中編3
  • 表示切替
  • 使い方

お出掛けの前に。

従姉妹が体験した話。

当時、若い女性向けの雑誌で読者モデルをしていた従姉妹。顔立ちも綺麗であり、小さい頃からバレエを習っているということもあってか、立ち居振る舞いも淑やかだった。そのためか、そこそこの人気を誇っていたという。

そんな従姉妹にも悩みがあった。高校時代に付き合っていた元彼の存在だ。彼の浮気癖に嫌気が差して別れたのだが、最近になってしつこくよりを戻してほしいと言い寄ってくるのだ。

次第に彼の行動はエスカレートしていった。日に日に着信が多くなり、メールも続いた。

「思い込みの激しい人だったのよ。一度こうだと決めたら、周りが見えなくなるタイプでね……」

その日も仕事を終えて事務所を出ると、途端に着信が来た。見れば、やはり彼からである。疲れていたこともあり、イライラしていた従姉妹は不機嫌な調子で電話に出た。

「もしもし?」

「嗚呼、ユリ?俺だけど。ねー、今から会えない?駅前にいるんだけどさぁ、会おうよ。なあ」

「……ごめん。仕事で疲れたし明日も早いの。悪いけど、もう帰るね」

「いいじゃん、ちょっとくらい。そんなに時間は取らせないからさー。ちょっとだけ。ちょっとホテル行くだけだからさ、付き合ってよ」

「何言ってんの。あのね、もう私達は別れたでしょ。関係ないのよ。だからもう電話もメールもしてこないで」

「やり直そうよー。俺、やっぱりユリいないとダメなんだよー。な、頼むよ。話だけでも聞いてくれよ。な?な?」

「あーもう!うるさい!」

しばらくの押し問答の末、従姉妹は電話を切った。その日は彼から電話は掛かってこなかった。

それから数週間後。その日は久しぶりの休日で、友人らと女子会に行く予定だった。洒落たカフェでランチをしようということになり、車で行くことにした。

車庫に入り、車に乗り込む。そしてエンジンを掛けた瞬間、携帯に着信があった。知らない番号からだった。

スタッフからの急な連絡かもしれない。従姉妹は「もしもし」と電話に出た。相手は数秒黙った後、「久しぶり」と言った。彼だった。

「もう掛けてこないでって言ったはずよ」

「あのさー、今日、出掛けるの止めにしてくんない?」

「はあ?何で私が出掛けること知ってるの」

「愛してるからだよ。お前のことなら何でも知ってるよ。なあ、今日は出掛けたりしないでくれないか」

腕時計をチラリと見る。そろそろ出発しないと間に合わなくなりそうだ。苛立ちのあまり、ハンドルをトントンと指先で叩く。

「マジで付きまとうの止めてよね。それにあんたがどう言おうと、私は今から出掛けるから」

「出掛けないでよー。出掛けたら不幸になるよー。それでもいいのかよ」

「不幸って何よ。どうなるんだか言ってみなさいよ!!」

彼はピタリと黙った。従姉妹はふんと鼻を鳴らすと、電話を切り、車をバックさせて車庫から出ようとした。

ーーーガガガガガガガガッ!!

何かを乗り上げたらしく、凄まじい音がした

「、何よこれ!」

従姉妹は慌てて車を降りると、何事が起きたのかと車体を覗き込んだ。そして息を呑んだ。

そこには胴体をグチャリと踏み潰され、顔面から流血した彼がこちらを見ていた。

「ダカラ、イッタデショ」

従姉妹は苦々しげに煙草の煙を吐いた。

「……あいつ、私の車の下から電話してたのよ」

Normal
閲覧数コメント怖い
3,78225
41
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

ちょい前ネットで「ねぇ、バカなの?死ぬの?」って言うのありましたが、
しつこ過ぎて「ねぇ、バカなの?死ぬの?って言うか死ね!」
ってところでしょうか?
立ち居振る舞いも淑やかだった可憐なお嬢様がタバコなんて吸っちゃって・・・
やさぐれちゃったのでしょうか?

目茶苦茶怖い!!!
此処まで来るとストーカー処じゃない。
最後まで読んでこうなった →Σ(°д°)
自分が恥ずかしい。

ヤベー!怖すぎ!!キモい執着心だな(。>д<)

表示
ネタバレ注意

壮絶な体験…怖すぎ

死んでも付きまとわれそうですね。