短編2
  • 表示切替
  • 使い方

「母慕鬼喰」

かぁちゃん、腹へった。

―ちぃとばかり待ってけろ。用意するすけ

かぁちゃん もう 食うもんねぇべ。

―あるよ。おめえの大好きなリンゴがある。

nextpage

はぁ。リンゴは、とっくに食ってしまってねぐなったんでねぇが。

―まだある、まだある。裏の小屋さ とっておいだのがある。

リンゴ あるんだば、早ぐ持ってきてけろ。

―あいよ。わがった。ちょっと、待ってろ。

その前に、ちゃんと囲炉裏(いろり)の火を見張っているんだど。

火は、落とすなよ。

nextpage

separator

母親は、そういうと、板戸を開けて外に出た。

びゅうびゅうと音がして、冷たい雪と風が中に入り、張り裂けんばかりに顔を叩いだ。

子どもは、母親にいわれたとおり、囲炉裏(いろり)の火を絶やさぬよう枯れ枝を火にくべた。

やがて、火を見ているうちに、急に眠気が襲ってきて、ぐらりと床に倒れこんだ。

nextpage

separator

さ、さむいじゃ。

気が付くと、外はとっくに暗くなっていて、板戸の隙間から雪が風とともに びゅうびゅうと音を立て入りこんでいた。

囲炉裏(いろり)の火は、消えかかっていた。子どもは大慌てで そこら中にあった枝をかき集め全部放り込んだ。

nextpage

separator

その時だった。

―おーい。こっちだ。裏の小屋さこーい。

かすかに 母親の声がした。子どもは、板戸を開けて、声のする方へと向かって行った。

真っ暗でなんも視えねぇ。かぁちゃんどこだ。

nextpage

―ここだここだ。ほら、おめえの好きなリンゴだ。

子どもは、手探りで 吹雪の中 母親の声のする作業小屋の裏手に回った。

どん、音がして、雪の積もった地面の上に、大きくて真っ赤なリンゴが、子どもめがけて落ちて来た。

nextpage

かぁちゃん、食ってもいいのが。

―あぁ、食え。腹いっぱい食え。

子どもは、リンゴを手にすると、大きな口を耳まで開けて、ガツガツと食らい始めた。

nextpage

かぁちゃん、これリンゴか。こったらうめぇリンゴ食ったごとねぇよ。

―そりゃ、いがった。いがった。

nextpage

separator

食べ終わると、子どもはふと我に返り、母親の姿を探した。

かぁちゃんよぉ、どごさいる。

―おめぇの腹の中だよ。

(天保3年大飢饉より)

Normal
コメント怖い
18
19
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

天保の大飢饉、歴史で習いました。
母親の子供を思う愛は深いと感じました。

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信