中編2
  • 表示切替
  • 使い方

妻からの電話

R R R R R 、、、R R R R R 、、、

nextpage

ライン電話が鳴っているようだ

nextpage

それは会社を出てから五分ほどしてから、のこと

nextpage

私は車を路肩に寄せて、停車させる

nextpage

改めて携帯の画面を見ると、妻の美紗代からのようだ。

とりあえず応答のボタンを押して、返答する。

nextpage

「もしもし、、、」

nextpage

「あっ!ごめん もう仕事終わった?

今、大丈夫?」

nextpage

「大丈夫だけど、一体どうしたの?」

nextpage

─美紗代が仕事の後に電話してくることなど、ここ数年なかったことだ。

しかも、声の感じもいつもと様子が違うようなので、私は思わず聞き返した。

nextpage

「あっ、、、いや、何でもないの

ただ、何時頃帰るのかなあ、と思って」

nextpage

「いや、いつも通り、7時過ぎくらいだけど、どうして?」

nextpage

「いや、別に、何でもないんだけど、、、

ごめん、ちょっと変なこと聞いていい?」

nextpage

「変なこと?何かな?」

nextpage

「わたしの銀行のカードの暗証番号なんだけど、何番だったっけ?」

nextpage

「は?、、、

暗証番号?、、、

何でそんなこと聞くの?」

nextpage

─自分のカードの暗証番号を忘れるなんて、あり得ないだろう

nextpage

「ふふふ、、笑っちゃうよね それがさあ、度忘れしたみたいなの」

nextpage

「お前さあ、ちょっと、おかしくないか?

普通、そんなこと、忘れるかな?」

nextpage

「、、、」

nextpage

─しばらく無言が続いた後、突然、信じられないような言葉が耳元で響いた

nextpage

「だから、度忘れしたって、言ってるだろう!

つべこべ言わずに、早く教えろよ!」

nextpage

─この瞬間、背中に冷たいものが走った

nextpage

私はしばらく沈黙した後、恐る恐る尋ねる

nextpage

「お、、、お前、、、本当に、、美紗代なのか?」

nextpage

「ふふふ、、、バカねえ わたしに決まってるでしょ 変なこと聞かないでよ」

nextpage

「だったら、生年月日を言ってみろよ」

nextpage

「バカねえ、何言ってるの?つまらないこと聞かないでよ!」

nextpage

「だから、言ってみろよ」

nextpage

「、、、ち、ちょっと待って、、、

えーと、えーと、、、あっ、あの、昭和○年の、

あの、、、」

nextpage

電話は、いきなりここで切れた

nextpage

私は急いで車をスタートさせる

nextpage

ハンドルを握る手が、ぐっしょりと汗で濡れていた

Concrete
コメント怖い
4
8
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信