ラジオ付カセットテープレコーダー

中編5
  • 表示切替
  • 使い方

ラジオ付カセットテープレコーダー

アパートの集合ポストにフリマ開催のチラシが入っていたので、散歩がてら朝から出掛けてみた

separator

去年、俺は還暦を期にして、熟年離婚をした

きっかけは俺の浮気だった

元嫁は元々鬱気味だったのだが、浮気以来本格的に精神を病み出し、何度か自殺未遂まで起こし、終いには一緒に死のうとまで言うようになって、耐えきれず離婚を決意したのだ

慰謝料代わりに築30年の二階建て一軒家を元嫁に譲り、自身は駅そばの安アパートを借り、そこを生活の拠点にしていた

nextpage

透き通った青空が広がって、気持ちの良い天気だ

近所の小学校のグランドにはブルーシートが整然と並べられていて、その各々にみんな思い思いの品を持ち寄って、まったり商売している

棚とか机とかを置いて、きちんとディスプレイしてるところもあれば、シートの上にただ雑然と並べているところもある

目的もなくただ歩いていくと、ふと目に留まる品があった

シートの上に広げられた脈絡のない生活雑貨たちに混ざり、黒い箱形の珍しいものがある

nextpage

─ラジオ付カセットテープレコーダーじゃないか?

nextpage

懐かしさのあまり俺は、弁当サイズほどのそれを手に取り、しげしげと眺めていると、

nextpage

「それ、今でも、ちゃんと動くんですよ」

nextpage

どこから現れたのか、白髪の初老の女が声をかけてきた

火傷か何かの跡だろうか、顔の右半分に赤黒いアザがあり、あちこちケロイド状に皮膚が突っ張り、右目は潰れているのか、白目だけだ

既にカセットテープも収納されていて、覗き窓から見ると、「昭和歌謡大全」というタイトルが見える

値段も200円と安かったので、俺は軽い気持ちで、購入した

nextpage

日が落ちてアパートに帰った俺はコンビニ弁当の夕食をたいらげると、缶ビールを片手にソファーで寛いでいた

ほろ酔い加減でいい気分でいると、目の前のガラステーブル上に置かれた、昼間買ったラジオ付カセットテープレコーダーが視界に入る

nextpage

起き上がりソファーに座り直すと、テープの再生ボタンを押してみた

しばらくすると、昔懐かしい懐メロが流れ始める

確かに今時のCDとかに比べると、音が籠っており、アナログ感は半端ない

だが、それがまた良かった

nextpage

若かりしころの郷愁に浸りながら、ソファーでうつらうつらしていた時だ

突然ブツリと音楽が途切れた

nextpage

─ん、どうしたんだ?

nextpage

不審に思い半身を起こすと、いきなり若い女の声が聞こえ始めた

nextpage

「いぇ~い、アミでーす、(男の声)『マサシだよ』

本日昭和5○年3月1日午前零時より、わたしアミ24歳とマサシ33歳の楽しい思い出を、この最新式ラジカセで録音していきまーす!」

nextpage

─何なんだ、これは?

nextpage

ここで一旦音は途切れたが、またすぐ同じ女の声が聞こえてくる

nextpage

「昭和5○年3月6日は素敵な小春日和です

今日は朝からマサシの車で一泊旅行に出掛けま~す!

(男の声)『いぇ~い!今日は雲一つない最高の日だぜえ!』」

nextpage

しばらくは大方このような感じで、若い二人の思い出が続いていった

だが、ある時点から、アミという女の今までとは違うトーンダウンした暗い声が聞こえてきた

nextpage

「昭和5○年6月3日は梅雨の合間の曇り空でした

今日はわたしの25回めの誕生日です

でも時刻はもう深夜零時になろうとしているのに、マサシはまだ帰ってきません

頑張って美味しい料理も準備しているのに……

もしかして、マサシ、忘れたの?

年に一回だけのことなんだけどなあ……

とにかく早く帰ってきて、マサシ……」

nextpage

ここで一旦、音は途切れ、しばらく無音状態が続いた後、再び、女の暗い声が聞こえてきた

nextpage

「昭和5○年6月10日 今日は朝から大雨です

私の心も、この窓から見える空のよう」

nextpage

「……………………(泣き声)…………うう…………マサシ………マサシ、あんたがいけないんだよ

あんたが、あんたがあんなことするから………わたし

マサシ………ああ………こんなに冷たくなっちゃって

ねぇ、起きてよ、起きて!…………」

nextpage

「ごめんね………ごめんなさい、マサシ……

わたしも今から、マサシのいるところに……」

nextpage

ここでブツリと音は途切れた

そしてここからまた無音状態がしばらく続いた後、先ほどの懐メロが再び能天気に流れだした

separator

布団の中に入った後も、さっきのテープの内容が頭から離れなかった

何度となく寝返りをうち、ようやく意識が微睡みの泉に浸かり出したときだ

俺の耳にまた、あのテープの最後に聞こえた女の泣き声が響きだす

nextpage

─………うう………ううぅぅぅ………

nextpage

殺風景な狭い畳部屋の片隅に、若い男が仰向けになっている

黒いティーシャツに、ジーパン

本来ならば肌色である横顔が、紫色に変色していた

白いワンピースの女が男の傍らに正座し、いとおしげな瞳で、その変わり果てた姿を眺めていた

nextpage

彼女の横には1リットルのペットボトルが置かれている

女は両手でそれを持つと蓋を取り、ゆっくりと頭上に持ち上げ、逆さまにした

透明の液体がドボドボと彼女の頭から顔、上半身と、一気にずぶ濡れにしていった

nextpage

彼女は空になったペットボトルを傍らに置くと、今度は100円ライターを右手に握り、火を点け、恐々とその身体に近付けていく

次の瞬間、女の身体は一気に青白く燃え上がった

その勢いは強くて、火柱は天井にも届くようだ

nextpage

ここで、俺の意識は覚醒した

nextpage

激しい心音が耳奥で響いている

顎先から汗が滴り落ちていくのが分かる

nextpage

静寂の中、薄暗い天井をじっと眺めていると、不意に俺はかつてこのアパートに引っ越した日に、隣の部屋に挨拶に行ったとき、その住人が言っていたことを思い出した

nextpage

「実はこのアパートなんだけど、かなり前に一回建て替えられたらしくてね

当時若いカップルが住んでいたそうなんだけど、痴話喧嘩の果てに、女が男を殺した後、焼身自殺したらしいんだよ

まああれから大分時間も経っているから、もう気にする必要はないだろうがね」

nextpage

俺の脳内には、その初老の住人のどこか浅薄な表情が映し出されていた

それと同時に、フリマでラジカセを売ってくれた初老の女も、、、

nextpage

Fin

separator

Presented by Nekojiro

Concrete
コメント怖い
5
10
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

@むぅ 様
コメント、怖いポチ ありがとうございます
過去作にまでさかのぼって作品を読んで、評価までいただき、感謝、感謝です
テレビショッピングですか、、、懐かしいですね
この作品、元々は軽いシャレのつもりで書いたんですが、勢いに任せて、どんどん悪のりして連投しまいました(笑)
機会があれば、また再始動しようと思います

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

@アンソニー 様
いつもコメントありがとうございます
しばらくこのサイト、おかしかったみたいですね
霊障かもしれないですね(笑)

返信
表示
ネタバレ注意
返信