短編2
  • 表示切替
  • 使い方

「リンゴの木の思い出」

私が幼い頃、庭に大きなリンゴの木が一本立っていました。

その木は、見上げるほど大きく、既に老木でしたが、子どもたちにとっては最高の遊び道具となっていました。

春夏秋冬、リンゴの木は、いつも子どもたちと一緒でした。

nextpage

separator

ある夏の夜、お布団に入ってから、私はリンゴの木の下に、お人形のタミーちゃんを忘れて来たことに気づきました。

両親に話すと叱られると思った私は、家族に気づかれないようにタミーちゃんを取ってくることにしました。

そっと音を立てずに出窓にあがり、鍵を外し寝間着のまま裸足で外に飛び降りました。

ひんやりと辺りを照らしているのは、三間長屋の裸電球だけです。

nextpage

タミーちゃんは、木の根元にお座りをするように立てかけてありました。

大急ぎで、タミーちゃんを掴み、家の出窓に向かって早歩きし始めたその時、石のようなものに躓いた私は、とっさに木の幹につかまりました。

え?

枯草のようなものと固い冷たいものが指に触れ、私は、慌てて手を引っ込めました。

nextpage

それから、裸電球が照らす微かな灯りを頼りにおそるおそる手が触れた辺りを探ってみました。

そこには、五寸釘が深々と突き刺さった藁人形が括りつけられておりました。

ひぃ

息を呑み思わず後退りした足元には、丈が30センチほどもある大きな金づちが置かれてありました。

nextpage

私は、脱兎のごとくその場を後にし、震える手で出窓によじ登り、転がるように布団に潜り込みました。

枯草と泥だらけになった布団の中でガタガタと震えながら、私は、まんじりともせず朝を迎えました。

nextpage

その日の夕餉時、三間長屋に住む中山さんが、血相を変えて飛び込んできました。

長男の浩さんが、リンゴの木から落ち、枯れ枝に下腹部が突き刺さって大けがをしたというのです。

浩さんは、近所では年長で、体格もよく、誤って木から落ちるなど考えられませんでした。

nextpage

救急車が到着し搬送するまでの間、近所の大人たちは、あの藁人形と大きな金づちを前に困惑した表情をしておりました。

nextpage

separator

数日後、ドドーンという地鳴りとともに、リンゴの木に雷が落ちました。

リンゴの木は真っ二つに切り裂かれ、藁のようにボロボロで見るも無残な姿のまま、

その生涯を終えました。

中山さんご一家は、すぐに引っ越していき、以来二度とお会いしてはおりません。

我が家のリンゴの木にまつわる 怖ろしくも哀しい思い出です。

Normal
コメント怖い
11
16
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

@mami-2 様
うわー。嬉しいです。
まみちゃん、お久しぶりでございます。
お忙しい中、読みに来てくださってありがとうございます。
怖いとコメントまで頂戴して、恐縮至極に存じ奉ります。(笑)
そうなんです。
先月辺りから、ぼちぼちとリハビリを兼ねての投稿をし始めました。
ふたば様の掲示板のイベント企画に参加したのがきっかけでです。
また、最近思うことがあり、今回のように少しずつでも私自身に起きた不思議な出来事、記憶の片隅に閉じ込めていた思いなどを作品という形にして残しておきたいと願うようになりました。
とはいえ、楽しまなければ楽しくなければ辛いだけの作業ですからね。
ここは、まみちゃんや読んでくださる方々と一緒に 怖い、楽しい、面白い と言いながら、紡いでいけたらいいなと。
まみちゃんの過去作も、時々お勉強のために読ませていただいております。
お目に留まりましたら、お暇なときにでも、ご笑覧いただけましたら幸いに存じます。
読んでいると書けない、書いていると読めない といった嬉しいような切ないような相矛盾する日々です。
ではでは。
お寒くなってまいりましたね。
いつもの定番コメントですが、お身体ご大切になさってくださいね。
お無理なさいませんよう。
お元気でお過ごしくださいませ。

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信