「てのひら怪談」 第14話 

23年01月怖話アワード受賞作品
短編2
  • 表示切替
  • 使い方

「てのひら怪談」 第14話 

wallpaper:6758

「鏡に映るということ」

nextpage

wallpaper:1

タクシードライバーから聞いた話。

nextpage

トイレ休憩のため立ち寄った公園の男子トイレ。 

学生服を着た若い男が、洗面所で鏡越しに話しかけてきた。

慇懃無礼なほど丁寧な言葉だったらしい。

nextpage

separator

あなたは、ご自分の顔をご覧になったことがありますか?

nextpage

おかしな質問だと思われるでしょうか。

nextpage

鏡を見れば、済むことじゃないか。

nextpage

おっしゃるとおりです。

nextpage

朝、顔を洗う時、

歯を磨く時、

お化粧をする時、

手を洗う時、

うがいをする時、

お手洗いで用を足した時、

nextpage

家で

学校で

会社で

駅で

通りすがりのショーウィンドウ

電車の窓ガラス

nextpage

意識的に

ときに、無意識に

自分の姿を映して見るでしょう。

nextpage

でも、その顔

本当に あなたの顔でしょうか。

nextpage

鏡って、左右反転して映ることしっていますよね。

nextpage

よく言われるんですよ。

『あなたの顔、鏡と違うって。』

どう違うんでしょう。

と尋ねると、

nextpage

みんな、困ったような顔をして、黙り込むんです。

言われたコチラとしても、それ以上、突っ込んで聞けなくなってしまって。

nextpage

separator

「そんなこと言われたら気になるよなぁ。」

タクシードライバーは、そう返した。

nextpage

(それにしても、おかしな話をする奴だなぁ。そもそも学校はどうした。)

公衆トイレの薄ぼんやりとしたあかり。

顔の全容は視えないが、眼の前の鏡に映る若い男は、学生服を着ていた。

年の頃は、15、6歳ぐらい。落ち着いた物腰から、高校生だろう。

まぁ、どこにでもいる ごく普通の男子学生に見える。

nextpage

「君は、若いから気になるのだろうけど、鏡の顔なんてもんは、実際の顔とは違って視えてあたりまえじゃないの。」

nextpage

「・・・そうでしょうか。」

男子学生は、ゆっくりとこちらを向いた。

nextpage

その姿を見た途端、タクシードライバーは、その場を飛び出していた。

nextpage

男子学生 左半分顔がなかった。

逃げ出す少し前、鏡に映る男子学生は、笑いながらこう呟いたそうだ。

nextpage

「あたりまえだって?あなた、ほんとに、そう思われるのですか。」

nextpage

separator

「鏡では、ちゃんと全身が視えていたんだ。」

いわくつきでもなければ、さしたる噂もない ごく普通の公園で。

それも、真っ昼間の出来事だったという。

以来、その公園には一度も足を踏み入れていないし、しばらくは、鏡を見ることさえできなかったそうだ。

Normal
コメント怖い
6
20
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

@ぐれん 様
はじめまして。あんみつ姫と申します。
この度は、拙作「てのひら怪談」をお読みいただき、評価とコメントありがとうございました。
映像を思い浮かべて、とても怖かったとのこと。
作家冥利に尽きるお言葉に励まされました。
その上、購読作家の中に加えていただき、嬉しく存じます。
これからも、ぐれん様はじめ多くの読者様に怪談を楽しんでいただけるような作品を描いていきたく存じます。これからも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信