中編4
  • 表示切替
  • 使い方

命短し、恋せよ乙女

私は晴れやかな気持ちで、美容整形外科をあとにした。

今まで、容姿のために、暗い人生を送ってきたが、もうその心配はない。

道行く何人かの男の、振り向く顔が私の自信をより確かなものにして行く。

私は大丈夫。

今までの気弱な私、バイバイ。

これで、憧れのあの人に堂々と告白することができる。

私は、真っ先に憧れのあの人の経営する喫茶店へと足を運んだ。

カランコロンと、軽やかなドアベルを鳴らした。

憧れの店長さんは、「いらっしゃ・・・」と言ったまま固まってしまった。

きっと私の美しさに驚いてしまったのね。

私は自分の指定席、一番奥の席へと進んだ。

以前は自分の容姿が誰にも見られないようにと、この席に自然に落ち着いたのだが、それがもう習慣になってしまったようだ。

私は、今か今かと店長さんが、オーダーを取りに来るのを待った。

今日はあの倉科とかいう、天然女は休みのはず。

私の店長さんに馴れ馴れしすぎるので、好きではない。

ところが、いくら待っても店長さんは私にオーダーを取りに来ない。

しびれを切らした私は、仕方なく声をかけた。

「あのー、注文したいんですけど。」

それでも、店長さんは私を無視した。

どうして?

私、あなたのために整形までして、ここに来たのに。

私は、悲しくて店を出ると外は雨が降っていた。

私は、雨の中、人目もはばからず泣いた。

美しくなればきっと、店長さんに告白できる、そう思ったのに。

私の容姿はもう完ぺきなはず。

ふと、街のショーウィンドウを見た。

「あっ」

私は思わず、声が出てしまった。

私の顔は、フジツボだらけだった。

どうして?

私は記憶があいまいな霧に包まれたようにもやもやしてきた。

確か、私は、店長さんに告白するために、この醜い容姿を整形するために、美容外科を訪れて美容整形の手術を受けた。

そして?

「ああ、これは失敗だ。どうします?」

遠くで男の声がする。目はあかないが、耳だけがその声をとらえている。

「このことが公になったら、うちのクリニックの名折れになる。このことは闇に葬ろう。」

何のこと?

「このまま麻酔を投入し続けてくれ。幸い、この女性には家族がいないようだ。」

ちょっと待って、麻酔を投入し続けるってどういうことなの?

それからだんだんと、意識が遠くなって行って。

フジツボからは、黄色い膿や、赤い血液の混じった汁が噴出している。

嘘、整形失敗したの?

麻酔を投入されて、私は?

誰か、誰か助けてください。

私はなりふり構わず、手あたり次第にすがりついたが、道行く人は知らぬ顔。

それどころか、触ることすらできない。

そこで、私は初めて、知ったのだ。

もしかして、私、死んだの?

すぐに整形外科に取って返し、施術した医師に詰め寄ったが、まったく無反応。

それどころか、私など見えていないようだ。

私のこと、見えないの?何度問いかけても反応はなく、のれんに腕押しとはこのことだ。

私は悔しくて泣いた。

泣いて街をさまよった。

すると、誰かの肩に、ドンとぶつかった。

振り向くと、そこには、憧れの店長さんが驚いたような顔でこちらを見ていた。

二人の視線は合っている。間違いない。

私はすぐさま、店長さんの右肩から覗き込んでこう言った。

「ミエテル?」

店長さんは、見えてるのに、私をずっと無視して歩き続けた。

やはり見えてるんだ。うれしい。運命を感じた。

やはり店長さんと私は運命の糸で結ばれてる。

でも、無視し続けるのは、私が醜いからですよね?

私は悲しくなったが、唯一私のことが見える人に助けてほしかった。

だから、道々、ずっとミエテル?と話しかけたのだ。

すると、前方から、あの天然女、倉科が歩いてきたので、私は舌打ちをした。

「ちょ!変なの連れてこないでくださいよ!なんなんですか、このフジツボ!」

この女にも見えてるのか。驚いた。

「町でぶつかって声かけたら、付き纏われてるんだよ、俺だって知るか。」

そう倉科に返していて、少なからずショックを受けた。

でも、この二人についていけば、何とかなる。

私は執念で二人の行き先に付いていった。

まったくもって、この倉科という女は失礼にもほどがある。

私のことを「コレ」扱いし、私が店長さんについてることを、対岸の火事だのなんだのと、言いたい放題だ。

そして、私たちは、雑居ビルの二階にあるバーにたどり着いた。

そして、この店のマスター、黒木という男にも私が見えるようだ。

私は黒木に連れられて彼のマンションへと向かう。

私は救われた。

しかも、私が希望した通りの美しい姿になって生まれ変わったのだ。

しばらくして、私のもとに、憧れの店長さんが訪ねてきた。

正確に言えば、黒木のコレクションの人形になった私に会いに来てくれた。

嬉しかった。

ねえ、見て、店長さん。私、キレイ?

Concrete
閲覧数コメント怖い
1,37414
24
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

コメント 怖い、ありがとうございます。
むぅ様
この話は当たり前なのですが、怖話にしか書いていませんw
コラボ、楽しいし、もう伏線が引いてあるので、これほどおいしいものはありませんw
ふたば様
つくづくミエル人に生まれなくてよかったと思いますw
もしかしたら優しい人にはミエルんでしょうか。私、割と冷たいほうなので見えないのかもw
智花様
私も店長シリーズの大ファンです。
とくに店長と倉科ちゃんの掛け合いに、作者様のユーモアのセンスが光ってますね(*^^*)

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

そ、それはもしかしてフリですか?よもつ先生…ひ…

返信

フレール様
コメント、怖い、ありがとうございます。
すみません、勝手にスピンオフ、書いちゃいました。
ちょっとフジツボ女が流行りそうな予感がしますよ。
ほら、ビビっとくるのが得意な人とかw

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

コメント、怖い、ありがとうございます。
沙羅様
どうやらビビっとくる病が、ある男から感染したようです。
誰とは言いませんが、顔の白い中華鍋を振る妖怪・・・ゲフンゲフンもとい紳士さんw
フジツボですぐにニキビを思い浮かべました。私も高校生くらいまでは、フジツボが大噴火してましたよ。
りこ様
コントw フレール様は、きっとああいうドラマの脚本家に向いてますね。最近、とんとテレビを見てませんが、ああいうドラマだったら絶対録画してでも見ますねw
レイ様
フジツボ、哀れですが、最後に店長に美しい姿を見られてよかったですw

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

さすがです!!
素晴らしく、フジツボの感情を掴みきってますね~~!

・・・で、その・・お願いが・・・
ビビッとくるアンテナと、表現力の爪の垢、くださいっっ!!!!

返信