長編8
  • 表示切替
  • 使い方

最悪の事態

怖話を乱発してるせいで質が落ちていると指摘されましたが、これだけは載せたく投稿いたします。

……………

俺は、夜が怖い、闇が怖い…アレが無かったら、今頃、俺だって皆の様に、今も肝試しで廃墟などに行ってワイワイと青春を楽しんだはずだ。

アレがあったのは、俺がまだ高校2年の夏だった。その頃は俺も心霊スポット巡りに明け暮れていたんだ。

「肝試しってのは男を見せる最大のチャンスだ!」そう話したのは、他でもない俺だった。友人たちもそれを聞くと、その通りみたいな表情で頷いていた…

バイクで噂の心霊スポットを巡る。

トンネル、廃墟、墓場、神社…他にもいろんな場所に俺たちは行った。正直、何処もたいして怖くなく、いつも拍子抜けだった。

俺には怖いものなんか無いと思い込んでいた…その頃は。

しかし、ある廃墟に行く事になった時だ、俺はこれまで体験した事の無い恐怖を体験する事になる。

……………

その日は友人2人と俺だけでその場所に行った。無免許でバイクを飛ばし、とある町の外れにある廃墟に行く事になったのは、友人のリョウスケの提案だ。

もう一人の友人ユウタと俺は「また、お前、見つけたのかよ」などとリョウスケのオカルト好きに呆れていたが、今まで、それなりに楽しかったってのもあって、その場所に行く事になったんだ。

のんびり夜のツーリングを楽しみつつ、廃墟に到着。なんだかんだ言っても最初は、「なんかさ…やべえもんが出たらどうするよ…?」などと廃墟を見上げながら話したのを覚えている。

入口には他のチームが残したと思われる落書きが無数あった。俺たちも、ユウタが持ってきたペイントスプレーで自分たちのチーム名をそこに大きく描いて、いよいよ中に…

nextpage

不気味。

ただ不気味としか思えないくらい闇が広がる内部は、ほんのり甘い香りが漂う…

「何この匂い!?」リョウスケが叫ぶ。

「いや、ペイントスプレーの匂いだし」とユウタが返す。

ハハハッ!と皆で笑いながら懐中電灯の明かりを頼りに奥へ…

また、リョウスケが叫ぶ。

「何だこれ!?キモ!!!」

「ウワ…マジ何だこれ…」

2人が何かを見ながら、何やら言ってるので俺も見に行く。

shake

うわっ!

ネズミの死体がある…

しかも頭が無い…ウジムシが首の傷口にわいてなんともおぞましい…

『カチャリ』とガラスを踏んだ様な音がしたのは、その時だった…。

俺たちが鳴らした音ではない事はまず、あきらかだった、なにせそれは、隣の部屋から聞こえたからだ…

流石に今回、この廃墟は気味が悪い。

nextpage

首のないネズミの死骸、

怪しい音…

三人で言葉を出さず、顔を見合わせ頷く。

つまり、隣の部屋に行ってみようと言うことだ。

目が闇に慣れたのか、少しだけなら周りが把握出来る様になっていた。

だが、ゆっくり…音を立てない様に歩く…

……………

隣の部屋に懐中電灯の明かりを照らしたのはリョウスケだった。

その部屋は、どういうわけか他の部屋よりも、心なしか綺麗な感じがした。姿見の鏡がある…一部が欠けていて、下に破片が散らばっているのを見て俺は…

「あれを誰かが踏んだんじゃね?」と2人に尋ねた

「馬鹿!!!よせよ!気持ち悪い!」

そう怒鳴ったのはリョウスケだ。

こいつは大のオカルト好きだが一番の怖がりだった…めんどくさいやつ…と呟いているとユウタが一言、

「ネズミかなんかだろ…行ってみようぜ。」と部屋に入っていく…

それに続けてリョウスケも怖がりながらだが、後をついていく…俺は一番後ろから、中々、前に進まないリョウスケの背中を押しながら部屋へ入った。

鏡以外何もない部屋を懐中電灯でぐるりと見渡す。特になんてことはない…

その時だ。

nextpage

『カチャ…』

「うわあ!!?ちょっ!!!マジシャレにならねえ!誰だよ!!!」とリョウスケが叫ぶ。

「お前だよ…」とユウタがリョウスケの足元に懐中電灯で明かりを照らした…足元に破片がある。

リョウスケは、あ…と照れた様に頭を掻きながら、懐中電灯を鏡に向けた…その時だ。

「うわあ!なっ何だコレ!!!」

リョウスケがまた叫ぶ。

何だよ今度は…と俺とユウタがリョウスケに近寄る…

「え?何これ?」2人で同時に同じ言葉を喋る。

それというのは……………

鏡に肝心な者が写っていないのだ…

俺とユウタは写るのにそいつだけ写らない…

懐中電灯の光は写るのに……。

nextpage

リョウスケが写らないのだ…

わけが分からず、呆然とその鏡を眺めた…

すると、リョウスケはパニックに陥り、「うわあ!」と部屋から飛び出して行ってしまった…

nextpage

すると、また不思議な事がおこる。

ジッと鏡を見ていたユウタが「あ…」と小さく声を上げ、俺は「何?」と鏡を見た…

リョウスケが写っているのだ…

今、パニックを起こし部屋を飛び出したリョウスケが…

信じられない事が今、現実に起こっている事に、俺も動揺した。

「兎に角、出よう…」ユウタが言った言葉に声が出せないでいた俺もようやく、うん。と返事をして外に出た。

リョウスケがバイクの陰で震えている。

「大丈夫だ、たぶん…」

そう声をかけたのは、ユウタだ。

「何処が!何処が大丈夫なんだよ!?見たろ?お前らも見ただろ!!!?」

こんなリョウスケを見たのは初めてだった…グチャグチャに涙を流し怒鳴り散らす…

「いや、お前が泣きたくなる気持ちは俺たちも分かるよ…」ユウタがリョウスケをなだめるが。

「分かるわけねぇだろ!!お前らは……………普通に鏡に写ったんだから!!!」ともっともな事を言う…しかし、ユウタが

「いや、俺たちも写らなかったんだよ…」

と言ったのを聞いて俺は、は?とユウタの顔を覗き込んだ…するとユウタが、

「お前も見たろ?リョウスケが出てった後…」

「ああ、マジビビったよ、リョウスケが写ったのには…」俺が答えると、ユウタが首を振る…

「確かに、リョウスケか写ったのには驚いたけどさ、今度は俺たちが写って無かったんだよ…」

「は?」俺は完全に動揺した…

自分らが写るのは当たり前だと思い込んでいた。

しかも、そこに居なかったリョウスケが写っている…

その事ばかりに目がいっていて気がつかなかった…自分が写っていない事を…

つまり、俺たちもリョウスケと同じ境遇なのだ…

「兎に角、このまま帰るわけに行かねぇって事だ…」ユウタがまるで、何か決心した様に言った。

「どうするの?」俺が尋ねると、

「うん、兎に角、戻ろうあの部屋へ。」と、信じられない事を口にした…しかし、どうする事も出来なかった俺は小さく、「う、うん」と答えた。

リョウスケはというと、嫌だ!嫌だ!の一点張りでそこに残ろうとした。

だが、このままでは本当にまずいってことで、無理やり連れて行く事にした。

リョウスケを引っ張りながら、部屋の鏡の前に…

「あれ?写ってんじゃん…」俺がユウタに言うと、再び首を横に振った。

「これ変だぜ…」

懐中電灯を指差しながらユウタが答える。

nextpage

確かに、よく見るとおかしい…

鏡に写る自分の懐中電灯は左手に持っているのが普通の鏡だ…

しかし、この鏡に写る俺たちはそのまま右手に懐中電灯を握っている…。

世の中にはマジックミラーという物がある。

しかし、この鏡を初めに見た時は、普通の鏡だった…右手に持つ懐中電灯を鏡に写る自分は左に握っていた…

nextpage

……………

泣きじゃくるリョウスケは言葉を発せずにいたので、俺はユウタに尋ねた。「で?どうする?」

「わかんねぇ…」とユウタ…

肝心な時にあてにならないのがこいつの悪いところだ。しかし…ユウタは。

「兎に角…この鏡に写る俺たちが、元の状態になるまでここで待とう…」

それしかないのか?と、半信半疑だった…でも、俺もリョウスケもどうしたらいいのかなんて、分からなかったので、それに従う事にした。

……………

……………

携帯で時間を見る…

「何時?」とユウタ。

「3時…」眠くて声が出しにくい。

だが、眠ってはダメだと、なんとなく思った…それは、2人も同じに思っていたのか、フラフラしながらも、けして、三人とも寝なかった…

……………

……………

携帯を見る。着信あり。と表示がある…だが無視した。彼女からだったが、今はそれどころじゃない…

すると、枯れた声でリョウスケがようやく口を開いた…

「ションベン…してぇ…行ってきていいか?」

しかし、「いや、ここでしろ…」ユウタがボソリと呟く様に答える。

仕方なく、後ろを向き用を足すリョウスケ。

俺はチラッと鏡に写るリョウスケを見た…

こちらを向いている…鏡ごしに目が合うと、恥ずかしそうにニヤリと笑った…

nextpage

?!

何だかおかしい事に気がついた。鏡に写るリョウスケも身体は後ろを向き用を足しているのだ…

顔だけこちらを向きニヤニヤ笑っている。

「何だコレ…気持ちわりい…」と俺が呟くと…

『ドシャッ…』

鏡のリョウスケが倒れた…

横で用を足しているはずのリョウスケに目をやった…

同様に倒れている…首が180度捻れ不気味な笑みをこぼしたまま、死んでいた。

「うわあああ!」最悪の事態が目の前で起こっている。パニックでそこを逃げ出そうとすると、ユウタが「行くな!!!」と俺の腕を掴んだ。

「もう少しだ…たぶん…もう少しだから。」

と俺をなだめる…

親友の死が全く信じられない。だが、今、すぐ横にさっきまで笑いながら話した友が死んでいる…

正に最悪の事態だ…

……………

日が登り始めたのかあたりが白けてきた。

明るくなる事で余計にリョウスケが見える…

視界に入れない様にしたくとも、鏡に…そして、真横に…リョウスケは嫌でも目に入る。

携帯を見る…時刻は5時を指している…

そろそろ限界だった…

何時間も立ったままなのだ、ただ立っていることがこれほど疲れるなんて知らなかった。

ふと、鏡に写るユウタが首元を何か触っているのが見え、ユウタをチラリと見た…

首を自分で締めている…

「何してんだよ!!!」とユウタの手を掴んだが、ものすごい力で、ふりほどけない!次第に顔が紫色になる。

口から泡を吹き、股間あたりがジワリと濡れていく…

ガクッと脱力した様に崩れ落ちユウタは死んだ…

……………

この時、俺は助からないことを覚悟した。

次は自分だと思っただけで、震えが止まらない。

たった一人、涙を流し、今起こっている最悪の事態を受け入れようとするしか無かった…

すると、そいつはいきなり来た!

急に腹に激痛が走ったのだ。鏡を見る…俺…

いや、こいつ…笑ってやがる…

腹を見る…ナイフが刺さっている。

いつの間にか、いつも持ち歩いていたナイフを…こいつは、尻ポケットから出して俺の腹に刺しやがった…

「いや…自分で刺してるんだ」

自分の意思では無いことを俺の口が言っている…

疲れはピークだった。今にも崩れ落ちそうだ…ナイフが刺さっている腹部分を触る…生暖かい、ぬめりと手に血がまとわりつく…

終いだ…

何をこれ以上耐える必要がある…

楽になろう…

……………ガクリと身体が崩れる姿が鏡に写るのを最後にみた…

nextpage

ガバッ!と布団から飛び起きる。

「クッソ…最悪な夢だ…」

携帯を見た…

時刻はAM10:34とある…

さらに着信あり。と表示されている。誰からか確認するとリョウスケからだ…リダイヤルする

「何だよ…」

「ああ!○○?!いやさぁ…どうする?この前誘った心霊スポット行くっての……町外れにある廃墟なんだけどさ、カナリやべぇトコらしいんだわ!ぜってえ面白いことまちがいねえぜ!?お前も行く?ユウタの馬鹿も誘ったんだけどよ!」

nextpage

「絶対ぇ…行かねぇ………………」

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
3,70017
24
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

匿名様、短編ドラマですか?笑
こんなドラマ誰も見ませんよ!でも、ありがとうございます。

denden_house様、コメントありがとうございます。今後も宜しくお願いします。

怖くて面白かったです。

ぬこ様、僕は、小さい頃、初めてマジックミラーを見たときの違和感が今も残っています。

鏡に実際と違う物が映るって怖いですよね...((((;゚Д゚)))))))

774様は、オチがお気に召さなかったようですね…申し訳ありません、発想力が無くて。

匿名様、実態のないものの方が怖いと思いませんか?

オチがなあ

月夢改様、本当にありがとうございます。また、投稿させていただきます。

怖いし読みやすいし良かったです。
またの投稿お待ちしております。

to4to4様、ありがとうございます。嬉しいです。今後も宜しくお願い致します(≧∇≦)

来道様、もし、最悪の事態に陥る様な夢を見た時には、ご注意くださいましね。リアルになったら、シャレになりませんから。笑

え、普通に面白くて好きですよー!
これからも是非投稿して下さい^^

こりゃあおもしろい、つうか、怖い。
そんな状況になりたかない

欲求不満様、ありがとうございます!(泣)

また何かありましたら、投稿居たしますので…

でも今は、皆様の素敵で怖くて怪しくてトリッキーな作品や実話をしばらく楽しみます。

えぇ‼怖おもしろいのに!!!!

しばらく、投稿しません…失礼しました。