中編2
  • 表示切替
  • 使い方

「ある約束」

wallpaper:3179

身長は180㎝以上

長い脚に小さな顔

切れ長の目にどこかミステリアスな雰囲気

nextpage

自分で言うのも何だけど

私は美人だしスタイルも一流

nextpage

でも余り外には出ない

だって大勢の目がうっとうしいから

nextpage

それでも私だって女の子

やっぱり誰かに褒められたいし

カワイイ!美人だね!って言われたい

nextpage

だから時々外に出掛けるんだけどなかなか理想の男性は現れず

だれも本当の私を見てくれない(やりたいだけ)

nextpage

だからもう最低限のルール

「ある事」に触れさえしなければ

多少の事は目をつぶるのに

その約束すら誰も守ってくれない。

nextpage

そんな諦めムードの中久しぶりに町を歩いてると

向こうから冴えない地味系男子が・・・

nextpage

そして私を見るなり

その地味男が私に向かって猛ダッシュ

そして私にいきなり頬ビンタ!!

nextpage

「えっ?」

と、唖然としてる私にその男が

nextpage

wallpaper:1706

「こんな真夜中に一人で歩くな!危ないだろ!」

思わず「ご、ごめんなさい」と謝る私

nextpage

そして私の腕を強引に掴んだまま私を家まで送った後

また無言で町に出て行く地味男

nextpage

wallpaper:3021

その日から私の胸は毎日ドキドキ

それと生まれて初めて男が怖いとも思った。

でもこのドキドキは明らかに別のドキドキで・・・・(照)

nextpage

それから数日後何とか彼を探し出し

あの時のお礼と謝罪をし

彼といっぱいお話しできました。

nextpage

wallpaper:1880

separator

何でも彼は一人でも不良少年、少女をなくす為

毎日夜回りを自主的にしている

普通のサラリーマンらしい(笑)

nextpage

でも夜回りをしてると逆に不良達に絡まれたり

自分が警察に職務質問されたりで

何かと大変みたい(心配だけど)

nextpage

そんな不器用な正義感がマスマス私を夢中にさせ

nextpage

wallpaper:3011

めでたくカップルになれました。

とにかく優しくて、誠実で、男らしいし

私との「ある約束」もずっと守ってくれるし

最高の彼氏です。(ノロケてスミマセン。)

nextpage

だからこそ早く彼からの

「綺麗だね!カワイイ!」

って言葉が聞きたくて

nextpage

髪形変えたり、服の趣味を彼に合わせたり

色々アプローチした結果

nextpage

wallpaper:3282

まさに今、彼の部屋で

彼に見つめられてます。(死にそうです。)

nextpage

「・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・」

nextpage

そして数秒の沈黙後

彼の口から

nextpage

wallpaper:3012

「そろそろ、その白いマスク取ってくれない?」

私:「・・・・お前もか!(涙)」

Normal
閲覧数コメント怖い
6440
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ