百物語【三十話〜三十一話】

中編2
  • 表示切替
  • 使い方

百物語【三十話〜三十一話】

ゼロさんのお話、背筋がゾクゾク…。

まだ三十話だと思うと、ますますゾクゾク…。

百物語、三十話〜三十一話、怖い話をご用意しました。

では、どうぞ…

separator

【三十話】

今日は大学の友達とカラオケで呑む日。

合コンではなく、男しかいない(泣)。

大人数いるわけではなく、

俺、真面目なケン、盛り上げ役のコウタ、天然(?)なカズキの四人だ。

(なぜか)俺を除いた三人が残酷な天使のテーゼを歌い終わると、ドリンクを飲みながらカズキが言った。

「アレ?このカーテンなんだ?」

カズキの目線の先にはカーテンがあった。

どうやら、窓についているカーテンではないようだ。

「最近、カラオケにも鏡がついている店舗が多いらしいからなぁ。鏡のカーテンじゃないか?」

ケンが次の曲を設定しながら呟いた。

「確かに…。鏡っぽいなぁ。開けてみるか。」

コウタはそう言うと、カーテンを開けた。

鏡には一人のオッサンが居た。

俺たちは写っていない。

困惑していると、オッサンが動き出した。

チラリとこっちを見るとニタニタ笑って気持ちが悪い。

幽霊なのか?

オッサンは縄をどこからか取り出すとスピーカーに括り付けた。

そして、こちらを見て何か言うと、首を縄に入れ、盛大に跳んだ。

その瞬間、金縛りのようなものが解けて、俺達は大急ぎで個室を出た。

カウンターの前で困惑の余り腰を抜かし、あわあわ言ってると、

店員さんが出てきて「大丈夫ですか!?」と言い、俺達を中に入れてくれた。

店員さんに一部始終、つまり幽霊のことを話すと、店員さんは首をかしげて言った。

「あれは鏡じゃなくて隣の個室が見えるガラスですよ…。」

separator

【三十一話】

最近ついてない…

会社の面接も落ちて、バイトも夜勤を頼まれ…

本当についてない…

今日も夜勤で疲れていた。

おかげで見知らぬおばさんとぶつかって小銭落した。

おばさん、「謝れ」って言ってたけど謝ってないな。

こんなの何回目だよ。

俺はボロアパートの102号室に入った。

とりあえず、音楽でも聴くか。

スマホにイヤホンを刺し、音楽をかけた。

でも、流れてきたのは音楽じゃあなかった。

「謝れ。謝れ。謝れ。謝れ。」

おばさん?なんだ?呪いか?

俺はスマホの音を切ろうとした。

あれ?消音だった?

パリン

音のする方を向くと、

割れたガラスと、トンカチを持ったおばさんがいた。

「謝れ謝れ謝れ謝れ謝れ謝れ謝れ謝れ…

最近、本当ついてない…

separator

どうだったでしょうか?

読み終わった人は灯篭の間にお進みを…

無事に帰ってこれたらいいですね…

Normal
閲覧数コメント怖い
56616
20
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意

カラオケの隣の個室は余り見たくないのはわかります。
おじさんなんかが自殺してたら…

表示
ネタバレ注意

ガラスに映ったのが強い想いだとすると、それはいったいなんなんでしょうか…?

開けるなよ、開けるなよ!
ダチョウ倶楽部的な(笑)
というのは冗談で、開けてはいけないものってありますよね…。

山さんこんにちは!
カラオケの話、リアルな恐怖感に包まれました‼︎
既に亡くなった人が強い霊魂から映し出したのかも知れませんね。。

表示
ネタバレ注意

ゼロさん死体見たことあるんですか!?
サラッと怖い(汗)

確かに気持ち悪い話だ…(自分でも分かってる。)

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

おじさん、自殺パフォーマンスにしてたのかな(笑)

封印された部屋、そう考えて読むのも面白いですね!

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意