長編7
  • 表示切替
  • 使い方

連続殺人鬼

主人が人殺しです。もう、元主人ですね。

もしかしたならば、まだどこかで、殺しているのかもしれません。

nextpage

ある夜、私たち夫婦は、車で出かけました。

私たちの住む町は、1番近いコンビニであっても、車で行かないと不便なのです。

お恥ずかしい話ではございますが、私が夜中に、車を動かすのが不安だったのです。

だって、そうではありませんか?

道は見通しが悪く、人気はないのです。不安にならない方が難しいというもの。

気弱だった主人は(敢えて、主人と呼びたいと思います)渋々ながらも、私の買い物に付き合いました。

nextpage

買い物を済ませ、私たちは帰路につきました。

道中、何やら道でうずくまってる方がおりました。

「酔っ払いじゃないの?」主人はそう言い、スピードを落とし、パッシングを行いました。

全くの無反応でした。

気分が悪いのか、退っ引きならぬ事情がお有りか。

「救急車呼ぶ?」私は言いました。

「良いじゃん。最悪、俺たちが連れてこう」主人はそう答え、車を停めると、うずくまってる方へ近づきました。

有り体に申せば、余り興味がありませんでした。

私は助手席から、降りることもなく、ケイタイ(当時は、スライド式ですらないタイプでしたが、若い方はご存知ないでしょうか?)を触っておりました。

主人がかける声が、詰問の如くなった時、おかしな違和感を覚えました。

主人が声を荒げる、またはその直前に至る所なんて、初めてだったのです。

すると、うずくまっていた方は、既に立ち上がり、主人をただ見下ろしておりました。

高い身長も、曲がった背中も、無精髭も珍しくはないでしょうね。

ただ、どこを見てるともわからない、虚ろな目を、主人にジッと向けていました。

ただ黙っていたのか、主人だけが口をきいていたのか。その方の声は、一言も聞こえることは、ございませんでした。

異様な雰囲気を感じたので、私も降りて、声を荒げ始めた主人を、なだめようとしました。

nextpage

ドアを開けた瞬間、強烈な匂いが、鼻をつきました。

何かが腐ったような、そんな匂いでした。

いつからお風呂に入ってないのか、想像するのが、はばかられるほどの年数なのは、きっと間違いないでしょう。

途中、主人は急に悲鳴をあげ、相手の方をつき飛ばし、あろうことか、顔を蹴り上げたのです。

相手の方は、およそ助からない方向に、首が曲がっていました。

私は何が起きたか、理解する事ができず、ただただ座り込む事しか、できませんでした。

被害者の方を見ると、手には、ペーパーナイフのような物が、握られていました。

主人は腕を抑え、苦悶の表情を浮かべていました。

刺されたのです。

とにかく、とにかく警察を。ただただ、その一心でありました。

そして、何とか、どうにか、110番をし、待っていました。

もしかしたら、生きていらっしゃるのでは?そう思い、脈を取ろうと、手を取りました。

その手の冷たさは、私を絶望させるには、十分でした。

主人はポツリと、ようやく口を開きました。

「ダメだった?」私はただ、頷きました。

「こいつ、声かけても聞いてなくてさ、ようやく立ち上がったと思ったら、俺のこと刺したんだよ!驚いて反撃したらこのざま」

確かにこの方は異常です。異常ですが、つき飛ばしてすぐに(わざとでないからこそ)トドメを刺す主人にも、薄ら寒い物を感じました。

「あーあ、これから先、一緒にもう居られないねー」

どこか無理して、呑気な声を出そうとする主人と、先ほど咄嗟に人を一人殺めた主人。

同一人物とは思えず、その落差にただ口を噤んでおりました。

田んぼのあぜ道、何もありません。

そんな日に限って、空は透き通り、星々がはっきりと見えました。

ふと、主人を見ると、私と同じく夜空を眺めていました。

サイレンが近づき、終わりが見えてきました。

nextpage

「何も動かしてないね?」

「轢いた訳ではないんだ?」

「刺されたの!?どうして?」

当日、後日、日をまたいで質問攻めにあいました。

しかし、奇妙な事を聞くのです。

「死体はどうしたの?」

てっきり警察で保持した、と思ってたのですが、無くなっていたらしいです。

経路を全て話させられ、状況説明を何度も要求されました。

そして出た結論は

「道端の人間と口論になり、暴行を加える。失神を死亡と勘違い。

相手方も、刺した負い目からか逃走、被害者も不在の為、不起訴処分」

という事でした。

私たちは、目が点になりながらも、泣きながら喜びあいました。

nextpage

しかし、主人も私も確認しました。

二人の意見は、一致しています。

「あれは、確かに遺体だった」

私が手を取った際、生気を失い、温もりと弾力を失っていく手応えは、未だ残っています。

仮に生きていたとしても、頚椎がネジ折れた状態で、歩行なんて可能でありましょうか?

仮に可能でも、警察も含めた、私たちの目を盗んで、立ち去るなんて不可能でしょう。

遺体の行方は、すぐにわかりました。

nextpage

ある夜、私たちが眠っていると、石が飛び込み、窓を叩き割りました。

二人とも飛び起き、すぐに外を見ました。

消えたハズの彼でした。

虚ろな目、曲がった背中、遠くとも届く、腐ったような匂い、無精髭。全てが、覚えていた通りでした。

私は激しく取り乱し、ひたすら閉じこもっておりました。

主人が『全てを』済ませ、私を呼びました。

「ほら、こいつが持ってたナイフだよ。見覚えある?」

「顔はもうわからないけど、髪型と髭はわかるね?」

どこを見てるともわからない目で、淡々と同一人物の証拠を重ねていきました。

「家まで来られたし、警察呼ぶ?」

私は無駄ではないかと思いました。

あの時と同じで、また現れるのではと、そう思ったのです。

「そう、なら俺が済ますから、君はお休み」

私はその決心よりも、有無を言わせない雰囲気に気圧され、承諾しました。

周りに人気は全くなく、殆どが空き家です。

そうであっても、堂々と庭で血抜きに入る主人には、とてつもない恐怖を覚えました。

nextpage

夜明けに少しだけ眠り、目を覚ましました。

実は夢だったのでは、主人ももちろん、私もあり得ない判断を、繰り返した夜でした。

しかし、主人は『作業』を終え、新聞紙を何重かに包んだ物を、ゴミ袋に詰め、それを車に積み込んでいました。

「埋めてくる」そう言って、出発しようとしていました。

私も行くと伝え、車に乗り込みました。

主人は少しだけ、困ったような顔をし、何も言わずに車を出しました。

nextpage

移動中、何も会話は、ありませんでした。

「この辺かな」主人はポツリと言い、車を停めました。

二人で何度か往復し、埋められそうな場に集め、穴を掘りました。

何時間掘ったのでしょうか。

深さ1メートルほどになり、土の質が変わり、横に広げ、十分なサイズとなりました。

袋を開け、ゴロゴロと転がしました。

やっぱり死んでいる。

既に恐怖はなく、どこか安心していました。

そして穴を埋め、ゴミ袋を燃やし、帰宅しました。

nextpage

その日から、主人は明らかにおかしくなっていました。

何かをぶつぶつ言ったかと思うと、ふと遠くを見てるような顔をします。

明らかに不潔になり、仕事も辞めました。

夫婦の会話は、全く無くなっていました。

恐らく私も、おかしかったのでありましょう。

貯金を崩しながら、ただ日々を過ごしていました。

寝室も分けて寝ていたのですが、唐突に揺り起こされました。

主人が私を見てるのか、見てないのか、どちらとも取れない顔つきで、ボソボソと言いました。

nextpage

「来る」

nextpage

気力を失っていた私は、特に思う所もなく、曖昧な返事をしておりました。

主人に、押し込まれるように車に乗り、山へ向かいました。

彼を埋めた地です。

そこは掘り返されておりました。

ただボンヤリとついていった私は、また、彼を見ました。

待っていたのか、車でつけていたのか、彼はすぐに現れました。

主人は、まるで私が寝過ごした朝、朝食を作るかのように、淡々と手際よく済ませました。

掘り返されていた穴に、彼を乱雑に放り込み、土を被せました。

全てが色褪せ、何も感じなくなっていました。

nextpage

また無言の車内を過ごした後、帰宅した瞬間、電話が鳴りました。

いつもなら無視していましたが、たまたま手が届くから出たのです。

「あー久しぶりー元気しとうと?連絡もよこさんと何しとるん?」

母からの電話でした。

突然、正気に戻ったのです。

今まで、私たちがどれほど罪深い事をしたのか、自覚しました。

涙が溢れ、全てを、一つ残らず洗いざらい伝えたくなったのです。

しかし、どれ一つとして伝えられない事を自覚し、更に涙があふれました。

母が心配し、全てが済めば帰省する事を約束し、電話を置きました。

主人はいつからいたのか、ずっとそばに立っていました。

nextpage

「別れよう」

主人は、電話が済んで最初に言ったのが、これでした。

nextpage

「俺らは、もうやめられない。あいつは俺だけを追ってる。実は外に出た時に、何度か会ったんだ。

別れよう。家も何も全部売ろう。それでお義母さんのところに帰りな。大したお金にならないけど、新しい生活を始めな」

主人は時々私を見据え、そしてまた虚ろな目をして、そして私を見据え、何度か繰り返しながら、私にそう伝えました。

私は何かを言おうとしましたが、主人はまた虚ろな目になり、ボソリと言いました。

「じゃあね」

nextpage

そこで、ようやく理解する事が、できたのでした。

腐ったような匂い、何を見てるのかわからない虚ろな目つき、どちらも彼と同じである事。

恐らくは、同じ何かに、なろうとしてる事。

あるいは、既になったのでありましょうか。

そして助けられない事。

抜け殻になった、主人を見捨て、全てを巻き上げ、私は去りました。

今もまだ、主人はずっと、抜け殻のままでございましょう。

Normal
閲覧数コメント怖い
1,5074
12
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信

怖い…というより悲しいです。最後まで妻の身を案じたご主人も、元凶である「彼」の来し方がどうしてこうなってしまったのかも…

返信
表示
ネタバレ注意
返信