中編2
  • 表示切替
  • 使い方

一行怪談

――こんな夢をみた。

nextpage

wallpaper:955

一、

お笑い番組の収録中、大爆笑のスタジオで、俺の横に座った髪の長い女の客だけが、さめざめと泣いている。

sound:30

nextpage

wallpaper:97

二、

おはようございます、と笑顔で挨拶を交わした近所の主婦が集積所に出した燃えるゴミの袋の中で、ガサガサと何かが動いている。

sound:30

nextpage

wallpaper:90

三、

おかえりなさい、おやつは戸棚の中よ、と冷蔵庫の中から母の声がする。

sound:30

nextpage

wallpaper:980

四、

真っ暗な夜空に開いた、光の穴のように見える月に、一瞬誰かの片目が映る。

sound:30

nextpage

wallpaper:532

五、

テレビのドッキリ番組、「ビルから飛び降りをしようとしている仕掛け人が、地上のギャラリーの様子をカメラに収めました」に、満面笑顔の恋人が映る。

sound:30

nextpage

wallpaper:849

六、

先月自殺した彼女が飼っていた九官鳥が、「私は〇〇に殺された」と俺の名前をしゃべり始める。

sound:30

nextpage

wallpaper:1614

七、

「うれしい、私達これから、ひとつになれるのね」と、生物合成マシンの片方のカプセルに閉じ込められた俺に、彼女が云う。

sound:30

nextpage

wallpaper:522

八、

バラバラ殺人の被害者女性の頭部を発見したので交番に届けたら、お礼に1割を貰ってくれという。

sound:30

wallpaper:520

九、

お婆さんが川で拾ってきた大きな桃を切ってみると、中から赤子の骨と大量の蟲が出てきた。

sound:30

nextpage

wallpaper:3024

十、

40年ぶりの小学校の同窓会で、初恋の女の子に会えることを楽しみに行ったら、「そんな名字の女子はいない、そんな名字の男子ならいた、俺だ」と、目の前のハゲあがったオヤジが云う。

Normal
閲覧数コメント怖い
8537
31
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

一行怪談、すごく楽しそうです。
想像力を掻き立てられます!

個人的趣味で一番最後のお話が好きですw
一行に恐さがぎゅっと凝縮されてて良いですね。
私もやりたいけど、最近まったく思いつかなくて。

表示
ネタバレ注意