あのドビラはあの村に伝わる死刑方法だ

もともとあの村は山の中にあるため

孤立していた

nextpage

だから自分達の法律があった

破ったら自分達で刑罰を与えていたんだ

俺が昔あの廃村の噂を聞いて

あの廃村へ行ったんだ

それでアレコレ知った

nextpage

あそこは外の世界とは違って

時間が止まってるみたいだろ?

やっぱりあそこは俺たち人間が

何か触れてはいけない

何かがあるんだよ

nextpage

俺は所長の話を聞き少し質問した

Q何で僕の所に

あんなメールが来たんですか?

Aわからない

Qあの村は何で滅びたんですか?

Aそれこそ何か得体の知れない物せいだ

nextpage

僕は家まで送ってもらった

ゆっくり休みたいが

汗臭いのでシャワーを浴びようと思う

nextpage

シャワーを浴びている時気付いてしまった

登山中に肩を触られだろ

そこがアザになってんだ!!

nextpage

急いで所長に連絡した

所長に聞いてみたが分からないらしく

霊感がある住職を紹介してくれるらしい

nextpage

翌日所長は車で迎に来てくれた

相当心配してくださった

そして有名なお寺に行った、

有名な住職にアザを

見てもらったがこう言われてしまった

nextpage

霊的な物もたくさん付いてきてるけど

それよれ肩のアザだ!

その肩のアザどうした?

nextpage

僕は説明した

何かに触れられたとね

nextpage

住職はとりあえずの

お祓いしてくれると言い

どっか行った

所長はお前のせいでやり残した用事

があると言いどっか消えた

nextpage

10分15分・・・・・30分と待ったが

遅い・・住職はこなかった

僕は住職を探しにお寺を少し歩いた

nextpage

お寺の中を歩いていると

何かに呼ばれてる気がしてきた

このアザにかも知れない、

あ、あれは?・・・

nextpage

shake

見つけた!!

うっ!住職が倒れていた

近づいてみると住職の

右の肩が無くなっていた!

肩から下はとれていた

右肩は僕のアザがある部分だこの住職を

死なせてしまったのは僕のせいだ

nextpage

そう考えると何かとても怖かった

所長に電話しようと思ったけど

巻き込みたくは無かったから止めた

とりあえずは今からどうするか?だ

nextpage

僕は覚悟を決め

あの山に戻る事にした

あの山で決着をつけよう

nextpage

住職の事はメールで所長に教えて

所長を巻き込みたくないから

携帯をお寺の横の川に捨てた

nextpage

僕は急いであの山へ向かった

呼ばれてる気がするからだ

山と言うよりはあの村かも知れない

nextpage

山に着いた

山を少し登っているとね

右肩が痛いんだとても痛い

あの村に近づく程痛みは増してった

nextpage

あの廃村に着いた

右肩は爆発しそうなぐらい痛む

廃村を歩いていると

背後にいやな気配を感じた

後ろを向いてみると

nextpage

何か見えないけど立っているのは

分かった、肩が痛みそいつに

僕は恐怖してその場に倒れた

その時声が聞こえた

nextpage

shake

楽になりたいか?

とても低くくてドス黒い声だ

僕は頼む助けてくれって言った

nextpage

僕はそいつに睨みつけられてる

一歩も歩けない

そいつが何かしようとしている

逃げなきゃでも逃げれない

nextpage

一瞬空間からとても大きい目を覗かせ

それを見た瞬間僕は気を失った

nextpage

僕は病院で目をさました

隣では所長がいた

所長が目をさました僕を見て泣いた

nextpage

所長いわくあの村で僕は倒れてたらしい

そいつは僕を見逃してくれたのかも知れない

nextpage

あとあと聞いたら

あの時住職はやっぱり死んでいて

右肩が無かったから警察は事件を疑ったが

肝心の証拠が一つも見つからず

事件は迷宮入りらしい

nextpage

僕は二日後退院した

この二日間ずっと

そいつとあの村の事を考えてた

もしかしてそいつは村で死刑にされて

村の奴を呪っていて村の奴を殺したけど

それでは飽き足らずメールと言う手段で

他の奴を呼んでいたのかもしれない

nextpage

右肩のアザは痛みが引いて

小さくなった

これで仕事には戻れるな、よかった

nextpage

僕は今も相変わらず夜の学校や廃墟

に行っている

ちゃんと世の中に公開できるような

特ダネを見つけたい

だけど

nextpage

全然心霊的な物が寄ってこない!

もしかしてこの右肩のアザを

怖がって何も近づてこないのか?

nextpage

《終》

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
92411
3
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

へー
面白い話です
これから作る話の材料にでもします

住職の靴下がしろならば、その住職は人ではありません

Gさん色ですか?
何で色が気になるか僕気になります?
教えてください

表示
ネタバレ注意

さすがバンビさん
ありがとうございます
情景も気にしてかきますね

表示
ネタバレ注意

猫侍さん色々コメントありがとうございます
本当に気をつけます

読みにくいのはLINEみたいに短文で途切れて改行が多いからかなぁ、と。
スマホユーザーでも左寄りに見えるのにアイパッドユーザーはさらに左寄りになっちゃうのでは...?
内容はいいと思うので書き方で損をしてるのかと。
あと、本文ではないですが
気を付けるです。お→を。

すいませんイチさん
自分には長編は向かないらしいです
これからは気おつけます

ドビラって…(-_-;)
ごめんなさい。
とっても読みにくかったです。。

コメント感想誤字脱字
お願いします