短編2
  • 表示切替
  • 使い方

シミ

高校生も半ばに入り、あと1年で卒業か、と妙に感慨深い気分になりながら部屋でタバコを吸ってた。(喫煙はハタチからw)

何気なく寝転んだまま部屋の壁紙を見ると変な形のシミがあった

こんなシミあったっけ?と思ったけどすぐに忘れて寝た

nextpage

そのころ仲間内で夜中にツーリングに行くのが流行ってて、オレはなけなしのバイト代はたいて買った中古のDIO(原付)に乗ってノロノロ走ってた

あのとき一緒だったのは確かオレ含めて4人だったかな

よく行くコンビニでいつものようにバカ話しながらタバコ吸ってたんだが、コンビニの壁に見覚えのあるシミがあった

nextpage

まあそれも話ししてる内に忘れてたんだけどさ

なんか気分が乗って朝から学校に行ったとき

5時限目を前にして、やっぱめんどくなってきて保健室に行ったんだ

保健室の先生ももうなんも言わずにベッド指指してさ

他のヤツら集まるくらいまで一眠りしようと思って寝転んだ

すると、保健室の天井にシミがあった

nextpage

さすがに嫌でも覚えてたよ

どう見たって最近よく見るあのシミとおんなじに見えるんだ

その日はツレと集まらずに家に帰ったんだ

nextpage

その日の夜、ツレから電話があった

ツレの1人が事故ったらしい

運ばれた病院教えてもらって急いで原付走らせたよ

nextpage

救急の受付で病室聞いて、駆け込んだ

そしたらさ、もう無理だろって感じだった

他のツレもみんなめっちゃ落ち込んでてさ

nextpage

どうやら居眠り運転のトレーラーに突っ込まれたらしい

大人しく赤信号で止まってたっていうのによ

先頭のそいつだけ引かれてトレーラーの何個もあるタイヤに巻き込まれて足がぐしゃぐしゃになってた

nextpage

上半身はほとんどケガらしいケガはなかったけど、即死じゃなかったんだな

そいつの顔はあのシミそっくりにゆがんでた

nextpage

それから、あのシミはみていない

Concrete
コメント怖い
0
8
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ