中編4
  • 表示切替
  • 使い方

被害妄想

「最近、誰かに見られてる気がするんだよね…」

出た…

僕はこんなことを言う彼女にウンザリしていた。

彼女の名前はミコ。

僕の交際相手だ。

初めて会ったのは大学の食堂。

テーブルが空いていなくて、食べ物のトレーを持ったまま慌てている彼女を見て、僕のテーブルの空いている所に座らせてあげたら、その時メアドを交換して、そのまま親しくなって付き合うことになった。

ミコは可愛くて料理もうまい。

でも、一つだけ欠点があった。

被害妄想だ。

最初は誰にでもあることだと思っていた。

でも、あまりにもひどいため、普通ではないことに気が付いた。

言う台詞はいつも決まって「誰かに見られてる」こと。

現実味があるならまだしも、どれも意味がわからない。

「聞いてる?」

「あ、うん聞いてるよ。でも今日は帰ってもらえないかな…。」

「いいけど…。私の話信じてないの?」

「そんなこと無いよ!」

「ふ〜ん。」

その日は彼女には帰ってもらった。

separator

それから一週間。

彼女から電話がかかってきた。

「はい。〇〇です。」

「〇〇君?ごめんね、こんな時間に。でも、言わなきゃいけないことがあるの。」

そう言う彼女の声は震えていた。

泣いていたのかもしれない。

「どうしたの!何かあったの!?」

僕は彼女の様子からとても心配になった。

何かあったのか…

「私の家の中から、知らないカメラが…、出てきたの…」

すぐに被害妄想だと分かった。

そう分かると、安心と同時に怒りが込み上がって来た。

心配したのに。

「そんなことのために、こんな夜遅くに電話をかけてきたの?はっきり言うけど、嘘でしょ?被害妄想でしょ?」

「違う!違うよ…。被害妄想なんかじゃ無いよ…。」

ミコが泣きながら呟く。

「じゃあなんなんだよ!カメラなんてあるわけねえだろ!」

僕の怒りはMAXだった。

謝ってくれるかと思いきや、罵声が飛んできた。

「本当だって言ってるじゃない!ほら、ネットにも私の映像出回ってるよ!〇〇君は信じてくれるかと思ったのに!自殺してやる!死んで、お前にも同じ思いさせてやるよ!」

「ちょっと、お…」

僕の話終わる前に電話は切れていた。

自殺なんて嘘に決まってる。嘘に…。

separator

それからしばらくして、彼女が自殺したということを聞かされた。

ネットには、誰が犯人だかは分からないが、彼女の映像が流されていた。

信じられなかった。

僕のせいだ…

葬儀の最中で、彼女の母親は号泣していた。

separator

葬儀が終わり、家に帰ると、すぐに異変を感じた。

誰かに見られている気がしてならない。

人間、目に見えなくても気配は感じる。

誰かに相談しようにも、被害妄想と言われればおしまいだ。

彼女もこんな気持ちだったのかな…。

気配は翌日も、その翌日も続き、毎日続いた。

僕は頭がおかしくなりそうだった。

家にいるときの大半は頭を掻きむしっていた。

精神科に行き、治療してもらおうにも、診断結果はいつも「重度の被害妄想」だった。

この家が悪いと思い、引っ越しをしてみたが、変わらない。

僕は逃れられないという絶望感に襲われた。

そんなある日、僕は彼女の家に行くことにした。

彼女の家族に謝罪し、罪を償えば、この視線も無くなると思った。

ピンポーン

彼女の家のチャイムを押す。

「はい…」

彼女の母親が出てきた。

「ああ、〇〇君。どうしたの?とりあえず入って。」

家に入った瞬間に異臭が鼻をついた。

リビングに入るとありえないものがそこにはあった。

死体だった。

男性の死体のようだった。

「驚いた?」

後ろで母親の声がした。

「あの子の映像流した犯人誰か知ってる?あの子の父親よ。信じられないでしょ。あいつは自分の娘で金儲けしたってわけ。だから殺してやったわ。あなたの感じている視線は全部私の仕込んだカメラよ。葬儀が終わった後、すぐにあの子の持っていた合鍵を使ってカメラを仕掛けた。簡単だった。あなたがあの子にあんなこと言ったから…。あなたにもあの子が死んだ責任がある。あの子と同じように狂って欲しかった。」

僕は彼女の父親の死体を見ながら聞いていた。

頭がぼんやりして何も考えられない。

「どうしてこんなベラベラ喋ったと思う?私にも分からない。でも、一つだけわかることは…」

母親はキッチンに近づくと包丁を握った。

「お前を殺す!」

母親はそう叫ぶと包丁を持って走ってきた。

終わりか…。

時間が止まって見えた。

ふと、天井を見ると彼女が笑っていた。

満面の笑顔だった。

あの視線がカメラのものか、分からなくなった。

彼女も僕の死を望んでいたのか。

これも「被害妄想」だな…

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
6744
11
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意

追記…エッ!私の周りにもって…(汗)。
怖いな…はとさん…

ホント、お久しぶりです( ´ ▽ ` )ノ。
はとさんの意見、すごく参考になります!本当にありがとうございます!
これからも頑張ります(笑)

表示
ネタバレ注意