短編1
  • 表示切替
  • 使い方

手のひらの子どもたち

wallpaper:5141

目覚めると、私の手の平に赤ん坊がいた。

・・・

一人や二人ではない。

・・・

無数の子供達がいた。

nextpage

手の平から落ちても、私の身体に寄り添い、小さく、幼い子供達が私を見上げ微笑んでいる。

・・・

愛しさで胸が締め付けられる。

私は寝る間も惜しみ、食事さえ摂る事も忘れ、子供達にせっせと乳を与え続けた。

nextpage

wallpaper:5140

夫は私が妊娠をすると、どこかへ消えた。

・・・

元々愛していた訳ではない。

頼りにしていた訳でもない。

・・・

夫も、ただ・・・自分の遺伝子さえ残す事さえ出来れば良かったのだろう。

nextpage

wallpaper:5139

子供はスクスクと育って行った。

沢山の子供達を一人で育てるのは大変だが、どの子供も可愛く、私にとって子育ては苦ではなかった。

子供達の身体も、生まれた頃に比べ一回り大きくなって来た様だった。

・・・

私は子供達を見詰め、微笑むとゆっくりと体の力を抜いた。

nextpage

子供達が私の身体に喰らい付く。

痛みよりも愛しさが込み上げて来る。

さあ・・・子供達・・・

私の身体を食べ、大きく、強く育ちなさい・・・

・・・

ゆっくりと私の意識は薄れ行く・・・・・・・・

nextpage

・・・

そうだった・・・・・・・・

・・・

子供達の父親は、私が食べ尽くしたのだった・・・

・・・

nextpage

wallpaper:5142

私は蜘蛛。

・・・

・・・

・・・

自らの身体を次の世代へと繋いで行く・・・・・・・

Normal
コメント怖い
17
18
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信