お兄ちゃんリターンズ~アンデッド②~

中編3
  • 表示切替
  • 使い方

お兄ちゃんリターンズ~アンデッド②~

その人の名前は「芦田 賢人」(あしだ けんと)と言った。

お兄ちゃんに生き写しの青年は、他人の空似。

その青年は、教祖の甥っ子だというのだから、本当に他人の空似なのだろう。

しかし、どこから見ても、お兄ちゃんにしか見えない。

長身で細身、仕草など、お兄ちゃんとそっくりだった。

たった一つ、違う所があるとすれば、表情。

賢人は、表情が乏しく、ほぼ無表情で話をする。

だいいち、お兄ちゃんの中身は違うかもしれないのに。

私は危険にさらされるかもしれないのにも関わらず、思わず声をかけてしまったのだ。

信じたくない。私の中であの出来事は悪夢であってほしい。そういう願いがあったのかもしれない。

私は、あれっきりあのセミナーに行かないと心に決めたにも関わらず、ゆいに誘われるまま、ついていってしまった。

どうやら、ゆいは、賢人に心を奪われてしまったらしい。

「賢人さん、かっこいいよね!」

ゆいは暇さえあれば賢人の話をした。

気功セミナー後の講義も、これといった危険な思想ではなく、どちらかといえば、啓発セミナーのような内容だったので、問題は無いと思ったのだ。

私も賢人に会いたかったのかもしれない。

お兄ちゃんの面影、そのものの賢人に。

賢人は、教祖の助手のようなことをしていて、言われたことを訥々とこなして行く。

無表情、言われるがままに仕事をする様は、まるでロボットのようだ。

ゆいに言わせれば、無表情はクールなのだそうだ。恋は盲目だ。

何度目かのセミナーの参加のさいに、私は賢人さんに、特別なセミナーに参加してみないかと、誘われた。

ゆいは誘われてないようだ。何故私だけなのだろう。不思議に思い、ゆいと一緒ではダメなのかと問いかけてみた。

「君は、聡明な人だから、きっと我々の本当の教義を理解してくれるはず。芦田教祖じきじき、君に参加して欲しいとのことなんだ。」

私は、戸惑った。確かにゆいは今、セミナーは二の次で、賢人さん目当て来ているようなものだけど。

私が特に、このセミナーに理解があるとはわからないだろう。

可もなく不可もなく。私も、ある意味、賢人さんと会いたいからここに来ている。

ただし、ゆいのように恋愛感情ではなく、家族だったお兄ちゃんを賢人さんに見ている。

ずっと、家族を失い、寂しかったのだ。何だか、お兄ちゃんが帰ってきたような気がして。

訝しげに思いながらも、お兄ちゃんが私にだけ声をかけてくれた。

そんな幼稚な優越感から、私は頷いてしまった。

その日は、いつもの講堂とは違う所に、招待された参加者が集められた。

建物に地下があるとは、知らなかった。

私の隣には、賢人さんが座った。

長いテーブルが縦にいくつも並べられ、列をなし、それぞれが席に着いた。

すると、何かがテーブルに運ばれてきた。

銀の丸い蓋に覆われた皿が、それぞれのテーブルに運ばれ、蓋を開けて行く。

そして、私の目の前の料理と思しき皿の上の蓋も開けられた。

その皿の上には、禍々しい赤いものが乗っていた。

悪臭に私は、思わず鼻を押さえた、

血の匂い。

なにこれ。

そこには、明らかに、生の肉と思しきものが乗せられていた。

「さあ、みなさん、どうぞ。お召し上がりください。」

テーブルには、ナイフもフォークも用意されていない。

私が戸惑っていると、隣の賢人さんが、それを手づかみで口に運び、咀嚼した。

私は、驚いて賢人さんを見た。口の周りは血塗られており、初めて賢人さんが笑ったのだ。

私は恐怖で、席を立ち上がった。

そして、出口に向かって小走りに逃げようとした。

「どこに行かれるのですか?」

出口で信者と思われる男性に引き止められた。

すると、いつの間にか賢人さんが、すぐ後ろに居て、私の手を引いた。

「さあ、席に戻って。かおり。」

私は、賢人さんには、今までずっと苗字で呼ばれていた。

もしかして・・・。

「お兄ちゃん?」

「かおり、心配かけてごめんね。僕は指名手配されているから、言い出せなかったんだ。」

私の腕が強く握られた。お兄ちゃんが口だけで笑った。

【続く】

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
83411
18
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

こんばんは‼そして…我慢できないので、③に行ってきます‼
PS,この速度で、この面白さで三作も出せちゃうよもつ様って!?
既によもつさんが、未知の方…

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

りこ様
コメント、怖い、ありがとうございます。
大変驚いております。1年以上前のものまで読んでいただいているとは感激です。
ジャンルがSFっぽいものばかりなので、本物の怖話のこのサイトではちょっと浮いてるかな、と思ってたんです。今でもそうなのですがw
実はあれも関連付けようと思っていたんです。
いつか全部つながって超大作になったら良いと思いますが、つなげ方がわかりませんw
関係ないんですけど、カルトの話で面白かった本を紹介します。
荻原浩さんの「砂の王国」です。好き嫌いはあるかもしれませんが、面白かったです。
機会があれば、ぜひ。

表示
ネタバレ注意

コメント、怖い、ありがとうございます。
あんみつ姫様
長くなりそうですみません。短編でやっつけるのが私の本分だったのですが、思わぬほど長くなりそうです。
まりか様
私も生はダメです。お刺身すらあまり好きではない。お寿司ならOKなのに、何故お刺身はダメなんだろう?w一度家族に夕ご飯にかつおのたたきを出したのですが、皆が食べられず、折角のたたきをフライパンで焼きなおした記憶があります。家族揃っておこちゃま舌です。
名無しの権ちゃん様
すみません、良いところで続きで。なんだか自分でも思ったより長くなりました。

おぉぉぉぉ~い‼良いところで終わってるぞぉぉぉぉ~(`□´)ノ早いとこ続き宜しくぅぅぅぅ~(°Д°)シ

表示
ネタバレ注意

良いところで コンテニューですね。
謎解きも加わって、次が楽しみです。