短編2
  • 表示切替
  • 使い方

学校のウ・ワ・サ

K達の学校には七不思議や、噂がありませんでした。

「七不思議とかあったほうが面白いのにな〜」

「だよね〜」

「そうだ!噂、作ってみない?」

「いいね!!賛成!」

K達は噂を作ることにしました。

「放課後にトイレの4番目に入ると幽霊に連れて行かれる…とか?」

「ここの学校はトイレ3番目までだよ〜(笑)」

「う〜ん…。じゃあ、階段を数えながら降りると10段なのに数えながらのぼると11段になってるとか?」

「それ数え間違えかもしれないってなっちゃうよ〜」

「そっか〜。じゃあ、また明日考えよう!!」

次の日。

K達は休み時間に集まりました。

「ねぇねぇ、昨日面白い物買ったんだよ!!」

「なになに?」

「じゃじゃ〜ん!動く手!!」

「なんだそれ(笑)」

「これはね、センサーが反応すると手が動くんだよ!!この手、良くない?」

「いいね!!!」

「それじゃあ、行間休みに男子トイレの一番奥に入ると手が捕まえようとする...っていうのにしよう!!!」

それからしばらくした日。

「俺のクラスのRが昨日トイレに入ったら手が捕まえようとしてきた!!って言ってたよ」

「おぉ〜〜〜!!」

「でもね…行方不明になったんだよ….昨日、放課後になってもRが帰ってこないって学校に連絡があったらしいんだ。」

「え!?それって…」

「偶然だ..よね..」

K達は信じられず、偶然という事にしていました。

またまた次の日。

「行間休みに奥のトイレに入った人、みんな行方不明になってるよ..」

「そ、そんな!」

「あとで、回収しよう!」

「うん!」

行間休みになった時、K達は奥のトイレに入りました。

「うわああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!」

K達が見たもの…それは……。

wallpaper:485

たくさんの手。でした。

それから、K達が皆と会うことはありませんでした…。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
39120
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

うちの母校は裏山に人が眠ってると言う噂がありました!
当時から20年ほど経ちましたが、先週母校に通う現役小学生たちに、知ってる?と聞からましたので、お茶碗が置いてあるから探してごらんと教えてあげましたw

実際お茶碗や湯呑みがあるので、供養か祀ってるかはしてるみたいです( ・`ω・´)

七不思議のない学校ってなかなかないですよね
なぜかどこの学校にも花子さんがいたりピアノが演奏されたり後ろの絵の目が動いたり~
軽い気持ちではじめたイタズラが予想に反してほんとの七不思議になるなんて恐すぎる(>_<)
でも実は一つ一つの不思議もそうやって作られていったのかもしれませんよね