短編2
  • 表示切替
  • 使い方

マンションの霊

15年ほど前の話になりますが・・・

私が小5の時に父が転職をしてその関係で引っ越しをしたんですが、引っ越した先のマンションで若い女性の霊を見ることがありました。

お金の関係で再度引っ越すことも出来ずに、それから女性の霊と同居する日々が始まりました。

霊の出現は規則性が無く、夜現れることもあれば昼間現れることもあり、

いつもあちこちを怖い顔で睨みつけていて、とにかく近寄りたくないといつも思っていました。

うっかり目が合うとものすごい形相で睨みつけてきて、殺されるんじゃないかと逃げたこともありました。

特に母に対して執着しているようで、料理をつくってる母をじーっと睨みつけていました。

中1の夏休み、仕事のある父を除いた母と私と妹の三人が母方の田舎にいっている間に

父が職場の若い女性と駆け落ちして、私たちの手元には父の残した借金だけが残りました。

その為、引っ越しをすることになり、新しく借りた部屋は前の部屋と違って古かったのですが

霊がついてくることもなく、その後霊を見ることは一度もありませんでした。

私が高校2年の頃、父の知り合いという人から連絡が入り、父が脳梗塞で倒れて入院をしているから世話をして欲しい、と言われました。

母は一人で行くといいましたが、母を心配した私も付き添いで病院にいきました。

病室にいたのは、前のマンションで見かけた「若い女性の霊」にそっくりな女性でした。

私は、「ああ、なるほど。アレは自縛霊じゃなく、父の浮気相手の生霊だったんだ。

だから私を睨みつけ母を睨みつけていたんだ。」と納得しました。

その女性は悪びれた風もなく「一緒に暮らしてただけで、結婚もしてないから私が病人の面倒をみる理由が無い。

荷物は家に送るから、後は全部よろしく」と言いました。

その後、その女性を家でもリアルでも見たことがありません。

父に対する執着が無いから出てこないんだと思います。

生霊になるほど父に執着していたのに別れる時はあっさり、この豹変ぶりが恐ろしく、あのマンションで見た霊なんかより怖く感じました。

Normal
閲覧数コメント怖い
7422
5
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

生きてる人間の方が怖いとはこの事ですね…

表示
ネタバレ注意