「死神じゃなく」(秋彼岸の思い出)

短編2
  • 表示切替
  • 使い方

「死神じゃなく」(秋彼岸の思い出)

地元では、既に故人となった身内が訪ねてくるのは不吉だと言われている。

死が間近いことを意味するからだ。

気の早いお宅では、葬儀の準備に取り掛かる。

実際、かなりの確率だと 地元の葬儀屋も話していた。

nextpage

separator

祖母が70歳の春、大病を患った。

気づいた時は、手の施しようがない状態にまで進行していた。

今晩が峠と言われた日、亡き祖父が、祖母の元を訪ねて来たと話した。

nextpage

皆が死を覚悟したが、「大丈夫。あの人は、死神じゃなく貧乏神。お金の無心に来たから追い返してやった。」と笑っていた。

nextpage

separator

祖母は、その後奇跡的に快復し、97歳で天寿を全うした。

自宅で、家族に見守られながらの大往生だった。

「喜んで!阿弥陀如来とイエス・キリスト様がお迎えに来たわ。」

と叫び、嬉々として息を引き取った。

nextpage

最期を看取ってくれた医師の言う通り、認知症が脳まで進行していた結果の妄想、幻視とはいえ、祖母の言葉に、その場にいる皆が救われた。

この出来事は、宗教の垣根を取り払い、皆をもっと深い、もっと高いものに思い至らせてくれた。

目に見えない大切なことに。

nextpage

separator

毎年、お彼岸を迎える頃になると、祖母の清貧な生き様と、死神を追い返した逸話を思い出す。

地元に伝わる忌み話に、いたずらに怯(おび)え慄(おのの)く人たちに、この話をすると笑顔になってくれるのが嬉しい。

「おじいちゃん、貧乏神じゃなくて福の神だったんじゃないの。」

と。

Normal
コメント怖い
24
16
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

コメント欄が盛り上がっています。
今年の秋彼岸は、楽しいな。(^^)

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信