中編3
  • 表示切替
  • 使い方

花火大会ー黒い花火ー

ピユュュウゥ……ドォドォンッッ!!!

nextpage

花火を見詰めていると、その大輪の花に吸い込まれそうになる。

今年の花火は、一際美しい……。

やはり形も散り方も、この国の物が一番だと言えた。

nextpage

ふと、先程立ち寄った、屋台での出来事が頭を過る。

この季節に珍しいおでん屋で、隣に居合わせた男の話だ。

男はしがない怪談師だと言っていた。

行き付けの中華飯店が、混んでいて入れなかったという男は、怖い話1話でおでんのタネ1つが食せると聞き、『黒い花火』の話を始めた。

nextpage

花火大会の夜、『夜空』に見える筈の無い『黒い花火』が咲くのだという。

夜空に、黒い花火……どうやって見分けるのか……

『黒い花火』は菊の形をしていて、『死者を待つ者』だけに見えるのだそうだ。

怪談師は過去に2度、黒い花火が上がるのを、目撃しているのだという。

語り終えた怪談師は、店主が差し出した牛スジ串を旨そうに食すと、ふらりと暖簾を出ていった。

nextpage

………………馬鹿馬鹿しい。

そんな話しか出来ないから、二流の怪談師なのだ。

あんな話でタネを提供しなければならなかった、店主には同情する。

『黒い花火』は、『死者を待つ者』に見えるのでは無い。

『死を待つ者』にしか見えないのだ。

nextpage

ピユュュウゥ……ドォドォン!!

nextpage

また1つ、花火が上がる。

背後の古い団地には、『安らかな死』を待つ者達が、羨望の目差しを夜空の黒い菊に向けていた。

その目の前で、夜空と同じ色の菊が形を崩す。

菊を象っていた1つ1つの花弁が、下に落ちるのでは無く、高みへと昇っていった。

団地から、にこやかに見詰める彼等が選ばれるには、まだ少し時間が掛かる。

生き人(イキビト)達は、肉体から魂が抜け落ちる事を『死』なのだと、勘違いしている様だ。

それは只の死人(シビト)であって、『死』では無い。

どんな審査基準で選ばれるのかは分からないが、死人は地上で『死』を迎える順番を待つのだ。

nextpage

黙って見上げていると団地の人影の中に、新たな見物人が加わった。

若い女性に手を引かれて一団に加わったのは、黒く煤けた男の様だ。

男の表情は焦げて分からないが、仲睦まじい様子から、2人が幸せそうだと見てとれる。

nextpage

数年前、俺が担当した火事の女を思い出した。

花火大会が終わるまで、少しだけ彼の側に居させてくれ……そう言った女の涙に負けて、時間を潰した時も、あのおでん屋に行ったのだ。

彼女が黒い花火の一部となって、空に上がり……今年は早くも戻って来ると聞く。

nextpage

物思いから我に帰ってふと見ると、直ぐ近くに男が立っていた。

呆然とした表情で、団地と夜空を交互に見上げている。

どうやら彼には黒い花火は見えないらしい。

しかし、団地の一団は見えている様だ。

nextpage

……うん、興が乗った。

この男にも『黒い花火』を見せてやろう……。

肉体を持つ、生き人が上げる色とりどりの花火が、団地の上から男の影をアスファルトに縫い付ける。

俺は自慢の鎌を、長く伸びた男の影に突き立てた。

Concrete
閲覧数コメント怖い
1,08117
25
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

ぎゃーすみませんm(_ _)m
ロビンさんの所からじゃなく、綿貫さんの所からですね。
頭の中で混ざってしまってました...。

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信