中編5
  • 表示切替
  • 使い方

ペダルの重み

「あなた良いわねえ、こんな可愛い娘さんがいて

わたしにも娘がいたんだけどね」

nextpage

女は黒目がちの小さな瞳を眩しそうに細め、恨めしげな口調で呟くと、荷台に座る4歳のアカリを見た

赤茶けた長い髪に、これといった特徴のない地味な細い顔

そして、いつ会っても場違いな黒いシルクのドレスを着ている

女は筋の浮いたか細い手を伸ばし、アカリの頭を触れようとする

わたしは「すみません、急いでいるんで」と言い、ペダルに力を込めて、前方に自転車を走らせた

separator

わたしが旦那と別れアカリと二人、この郊外にある古い住宅街に越してきたのは、去年のこと

nextpage

住宅街の外れにある築30年の2DK の賃貸アパートは、母子二人が暮らしていくには十分な間取りと広さだった

早朝から工場に通勤し、夕方には保育園にアカリを迎えに行く

それから、その日の晩の食事とかの準備だ

そんな単調な毎日を繰り返していた

nextpage

あの日が来るまでは、、、

nextpage

女と初めて話したのは、引っ越してきて一ヶ月ほど経った頃のこと

その後も数回話をした

それはいつもアカリと一緒に自転車で晩の買い物に行く途中だ

女はなだらかな坂の途中で、何をするわけでもなく立っている

西陽に照らされたその姿は、まるで砂漠に立つ蜃気楼のようだった

背後のブロック塀の向こうには、木立に囲まれた洋館風の建物が見える

彼女の住む家なのだろうか

nextpage

進路を遮るようなところに立って挨拶をするものだから、やむを得ずわたしは一旦自転車を止める

そして、女の話に付き合わされるのだが、その内容はいつも先ほどのような、自分にも同じくらいの年頃の娘がいたのだが、事故で亡くしてしまったというものだった

nextpage

面倒くさいから、いつも適当に話をはぐらかして再びサドルをまたぐと、ペダルをこぎ出す

separator

そしてとうとう、あの日はやってきた

nextpage

それは決して忘れることが出来ない、引っ越してから三ヶ月経った日曜日のこと

そろそろ日が西へ傾きかけるころ、わたしはいつものように4歳のアカリを荷台に乗せて、サドルをまたぐと、ぐっとペダルに力を込める

その時までは明らかに時間は優しく穏やかに進んでいて、その後にあんな事になるなんて、思ってもいなかった

nextpage

アパートの敷地を出て、いつものスーパー目指して軽快に道路を走り出す

スムーズに最初のT字路を左に曲がり、朱色の西陽を左半身に感じながらしばらく真っ直ぐ走ると、あの奇妙な女の立っている辺りに差し掛かる

だがその日は女の姿は無く、直進すると、いよいよ最後の交差点に侵入した

nextpage

その時だった

nextpage

右の方から強烈なクラクションとけたたましいブレーキの音が鳴り響く

わたしは慌ててそちらを見た

いきなり黒い軽の車体が視界のど真ん中に入ってくる

次の瞬間ガシャンという金属の衝突音と同時に身体全体に衝撃と激痛が走り、わたしの体は自転車と一緒に宙を舞い、ブロック塀に叩きつけられ、目の前が真っ黒になった

separator

次に目を開いた時は、わたしは病院のベッドの上にいた

頭には包帯を巻かれ、鼻にはチューブを差し込まれ腕には注射針を刺され、、、

駆けつけた若い看護師が「良かった、起きられたんですね」と安堵の笑みを浮かべる

わたしは真っ先に聞いた

nextpage

「アカリは、アカリはどうしてるんですか?」

nextpage

看護師はそれには答えず、その場を立ち去り、しばらくすると、初老の医師らしき男性が現れて「十分に手は尽くしたんですが、本当に残念です」と、悲しげにうつむいた

nextpage

目の前が再び真っ暗になった、、、

nextpage

ほぼ即死だったらしい

医師が言うには恐らく、痛みとか苦しみとか感じる前に亡くなったということ

それがせめてもの救いだったかもしれない

nextpage

無免許の少年による暴走運転ということだった

少年の両親が本人と連れだって、病室を訪れた

父親は床に額を擦り付け「本当にすみません、私どもの生きている限り、あなた様の娘様への償いをやらせて下さい」と、泣きながら訴え続けた

separator

幸か不幸か、わたしの容態はそこまで深刻ではなかったようだ

実家の両親が来てくれて、わたしも車椅子に座りながら、何とかアカリを見送ることが出来た

nextpage

病院を退院し、アカリの初七日を終えた後、またあの平凡な日常が始まった

工場の勤務を終えて眠い目を擦りながら、アパートにたどり着くと、部屋で着替え、外に出ると、新しく買ったママチャリのペダルに足を乗せ、ぐっと踏み込む

自転車は難の抵抗もなくスムーズに前に飛び出す

当たり前のことなのだが、なぜだろう、目頭が熱くなってしまう

わたしにとっては毎日の、辛く悲しい一瞬

nextpage

西からの日射しは、今日もわたしの身体を優しく包み込んでくれる

こうやって、これからもありきたりな日常が積み重なり、いずれわたしも年老いて、灰になるのだろう

nextpage

いつものT字路を左に曲がり、真っ直ぐ進む

緩やかな坂を、最後の交差点目指して登りだした時だった

nextpage

右上方から何となく視線を感じたわたしは、ふと、そちらに視線を動かした

nextpage

ぞわりと冷たいものが腰から背中を走る

nextpage

ブロック塀の向こうには、木立に囲まれた古い洋館がある

円柱型の外観と蔦のからまる白壁

見ると、二階部分にあるバルコニーに、あの女が立っていた

特徴的な黒いシルクのドレス

細い地味な顔を鮮やかな朱色に染め、じっとこちらを見ている

nextpage

そして、その隣には、、、

nextpage

─!?

nextpage

薄いピンクのトレーナーにジーンズスカート

あの事故の時のままのアカリが、白い手すりの間から悲しげな目で、じっとこちらを見ている

nextpage

その場に自転車を倒すと、わたしは駆け出した

西洋調の白い鉄の門を乱暴に開くと、雑草だらけの荒れたポーチを走り、玄関の重厚な白い扉の前に立つ

扉には「売家」と書いた紙が貼ってある

随分と月日が経ったかのように、紙は汚れ、ぼろぼろになっていた

nextpage

─ここには誰も住んでないの?

でも、でもあれは間違いなく、アカリだった

nextpage

「開けて下さい!お願いだから開けて下さい!」

nextpage

わたしは固い扉を何度も叩いては、力付くでノブを引っ張るのだが、びくともしない

それでもわたしは声を枯らしながら、何度も何度も扉を叩く

nextpage

「お願いします、お願いしますから、アカリを、アカリを返して下さい!」

nextpage

だが、何の返事もない

nextpage

………………

separator

それから、どれくらい経っただろうか

nextpage

あれからわたしは建物の裏手に回り、カーテンの閉められたサッシ戸を開けようとしたり、横手に回り、窓等も見たが、ダメだった

いつの間にか辺りは暗くなっていて、わたしは扉にもたれかかりぐったりとなって座りこんでいる

薄暗い玄関の踊り場でわたしは一人目を閉じ、考えていた

nextpage

─果たしてあの女はこの世の者だったのだろうか

もし、そうではなかったのならば、アカリは今あの世であの女と幸せに過ごしているのだろうか?

nextpage

泣き疲れたわたしはよろめきながら立ち上がると、お尻を叩き、草だらけのポーチに一歩を踏み出す

nextpage

その時だった

nextpage

カチャリという鍵の開く音が、背後から聞こえた

nextpage

Fin

separator

Presented by Nekojiro

Concrete
コメント怖い
5
11
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信