中編5
  • 表示切替
  • 使い方

楽する道、、、?

wallpaper:1063

これは、ある男の話。

男は、非常に貧しく、

食べる物も無く、棲む所も無く、

その日暮らし、とも言えない生活だった。

そんな生活に耐えきれなくなり、

ある日、男は自殺しようと考える。

死んでしまえば、

空腹や、寒さ、、、

何もかもから、解き放たれるのだと。

ある森へ行き、ある木に、

紐をぶら下げる。

それを選ぶには、

かなり迷い、

枝が、丈夫で無ければならないし、

そうして、

木の近くに、

地面よりも高い、何かが無ければならない。

そこから、空中へ歩く為の。

しかし、焦る。

自分が死にたいと言う、

この、強烈な気持ちが消える前に、

死ななければ、、、。

やっと見付けた、

その、ある木の紐の輪に首にかけ、

切り株に足を乗せ、

1歩前に足を出そうとした瞬間、

男は思った。

(オレは今までに、

悪い事など、何もしてはいない。

盗み1つさえ、した事は無い。

なのに、

殺人犯でさえ、

刑務所で飯を食い、眠る所も与えられている。

こんな不条理な事があって良いのか、、、)

よく知りもしない、

安易な考えが、浮かんでしまったようです。

男は、首から紐を外して、

切り株から下りた。

separator

その後、男は、様々な罪を犯していく。

警察に、捕まりたいが為に。

刑務所に、入りたいが為に。

しかし、男は、元々臆病な性格でして、

1晩でも、留置所でも、

眠れる所さえ、あれば、、と。

だから、先程、犯してきた自分の罪を、

すぐに警察へ行き、自主申告した。

しかし、自首と言う事もあり、

しかも、そこまで大した罪でもない。

先程も言ったように、男は臆病だった。

ところがある日、

念願が叶い、

留置所で、1泊する事が出来たようです。

男は、喜び勇んだ。

留置所での生活を堪能する。

しかし、次の日には釈放された。

separator

男は、また罪を犯し、

留置所での生活を堪能する。

もはや、常連客だったんでしょう。

すると段々と、

罪を犯す感覚が、麻痺してくるのでした。

( このくらいなら、また留置所で1泊だな。)

昔は、1泊でも良いから、、、と、

思っていたのに。

そして、男は、考える。

刑務所に入れば、

留置所のような生活が、何日も続くんだろう。

オレにとっては、素晴らしい事じゃあないか。

刑務所に入りたい。

separator

そうして、また、男は罪を犯す。

臆病では無くなった。

人を殺してみた。

いつもなら、すぐに自主申告しに行く。

しかし、男は、考える。

1人くらい殺しても、

また留置所なんじゃないか?

オレは、刑務所に入りたいんだ。

男の感覚は、

大変に、麻痺してしまったのでしょう。

それは全て、自我、自分の欲望の為に。

自分が、、、。

separator

その後、男は、また罪を犯していく。

もう1人、まだ足りないな、

もう1人、まだ足りない。

もう1人、まだ足りないだろう。

もう1人、まだ、、、

separator

そんなある日、男の所に、男が来た。

「少し、お話をいいですか?」

男は、その男が警察だと思い、

それは、それは、喜んだ。

取り調べを受ける。

男は、意気揚々と話をした。

そして、裁判が開かれた。

男の罪名は『連続殺人犯』。

もはや、たまに飛び交う遺族からの罵りは、

男にとっての賞賛の声にしか聞こえなかった。

裁判中、

早く、早く、捕まりたい、

早く、早く、刑務所へ行きたい、と、

ワクワクしていた男に下された判決。

それは『死刑』だった。

「ちょっと待ってくれよ!

オレは死刑になる為に、

罪を犯していた訳じゃあ無いんだ!

ただ、刑務所に入りたかっただけなんだ!」

男の言葉に耳を貸す人は、

誰もいないのでした。

separator

その後、男の念願だった刑務所に入れた、

と、思ったのだが、

そこは拘置所だった。

しかし、数日後、

やっと、やっと、男の求めていたもの、

食べる物も、寝る所もある、刑務所に入れた。

死刑執行を待ちながら、生活する場所。

戸外運動もある。

刑務官も優しい。

しかし、刑務官は、

死刑執行命令が出るその時に備えて、

死刑囚を " 心身ともに健康な状態 " に、

保っておかなければならない。

自殺をされてしまえば、

刑の執行が出来なかった事になりますし、

自殺、自傷、逃走など事故防止のため、

天井に設置されたカメラで、

24時間監視されているのでした。

今では、

死刑執行は、直前まで明かさないらしく、

大きく取り乱したり、

自殺されてしまったりすると困るからだ、と。

そして更には、

死刑囚の中には、自由を拘束され、

死刑執行の恐怖に怯える状態が、

長く続いたことで、精神が不安定になる、

『拘禁症状』が出る者もいるのだとか。

separator

昔、誰かに訊ねた事がある。

「死刑って、酷い事をした人にとっては、

ラクじゃない?

無期懲役の方がキツいでしょ?」

「無期懲役とはね、

殆ど、存在しないに等しいんだ、たぶん。

仮釈放なども、あるしね。

しかし、、、

死刑の意味は、ちゃんとあるのだよ?

死刑囚は、毎日、毎日、怯えるんだよ。

何故かって?

刑務官の靴音が、

コツ、コツ、コツ、

と、聞こえる度に、死刑執行の言渡しを、

伝えに来たのじゃあないかって。

それは、それは、恐怖だろうよ。」

separator

その頃の ( 今も同じかも知れません )

死刑方法は、絞首刑だった。

死刑囚の身長と体重を測り、

同じ体重の砂袋を作って、何回も実験する。

踏み板から落ちた瞬間に、

衝撃で首が、30センチくらい伸びる事を考え、

ロープの長さを決める。

首が締まって死ぬのではなく、

脊髄が一気に切れるから、

痛みを感じずに死ねると言うらしい。

奇しくも、

遠い昔に、男が自殺しようと思っていた、、、

それと、同じ死に方だったようです。

separator

ある日、男は、

いつもの様に、

刑務所の自分の部屋のベッドで、

仰向けに横になっていた。

男は、考える。

オレの人生は、何だったんだ?

どこで、、、間違った?

あの頃は、食べる物も無く、棲む所も無く、、

だけど、

普通に食事をしたい、

屋根のある部屋で寝たい、、、

誰しもが、そう思うだろうよ。

そう思ったって、不思議じゃあ無いだろう?

オレは、限界だったんだ。

でも、、、自由だった。

そして、

自分の死を、自分で選択できた、、、。」

男の目から、自然と涙が溢れる。

怖い、

怖い、

怖い、

死にたくない、、、

死ぬのが、、怖い。

もはや、男は、取り憑かれたかの様に、

その恐怖に耐えらえなかった。

先程述べた『拘禁状態』なのかも知れない。

、、、

、、、、、、。

一体、、オレは、いつ死ぬんだ?

今日か?明日か!?

もう、イヤだ、、こんな毎日は、、、。

そんな時、

刑務官の、

コツ、コツ、コツ、

と言う足音が聞こえてきた。

男は、、、。

Normal
コメント怖い
6
6
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信