日本一怖い話~2015~

中編2
  • 表示切替
  • 使い方

日本一怖い話~2015~

wallpaper:785

俺達5人は大学を卒業し、無事

それぞれの道を歩み社会人となっていた。

今日はみんなで計画たて、5人だけでの

思い出の3泊4日の旅行の初日の

幕開けである

nextpage

wallpaper:649

「あはは・・・・」「ぎゃはは・・・」

そこには大学時代を思わせる

嫌な仕事も忘れられる

ネオンに照らされて笑う

最高の仲間がいる

nextpage

A「ここ覚えてるか?」

B「忘れるわけないだろ、鍵お前忘れたろ?」

C「懐かしいよな、また泊まれる日が来る

 なんて思わなかったよ」

D「0時過ぎたけど今年は2000年じゃないしな」

nextpage

E「でも、覚えてるか?今治安悪くて・・・」

B「今日は思い出の旅行だ、そういうのは

 なしにしようぜ」

D「そうだな、楽しもうぜ」

nextpage

5人は、あの時のホテルに入る。

そこには変わらない光景がある

100階の階段、ロビー、エレベーター。

今回も運よく100階に泊まれる5人である

nextpage

違ったのは、ロビーに人がおり

車の鍵を預け、部屋の鍵をもらう

あの時は、出来なかった経験だけである。

5人は連泊もあり荷物は明日昼間運ぶことにし、

空身でチェックインを済ますと、一目散に

nextpage

昔と変わらない「百物語」をし始めた

エレベーターなんて眼中にもない

今回は1階から行うものだ、大人になった

5人の怪談のクオリティは上がっており

恐怖と疲労で、すべてがへばりつつ

nextpage

ついに99階までたどり着くことが出来た

すると、最後の一人がお決まりの

「いいか、俺が今から言う話は…本当に

怖いからな、絶対にビビルなよ」

と他の4人に強く言った。

nextpage

(どんな話だろう…)と仲間達は息を飲んだ。

走馬燈が過る中、鍵を握った彼は言った。

「一階のロビー・・・0時までってホームページ

にあるんだけど・・・・」

nextpage

4人は理解出来ない様だったが、Eの声で

5人は一目散にエレベーターに乗り込んだ

Normal
閲覧数コメント怖い
1,3771
5
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

どこかで読んだ気がしたのは、そういう事だったんですね(笑)

なかなかどうして、リアルな恐ろしさを味わわせていただきました!