廃屋詛 第二章 闇夜の悲劇

長編10
  • 表示切替
  • 使い方

廃屋詛 第二章 闇夜の悲劇

 ミンナワタシトオンナジ――

          ―1―

 深夜、人気のない道を歩きながら菜実は後悔していた。

「やっぱ、荒木君に送ってもらえば良かった――」

 きょう残業を余儀なくされたとき、同僚の荒木も一緒に残って手伝ってくれた。好意を寄せられていることは薄々気付いていたが、優しいだけの荒木に興味はなかった。

 帰り際、家まで送ると言ってくれたが菜実は断った。それを承諾して自分も好意を持っていると勘違いされるのが嫌だった。

 わたしって何様よね。

 うぬぼれも甚だしいと思いながら仲の良い従弟の顔を思い浮かべる。恋人にするなら彼のような男がいい。優しいだけじゃない芯の強い男。

 でも従弟は結婚した。もう以前のように映画やショッピングに付き合ってはくれないだろう。

 寂しさを噛みしめ、従弟の幸せを願う。

 電柱の薄暗い街灯が点滅し始めた。

 菜実はぶるっと震えると足早に通り過ぎた。

 このとき、先を急ぐことに気を取られ、横道に潜んだワゴン車に全く気付いていなかった。

          ―2―

「おい。見ろ」

 後部座席に座るヒロアキが煙草を挟んだ指で前を指した。

 ハンドルに持たれて居眠りしていたコウジが顔を上げる。

 薄暗い路地を若い女が急ぎ足で横切っていった。助手席のユースケはスマホのゲームに夢中で全く気が付いていない。

 ワゴン車は何の意図もなくここに駐車していただけだったが、たった今たくらみが生まれた。コウジはヒロアキの考えていることが手に取るように分かった。

「いいねえ」

 後部座席を振り返ってにやりとしたあと、エンジンをかける。車はゆっくりと発車して左折し、女の後ろ姿を離れて追った。

 ヒロアキが身を乗り出し、コウジに顔を寄せる。

「どこでやる?」

「そうだな。なあ、あそこはどうだ。もうほとぼりも冷めてるだろう」

「あそこ? うーん。気が進まねえな」

「なんだよ怖いのか」

「別に怖かねえけどよ。お前は平気なのか」

「オレ? わくわくするよ」

「お前ら何の話してんだ?」

 ユースケがやっとスマホから目を離した。

 コウジが顎で女を指し示す。

「あそこへ行こうって言ってんだよ」

 ユースケは右手の甲を目の前にかざし、じっと見つめた。

「いいんじゃないか。おれもわくわくする」

 コウジは満面の笑みを浮かべ、ワゴン車のスピードを上げた。

          ―3―

 車に乗せられてからどれだけ時間が経ったのだろう――

 菜実はずきずきと痛む頭でぼんやりと考えた。

 男たちに拉致された時、真っ先に猿轡を噛まされ悲鳴を上げることも出来なかった。後部座席に引きずり込まれると顔や体を拳で何度も打ち付けられた。手足の拘束はされなかったが男たちに囲まれ、逃げることなど考えられない。

 車が揺れるたびあちこちがひどく痛む。顔が腫れあがって目も開かず、口の中の詰め物が苦しくて泣くこともできない。

 菜実は目蓋のわずかな隙間から車窓を見た。外は真っ暗だった。

 なぜ目隠しをしないのだろう。顔を見られてもいいということは、わたしは殺されるのだろうか。

 その考えに至ると体が震えだした。

 隣に座る煙草臭い男の手がスカートの中に入ってきた。

 全身が総毛立つ。身を捩り、声にならない声を上げた。助手席の男が振り返ると隣の男は手を引っ込めた。

 流れる景色がどんどん山深くなっていく。

 菜実は自分の死に場所を見た気がした。

          ―4―

 ユースケの右手、親指と人差し指の間には咬傷による古傷があった。

 コウジとヒロアキはこれを名誉の負傷と呼んでいたが、ユースケ自身は廃屋にいたクソ女に噛み千切られた不名誉な傷だと思っていた。

 だが借りは返した。首を絞めた時の恐怖と苦しみに満ちた女の顔を思い出すと、未だに快感が全身を貫く。あの瞬間自分が特別な人間になったと感じた。

 死体は床下に放り込んできただけだった。もし発見され警察が自分たちにたどり着いてもそれはそれで構わないと思っていた。むしろ両親の驚愕と絶望の顔を見るのが楽しみだった。

 数日後、死体の発見を報道で知った。驚いたのは女のほかに四人の死体があったことだ。

 五人は同じグループの仲間だと早口のリポーターが現場で報告していた。ということは、四人はいたずらか何かで女を置いてきぼりにし、戻って来たあとに何か事件が起こったということなのか。

 無関係な殺人の罪まで背負わされてはかなわないと、ユースケは気色ばんだ。

 だがその後、事件自体がなかったかのように報道されなくなった。捜査がどうなっているのか、自分たちの存在は把握されているのか、多少の不安はあったが一年以上過ぎた今も警察が来る気配はない。自分たちは上手く逃げおおせたのだと思った。

 後部座席から何度もごそごそ音がして、そのたび女の呻き声が聞こえてくる。

「おい、ヒロアキ。てめえいい加減にしろよ。もうちょっと待てねえのか」

 ハンドルを叩いてコウジが怒鳴る。

 不満げに舌打ちするヒロアキを嗤って、ユースケは視線を前に戻した。

 ヘッドライトにあの時と変わらない廃屋が浮かびあがった。

          ―5―

 エンジンが停止し静かになると、ヒロアキという男の荒い息だけが聞こえてきた。

 菜実は車から降ろされる時が最後のチャンスだと隙を窺っていた。上手く逃げられるのか不安だったが、貞操と命を守るために気力を奮い立たせた。

 助手席の男がダッシュボードから懐中電灯を取り出し、スイッチを入れた。車内に広がる光の輪を菜実の顔に当て、「ぶっさいくになったなあ」と声を上げて笑った。

 男たちが車から降りた。菜実は逃げるタイミングを見計らっていたが、ヒロアキに髪を鷲掴みにされ車から引き摺り出されるとそのまま廃屋へ引っ張られた。

 もがいてもヒロアキが手を放すことはなく、逆に振り回されぶちぶちと髪が引き千切れて激痛が走った。悲鳴を上げてもくぐもった呻き声しか出ない。

 どんどん廃屋に近づいていく。

 これでは逃げられない。

 絶望に心が折れそうになる。

 いや、まだ大丈夫。きっとチャンスはある。

 菜実は痛みに耐えながら、そう自分に言い聞かせた。

          ―6―

 光に浮かび上がる廃屋の内部も以前と変わらず荒れ放題だった。

 ユースケはゆっくりと光を移動させて適当な場所を物色し始めた。埃をかぶった欄間の龍が自分たちを見下ろしている。

「薄気味悪いな」

 ヒロアキがぽつりとつぶやく。女を足元にひざまずかせていた。

「お前やっぱりビビってんだろ」

 コウジがぷっと吹き出し、「五人も死人が出た場所だから、しょうがねえっか。なっ」とユースケの肩を叩いた。

「他人事みたいに言うな。そのうち一人はおれたちが殺ったんだからな」

 そう言ってコウジたちに光を向けた。

「それが怖ぇんだよ。あと四人誰が殺ったんだ」

 ヒロアキの声が震えている。

「おいおい、お前怖くねぇって言ってたじゃねえか」

 コウジが大笑いした。

「うるせえな。怖くねえよ」

「おいおいどっちだ?」

「だから、怖くねえっ」

「そう言いながら震えてるだろ。ははは――」

 一緒になって笑っていたユースケは女がいなくなっていることに気付いた。

          ―7―

 菜実は痛みに耐えながら外に出た。口の中の詰め物を取り出して投げ捨てる。心臓がばくばくと高鳴っていた。

 人を殺したと聞き、自分も殺されると確信した。

 男たちが目を離した隙にあの場から抜け出したが、早くどこかに隠れなければ、つかまればもうおしまいだ。

 星空に雑木林の輪郭が黒く浮かび上がっている。あの中に入れば姿を隠せるかもしれないと思った。だが木立の奥はまっ暗闇だ。

 何してるのっ。早く行くのよっ。

 自分を叱咤し進もうとしたそのとき、後頭部に凄まじい衝撃が来た。

 その場に崩れ落ちた菜実に男たちが怒声を浴びせ、何度も蹴りを入れる。

 意識が遠のいていく。目の前が雑木林の闇よりも濃くなっていった。

          ―8―

「また殺っちゃう?」

 コウジが懐中電灯の光をこちらに向けてにやりと笑った。

「当たり前だろ」

 ユースケは拾った古縄を引っ張って強度を確かめた。

「なんか背中がぞくぞくする。やっぱここ怖ぇーわ」

 そう言いながらヒロアキが立ち上がった。ズボンを上げチャックを締める。

「お前ね、怖ぇ怖ぇ言いながら何回ヤッてんだよ」

 コウジがヒロアキの頭を平手で叩いた。

 腐った畳の上で女が力なく横たわっている。意識があるのかないのかぴくりとも動かない。

 さっき気にならなかった畳の腐臭が鼻についたが、気にせず女の腹にまたがって座った。白くて細い首に古縄を巻き付ける。

 ユースケの手元を照らしながらコウジもしゃがんだ。

 縄を握る拳に力を入れた。

「オーエス。オーエス。右手がんばれっ、左手がんばれっ」

 甲高い声でヒロアキがふざける。

 古縄が柔らかな喉に食い込んだ。ぐぐっと呻き声を上げ、女の口からよだれがあふれた。

 おれはまた特別な人間になる。

 ユースケは胸を躍らせた。

「お、おい。そこに誰かいるぞ」

 ヒロアキが壁際を指さして叫んだ。

 そこに影が佇んでいる。

「誰だてめぇ」

 立ち上がったコウジが懐中電灯の光を向けた。

 女がうつむいて立っていた。抑揚のないつぶやき声が聞こえてくるが、何を言っているかはわからない。

「首、首、が、締――まる――た、助け、て――」

 急にヒロアキが喉を掻きむしり始めた。皮膚を裂き、血が溢れ出す。床に倒れ込みもがいた。充血に膨らむ目で救いを求めるがなす術がない。

「なんなんだ。これ」

 ヒロアキに光を照らしても首を絞めている者などいないし、紐も巻き付いていない。首の締まる原因が何一つ見えなかった。

 掻き抉った喉の奥からひゅうと音がして、ヒロアキが止まり静かになった。

「嘘だろ? おいヒロ――っ」

 様子を見ようと屈んだコウジが次に苦しみ出した。ヒロアキと同じように喉を掻きむしりもがいている。

 手から落ちた懐中電灯がユースケの足元に転がってきた。素早くそれを拾って照らしてみたがやはり原因は見当たらない。

 皮膚も肉も掻き破り血の泡を吹き出したあと、コウジもこと切れた。

 女の声がだんだん大きくなってくる。蜂の羽音のようにうねりながら闇に響いていた。

「――死ナミネ死ナミ死レミマニクニトチ死ノレノオ死メトヲキイ死リグエヲドノメ死ヲビクネ死ナミネ死ナミイナ死サルユイ死ナサル死ユイナ死サルユイナサルユイナサルユ――

 許サナイ――」

 光を向けると女が顔を上げた。白濁した左右の瞳が別々の方向を向いている。

「死ナミネ死ナミイナサ死ルユイナサ死ルユイナサル死ユイナサル死ユイナサル死ユ――」

 唇のない口が呪詛を吐き続けている。

 二つの瞳がぐりっと動き、ユースケを見た。

「――オマエハ許サナイ」

 何かが首に巻き付き、ぎりぎりと締まっていく。はずそうとしても両手の指先は自分の皮膚を引っ掻くばかりで何もつかめない。

 じたばたともがく足元に懐中電灯が転がる。

 息のできない苦しさの中でユースケは女が誰かを思い出した。

「このっ――クソ女っ――」

 見えない紐が喉に食い込み、ぶちぶちと肉を裂いていく――

 千切れたユースケの生首は一度バウンドしてから、床板の暗い穴に吸い込まれていった。

          ―9―

 闇の中で菜実を呼ぶ声が聞こえる。

 どこから聞こえてくるのかわからなくて、行ったり来たりを繰り返していたが、やがて目の前が明るくなってきた。

 目を開けると病院のベッドの上だった。

 傍らに父と母がいた。

 二人の目から大粒の涙があふれている。

 菜実は微笑むと再び深い眠りに落ちた。

          *

 柔らかな光が病室を満たし、開けた窓から心地よい風が入ってくる。

 菜実は半身を起こし、揺れるクリーム色のカーテンをぼんやりと見ていた。

「きれいな薔薇よ。荒木さんって方が届けてくださったの」

 病室に戻って来た母がピンクの花束を持ってカーテンの隙間から姿を現した。

 好きな花だった。

 荒木は病室まで来なかったらしい。菜実を慮ってのことだろう。荒木らしいと思ったが、ここに来ても会う気はない。仲の良い同僚も見舞いに来たが会わなかった。会社も辞めるつもりでいる。

 もう誰にも会いたくなかった。大好きな従弟の見舞いすら断った。

 何度も我が身に起こった事を思い出す。父も母もすでに知っているだろう。警察官が何度か病室を訪ねて来て両親と話をしている。

 だが、自分の口から何も語っていなかった。話そうとすればきっと怒りや悲しみが狂ったように爆発するだろう。

 そんな娘を見たら父と母がまた悲しむに違いない。二人の悲痛な顔を見るのはもういやだった。

 冷蔵庫のプリンを勧める母の明るい笑顔を見つめた。

 泣いてはいけない。泣くもんか。絶対泣くもんか。

 ぎゅっと唇を噛む。

 母がそっと寄り添って抱きしめてくれた。

「泣いていいのよ。気が済むまで泣きなさい。大丈夫よ。ずっとそばにいるから。あなたを守るから」

 暖かい腕の中で菜実の心が解けた。

 悲鳴のような泣き声が病室に響き渡った。

          *

 どんなに泣いても涙はすべてを洗い流してくれない。

 受けた傷はきっと忘れられないだろう。

 でも、わたしは生きている。

          *

 事件はなぜか極秘扱いで、その後のことは何もわからなかった。ただ両親は事情を聞いたらしく、実質打ち切りになった捜査にも抗議することはなかった。

 それでよかった。早く事件を忘れ、静かに暮らしたい。

 でも、なぜわたしが助かったのかずっと気になっていた。

 あの夜、帰ってこない娘を心配していた母親の携帯に『✕✕山中の廃屋にいる。助けて』と、わたしからのメールが届いたのだという。すぐさま両親は警察に通報した。

 わたしは廃屋の外で発見されたらしいが、外に出た記憶はなく、またメールを発信した覚えもない。

 母は朦朧として覚えていないだけだろうと言うが、わたしははっきり覚えている。

 男たちの苦しみに悶える声やあいつの生首が落ちたところを。

 何が起こったのかわからないが、奴らが死んだのはわかった。

 そのあと静寂の中、わたしの顔を女の人が覗き込んでいたように思うのは夢か幻か――

 もし、それが現実だったのなら、その人がわたしを助けてくれたのかもしれない。

Concrete
閲覧数コメント怖い
1,1006
22
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信