親方、棺から腐女子が!!

中編2
  • 表示切替
  • 使い方

親方、棺から腐女子が!!

「この前さ、ひどい目に遭ったよ」

大学のサークルOBの飲み会で、葬儀屋に努めるAが愚痴をこぼしつつビールを煽る。

「何があったん?」

ここに集まって一時間ばかり、すでに酔いも回っている。

「この前、女子大生が亡くなったのよ」

「それで?」

「肺炎だったらしいんだが、友達が少なかったみたいで発見が遅れたんだな。腐りかけた遺体に防腐処置して棺に入れてさ、お通夜でしょ、葬儀でしょ」

「うん」

「んでお坊さんがやってきて、読経が始まるわけよ」

ここまでは普通だ。

「それで?」

興味を引かれた皆が顔を寄せる。

「みんな神妙な顔してお経を聞いていたらさ、突然ドコッ!! って、何かを叩く音がするわけ」

空になったグラスにビールを注ぎ、Aは続ける。

「当然、みんな何だ? って顔するじゃん?」

「うんうん」

「するとさ、またドコッドコッ!! って大きな音が響いてくるのよ。坊さんも読経を中断しちゃってさ。普通ないよ、こんなこと。で、次に何が起こったと思う?」

「……」

「突然棺の蓋が弾け飛んで、死んだはずのその子が起き上がってね……こう言ったんだ」

皆息を飲んでAを見つめる。

「『BL最高~~っ!!』」

「はあああ!?」

「うっそだ~~!!」

「はいはいネタ乙」

一斉に顔をゆがめ、笑いながら応じる仲間にAは必死に言い張る。

「本当だって!! あの後死体は逃げ出すし、みんな唖然としてたわ。今ご遺族はその子を探し回ってるよ」

「えええええ!?」

「まじかよww それ完全に悪戯だろ」

「かなあ? まあ誤診だったんじゃないかって、ご遺族と医者が揉めてるらしいよ」

「それもう遺族じゃないだろ」

流石に酔ってはいても、Aの話を真に受けるほどみんなウブではなかった。そりゃ、そうだよね。こんな話誰も信じない。

 その時不意に、盛大に窓ガラスがぶち割れる音と共に、何かが俺らのいる座敷に飛び込んで来た。

 振り乱した髪、腐乱して崩れかけた青白い顔。ぎょろりんと回転する白濁した両目。顔を引き攣らせるAの胸倉を掴んだそれが、地獄の底から響くような大音声で叫んだ。

「BL読ませろおおおおおお!!!!」

そのぽっかり開いた口から、物凄い臭気と共に大量の蛆がぼろぼろと零れ落ちた。

──これが、本当の腐女子……

余りの恐怖とショックに薄れゆく意識の片隅で、俺はそんなしょうもないことを考えていた。

Concrete
閲覧数コメント怖い
67619
18
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

修行者様、怖いとコメントありがとうございます。
アッー!! そうですね。やりましょうか。(リレーを)

返信

イエェェェイ!空前絶後のォォォ!超絶怒涛のBLゥゥゥゥ!
読ませろぉぉぉぉぉ!(貴腐人の叫び)

返信

おふう!!なんか呼ばれてる気がしてかけつけてみれば!…ひ…

ご、ゴルゴム先生!こ、これは実話ですか?!!(腹筋

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

親方、空から、いさじさんが!

「やらないか(リレーを)」

返信

あ、mami様おはようございます。
昨日は深夜のハイなテンションでやってしまって起きたらあれ、なんだまずいことしちゃった? みたいな気分です。
では少し悩むところですが暫く様子見ます。ありがとうございました。

返信
表示
ネタバレ注意
返信

しかし今こういうのはまずいかな? 今日中に消すかもです。

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信