中編3
  • 表示切替
  • 使い方

老婆の部屋

うちの親父から聞いた話。

親父が大学3-4年の間、男3人で小さくて古い一軒家を借りて住んでいた。

といっても、家賃をちゃんと払ってるのは、親父と鈴木さん(仮名)だけ。

もう一人の佐藤さん(仮名)はあまりにも貧乏なので、居候させる代わりに、

家の掃除、ゴミ出しなどをやってもらうことにしていた。

(親父と鈴木さんは、佐藤さんの困窮ぶりを助けてやろうということだったらしい)

間取りは3LDKで、LDK6畳・6畳・6畳に4畳半。佐藤さんが4畳半。

この佐藤さんの4畳半に「出た」。

親父も、鈴木さんも、何度も見たのが、恨めしそうに正座する白髪の老婆。

出るタイミングも、朝昼晩関係なし。多い時には一日に三回くらい見る。

4畳半の襖が開いている時、何気なく目をやると、中に白髪の老婆が恐ろしい形相で正座している。

来客の中にも見た人が5人ほどいたらしい。

ところが、その部屋で寝起きしている佐藤さんだけは、老婆の幽霊を見ない。

親父と鈴木さんが「佐藤、変なもの見たことないか?」というと、佐藤さんはきょとんとするばかり。

引っ越して1ヶ月し、親父と鈴木さんが黙っているのも悪いと思って、老婆の幽霊を佐藤さんに話した。

すると、佐藤さんは「うーん」と考えてから、みかん箱を部屋の中に置いて、上にワンカップを置いて、

「先に住んでいるおばあさん、ごめんなさい。でも、俺は貧乏だから、どこにも行き場がない。

 だから、申し訳ないけど、大学を卒業するまでは、この部屋に住ませてもらえないでしょうか?

 毎日、お供え物をするのは無理だけど、田舎からお茶とお米だけは送ってくるので、それだけは供えます。

 バイト代が入った時には、お花を一輪と、ワンカップをひとつ買ってきます。

 どうか、よろしくお願いします」

親父と鈴木さんは(なに、やってんだろうな、こいつ)と思ったが、

佐藤さんが真面目にやっていたので、一緒にそのみかん箱に頭を下げた。

以来、老婆の霊は出なくなった…わけではなかった。

相変わらず、老婆の霊は出た。

しかし、佐藤さんがみかん箱に毎日お茶を置き、ご飯を炊いたら一膳のせ…を繰り返しているうち、

1ヶ月ほど経ったら、老婆の霊は、痩せこけた恨めしい姿から、

ふくよかな微笑みをたたえた表情になっていった。

ただし、やっぱり佐藤さんにだけは見えなかったらしいが。

やがて、親父たち3人は就職試験を受け、それぞれが望む職に付き、引っ越す日が来た。

遠方に住む大家さんに話をすると、親父たちが引っ越したら、その家は取り壊してしまう予定だから、特に大掃除などはしなくていい、という。

それでもやっぱり2年間お世話になった部屋だからと、最終日それなりに掃除を済ませると、もう夜中になっていた。

3人が最終電車に間に合うようにと、玄関を出て、最後に揃って振り返ると、

佐藤さんが「あっ!」と声を出した。

「お前らが言っていたおばあさんって、あの人か?」

やっと、佐藤にも見えたか! と、親父と鈴木さんも見たが、おばあさんはどこにも見当たらない。

「ほら、あそこ。俺の部屋で手を振ってるよ。ありがとう、おばあちゃん!」

そして、親父と鈴木さんが見えたのは、家の屋根からスゥーと上っていく人魂だった。

(人魂は、佐藤さんには見えなかったのが不思議)

今から30年前、東京都板橋区でのお話でした。

Normal
閲覧数コメント怖い
3764
10
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

>沙羅さん
お婆さんは多分、妬んでいただけだったのでしょう。
佐藤さんの行動により、だんだんと穏やかになっていくので、佐藤さんの行動は素晴らしいですよね。

>ロビンM太郎.comさん
きっとお婆さんは可愛い子ですよ^^

>りこさん
お婆さんが太ってたらいいですねー

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意