中編3
  • 表示切替
  • 使い方

利口すぎる犬

「ダン、いい子だ。いい子だね。」

私は、いつもそう声をかけながら、ダンの頭を撫でて褒めてやる。

ダンは利口な犬だ。

私が棒切れや、ボール、何を投げても夢中になって追いかけて、必ず私の足元に持ってきて、きちんとお座りをするのだ。私が言った言葉がわかるようで、言った通りの物を私の元に届けてくれるのだ。

新聞、リモコン、スリッパ。おそらく3歳児程度くらいの語彙くらいなら軽く覚えているだろう。

精悍な顔のシェパード犬のダン。

私の自慢の家族だ。

ただ、今日だけは、ダンを叱らなくてはならなかった。

ダンは、いつもと同じように、私の足元に、ちゃんと口に咥えた物をそっと置いて、私から頭を撫でて褒めてもらうことを待っているのだ。

「ダン、私は、これを持って来いとは言っていないよ?」

ダンは利口すぎる犬だ。

確かに、ダンが私の元に持って来た物は、3日前までは私の物だった。

ただし、3日前までだ。

二日前に、それは、他の誰かの物になった。

だから、もう私の物ではないのだ。

彼女は私が、気付いていないとでも思ったのか。

平然と嘘を言い、私のベッドに横たわり、私を誘ったのだ。

心にやましいことがあると、人間は誤魔化そうとする。

クズめ。

「ダン、私がいつ、勝手にリサを持って来いと言った?」

褒められるものと構えていたその動物は、キョトンと首をかしげた。

私の静かな怒りを感じたのか。犬も上目遣いをするのだとその時初めて知ったのだ。

その上目遣いがリサによく似ていた。

私の足元の、土にまみれた青白く細い腕を、ダンがもう一度、鼻でころりとこちらに転がして、自分を褒めるように催促してきた。

「ダン、君は罰を受けなければならない。」

私は、ほとほと疲れていた。

何せ、二度も大きな仕事をやってのけたのだ。

ダンは、リサほどではないが、一応大型犬なので、パーツに分けなくては、とても私の非力な力では、運べなかった。小さなパーツに分けて、少しずつ運び出し、山のところどころに埋めた。

リサの時は慎重を期したつもりだったが、犬に簡単に掘り起こされるようではまずい。

リサは、もっと細分化し、あらためてもっと地中深くに埋めた。

疲れからか、ダンを埋めるのはおざなりになってしまったが、ダンは犬なので問題ない。

「家族。」

そう呟いて、私は噴出してしまった。

ダンだけは家族だと思っていたのに。

さて、日も暮れる。

そろそろ山を下りなくては。

「ぐるるるるぅ、がうぅっ!」

唸り声が聞こえて、足首に衝撃が走った。

「・・・ダ、ダン?」

先程埋めたダンが私の足首に噛み付いている。

首だけのダン。

「う、嘘だろう?」

私の足首からおびただしい血が川のように流れて行った。

「や、やめろ、ダン!」

私がいくら叫んでも、ダンは噛み付くことをやめなかった。

胴体のない首を振り回しながら、私の足首を噛み千切った。

「ぎゃあああああああ!」

私の意識は遠のいていった。

ーーーーーーーー

「おい、大丈夫か?あんた!」

男の体を、老人が揺り動かしている。

もう一人の老人が、携帯を片手に救急に電話をしている。

「こりゃ、もうダメかもな。なんでこんな山んなかに入ってきたんだか。この男。」

男の足首には、獣用の罠のトラバサミががっちりと食い込んでいた。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,3742
6
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意

ううぅ…
何でダンまで…。・゜・(ノД`)・゜・。

褒めてもらいたかっただけなのに…