短編2
  • 表示切替
  • 使い方

かよいじ

壁にかかった時計を見ると、午後10時。

僕の目の前で、家の電話が鳴り続けている。

早く取れよと文句を言うかのように。

僕は、

nextpage

separator

nextpage

separator

nextpage

『ミミズにおしっこをかけると晴れるって話があるじゃない?』

僕は彼女の大いなる誤謬を正すべきか否か悩んだ。

nextpage

『それと同じで、つまりはおまじないなの。

昔から、観たい内容を紙に書いて、枕の下に入れて寝ると、その通りの夢が観れたんだ。

この子のおかげでね』

nextpage

そう言う織衣の背中には、巨大な生物がおぶさっている。

グロテスクだ。

そいつの出す粘液で、織衣の髪はベタベタだ。

nextpage

『……ナメクジ?』

『ちがうよ、ウミウシだよ。つっつくとブワーって煙みたいのを出すから。

私の夢に住んでいるから、ユメウシちゃん』

nextpage

その特徴だとアメフラシじゃないかと思うが、まあいいや。どうせ夢だし。

nextpage

『で、なんでわざわざ僕の夢に出てきたんだ。

僕は僕で忙しいんだが』

さっきまで、何か夢を観ていたはずだ。思い出せないけど。

nextpage

織衣は急にモジモジし出したかと思うと、背後に回していた手を、おもむろに差し出してきた。

そこには、可愛らしくラッピングされた、小さな箱が握られていた。

nextpage

『頑張ったんだけど、どうしても渡す決心がつかなかったから、今年もここで……。

来年にこうご期待!』

nextpage

僕は首をかしげつつ、それを受け取った。

nextpage

separator

nextpage

separator

nextpage

手を伸ばして受話器を取り上げる。

憔悴しきった母親の声が聞こえてくる。

nextpage

『もしもし雅彦?

あのね、落ち着いて聞いてね。

お、織衣ちゃんがね、さっき学校の屋上で……』

nextpage

またこの夢だ。

子供の頃から何度となく観てきた。

nextpage

あのユメウシ、悪夢とか災厄とか食ってくれたりしないのかな。獏(ばく)じゃないからダメなのかな。

受話器を耳に当てたまま、僕はそんなことをぼんやり考えていた。

nextpage

separator

nextpage

separator

nextpage

ベッドの中で目を覚ます。

何か夢を観ていたような気がするが覚えていない。

nextpage

枕元でかけっぱなしになっていたラジオから、声が聞こえてくる。

nextpage

「おはようございます。

今日、2月15日の全国のお天気は……」

Normal
コメント怖い
2
6
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信