中編6
  • 表示切替
  • 使い方

おねがい

今日は通夜。

高校時代の友人が他界した。

まだ35だというのに。早すぎるよ。

訃報を受け、友人や恩師らが参列している。

彼は学年でその存在を知らぬ者がないくらい有名人だった。

別に容姿が良かったとか、スポーツができたというわけではない。

声が大きく、ムードメーカーで、ノリが良く、一生懸命で、でも体のわりに少し弱っちいやつだった。

このご時世、いじるといじめるの境がすごく曖昧だけれど、彼は明らかな前者。みんなに愛されていたんだ。

彼自身地元を離れていたし、上京している友人らも多い中これだけの人が集まるのだから、それがそっくりそのまま彼の人柄を表している。

少し前までSNSに近況を投稿していたのに…

訃報を聞いた誰もが思った事だろう。

参列者のほとんどが、なにかふわふわした、夢のような、地に足のついていない感覚でいたと思う。

そして故人の遺影を見て、はじめて現実なんだ、彼はもういないのだと実感し、咽び泣いた。

それほどまでに彼の死は早すぎるものだった。

焼香を終え、友人らと軽く挨拶を交わし、通夜会場を後にする。

ふとその時、誰かの視線を感じた。

後ろ髪引かれる、というのだろうか。思わず振り返らざるを得ないような、そんな感覚にとらわれた。

もちろん、というか何もない。

あらためて車に乗り込んでエンジンをかけたが、その妙な感覚は消えることはなかった。

おかしい。不思議だ。なにか雰囲気を感じる。

奇妙な感覚が消えないまま、家にたどり着いた。

ふと思うところがあり、塩はまかなかった。

冬だから当然だけど、寒い。息が白い。

家に入り洗面所に向かう。寒い。

鏡を見るがもちろん自分以外に誰もいない。でも明らかに感じる何者かの気配。

「もしかして〇〇(故人)か?」

鏡を前にして呟く。

答えはない。

「…なんてな、そんなことあるわけないか」

『おーーーーーーっっす!』

突然頭の中に声がした。驚いてビクンと身体を縮めた。

『ん?あれ?もしかして聞こえてるの?マジか!』

どう言えばいいのかわからず、口をパクパクさせた。鏡にはもちろん自分しか映っていない。

『あれ?今なんか喋ってる?聞こえないっすよ、俺の声が聞こえたかと思ったらそっちの声が聞こえんなんて』

「あ、いや、〇〇?」

やっとのことでひねり出した。

『おおおおおお、ユウさん(自分のこと)俺っすよー、やーっと聞こえた』

「いやいやびっくりして声出なかったんだよ!驚くのは俺の方だし。って、お前、死んだんだよな?」

『そうなんすよー、なんかすんません、みんなしてきてもらっちゃって』

相変わらずの腰の低い喋り方だ。でも姿は見えないし頭の中に響くだけだから少し気持ち悪い。

『ひでー、気持ち悪いとか言わんでくださいよー』

「いやだってなんか気持ち悪いんやもん、しょうがないやん。で、なんで俺のとこに?恨みでもあんの?」

おそるおそる尋ねる。しかし返ってきた答えは

『わっかんねー』

だった。

『たぶん今日来てくれたみんなのとこに俺行ってます。』

「は?」

『なんかみんな悲しい顔するもんだから、まぁ当たり前やけど、なんかほっとけなくてふらーって感じ』

「なんだそれ(笑)誰のために泣いたと思ってんだよ」

『さーせん!でも嬉しいっす』

死んでも何にもかわってないやつだなぁ。自分のことは差し置いて人に心配ばっかりして。

それからリビングに場所を移し、他愛もないことで語り合った。

テレビが見たいと言うもんだからテレビもつけ、あの芸人がどうとかこうとか、お互いにお気に入りのアニメキャラの声真似をしてみたり、高校生と全く変わらないノリで話し込んだ。

『今日慶ちゃんきてたじゃないっすか。子供連れで。』

「ん?ああ、いたねー」

『慶ちゃん高校の時ユウさんのこと好きだったらしいっすよ』

「なんだよそれ、誰情報だよ」

『本人っすよ、今仕入れたんす』

「え?おま、他の人のとこって、全部共有してんの?」

『そうなりますかねー、自分じゃよくわかんないんすけどね。ああ、慶ちゃんも同じ驚き方してます』

「お前は喋る電話かwでも慶子も結婚したしね、子育てもがんばってるんだろうな」

『ああ、慶ちゃん離婚したんすよ?これは俺が死ぬ前に聞いた情報っすけど。ユウさん知らんかったの?』

「へあ?!慶子が?いや知らんかったけども!今はいいから!」

『ほんとにぃ?ユウさん顔赤いっすよー。ちゃーんと今度ご飯でも連れて行ってあげてくださいよぉ〜?』

余計なお世話だ。冷蔵庫から出した酒を煽りながら俺は笑った。そして聞いた。

「なぁ、お前成仏ってしねーの?未練でもあんのかよ?」

ほんの少しの沈黙のあと、ゆっくりとした声が響いた。

『俺にもわかんないっす。でもなんかふわーって消えていくような感じはしてるんすよね。結構一生懸命声出さないと今声にならないっす』

「そうなの?」

『うん、通夜とかそーしきとか関係なく、ふわーって消えるんでしょうね。』

「そうか…なんか、あるか?未練とか、やり残したこととか」

『そうっすね、いっぱいあります(笑)でもあの子は幸せになってほしいな』

「あの子って、お前が助けた子か?死んでまで他人の心配かよw」

いや、死のうが生きてようが彼は彼。彼は交通事故で死んだ。道路に飛び出してしまった女の子を助けて。そして彼ははねられた。

「そんなにシュパッと動けるから出してないのに無理するから」

『しょうがないじゃんすか、あの場にいたら誰だって…』

「どうした?」

『ユウさん、いっこだけお願いしてもいいっすか?』

「おう、聞くよ」

『俺のこと、忘れんでください』

溢れた。悲しみ、恐怖、焦り…いろんな感情が涙となって溢れた。

「わす、れるか、よ」

『お願い、っすよ、ユウ、さん、たのんます!』

「うぐ、うううううぅぅぅぅ」

言葉は出ない。でも心に刻んでいた。彼の無念、彼の未来、彼の憧れ、彼の希望、いろんなものが流れ込んできた。

きっと彼のいう「他の人」も同じ思いをしていることだろう。何故だかそのときはそう感じた。

「いいか、お前のことはクラスメイトだけじゃない、学校全員が知っている。小学校も中学校も大学も会社に入ってもそうだ。たっっっくさんの人がお前を知っとるんや。きっとその数は軽く千人は超えるやろ」

『一万人がいいっす』

「千も万も大して変わらん!お前がいうなら1万人や。その一人一人がお前を忘れん。だから、お前は俺らの心で生きろ!安心しろ、お前のやりたかったこと、やり残したこと、全部1万人で叶えてやるから!」

『…あり、がとう。うぅ…あ……と…』

「いいか!心配するな!俺らは大丈夫!お前も大丈夫だ!」

『…』

「くそぉ、忘れられるか!ばか!」

もう何も聞こえなかった。

気配も雰囲気も、何もなくなっていた。

残ったのは部屋に響く自らの嗚咽と、ハタハタとテーブルに落ちる涙の音。

そして、いつの間に書いたのだろう、下手くそな字で「慶ちゃん」と書かれたメモ。

なーんてね。

一人ソファに座り、思いを馳せた。

死人に口なし。こんな風に彼の思いを聞けたらどんなにいいか。

せめてひとつだけでも、彼がやり残したことでも知ることができたら。

人の成功を羨むんじゃなく、一緒になって喜んでくれるそういうやつだから。

何かあれば言ってくれよ。俺がかわりに果たしてやるから。

なぁ。いつもの声で、いつもの言い方で言ってくれよ。

なぁ。たのむよ。

『ユウさん、いっこだけお願いしてもいいっすか?』

Concrete
コメント怖い
2
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信