中編4
  • 表示切替
  • 使い方

おもち…?

wallpaper:597

この話は、私が大学時代に体験した話です。

当時、他県から1人暮らしをしている人も多く、

ヒマだし、寂しいし、

夜遅くまで皆と集まっていました。

そうなると、皆で飲もうとか、映画見に行こうとか、

やはり夏になると、心霊スポットに行こうとか、

そんな感じで楽しく過ごしていました。

nextpage

ある日、また皆で集まってると、

誰かが、言い出しました。

「 〇〇にある、あの橋、ヤバいみたいよ?

飛び込み自殺の名所だって。

丁度、橋の下に、川が渦巻いてるみたいでさ、

飛び込んでも、すぐに浮き上がれないから、

絶対に死ねる、、、とか?

だから、死体は2、3日後に、

下流の方で見つかるんだって。

だから警察も、自殺があったら

下流の方を探すらしいよ。

その辺りの人は、朱塗りの欄干だから、

” 赤い橋” って呼んでるらしいけど、、、

行ってみない?」

みんな、若いせいもあり、

しかもその県には、心霊スポットが、

数多く存在していたので、

それまでも、いくつもそのような場所には

行っていました。

もちろん、全員、

「行く!」

と言う訳で、みんな乗り気で、

車2台にギュウギュウで乗り、

10人程で、その橋に向かいました。軽い感じで。

「写メ撮ったら何か写ったりして! 絶対撮ろー!」

( 実は、この時に撮った写真が、

後に、別の不可思議な話に繋がるのですが )

separator

そうこう言っているうちに、目的地に着きました。

「え?橋なんてないじゃん!」

その橋に行くには、私達の車を停めた場所から、

けもの道を歩いて行かなくてはなりませんでした。

みんな 「えー!」と、言いながらも、

せっかく来たんだし、と橋まで歩きました。

「へー、ここが自殺の名所なん?

どこら辺で死体が見つかるんかな?」

みんな、如何にも若者と言った感じで、

楽しんでいました。

その時、私はふと、

反対側の欄干から、視線を感じました。

( 誰か、反対側に行ったのかな? )

そう思い、横を見ましたが、みんないます。

( どうしようかなぁ、、、) と思いつつ、

やっぱり気になります。

私は、思わず後ろを振り返りました。

すると、そこには、お餅が焼けて膨らんだような、

風船みたいなような、そんなものが大小様々、

こちらを見ていました。

橋の右側から左側、全てにです。

それらはみんな、目しか無く、

しかも、かなり小さい目でした。

あたかも浮腫んでるような。

しかも何故か、見える訳ないのに、

橋の下の川の所まで見えていて、

そいつらは、1つの根元から伸びていました。

( え、、、? 何これ、、、)

私はしばらくの間、

目が離せませんでしたが、

( このままじゃいけない ) と思い、

みんなが見ている反対側の方を向きました。

しかし、あまりの恐怖に

手はガクガク震え、口も聞けません。

すると、隣にいた先輩が、急に手を握ってきました。

( 私の様子がおかしいと思ったのでしょう )

「みんな、もう帰るぞー」と言いました。

けもの道の間も、

私の事を引っ張るように、手を握ってくれていて、

私がどれだけ安心できたことか。

やっと車に辿り着いた時に、

先輩は、何も言わずに手を離しました。

そして無事に大学に戻ってきました。

separator

後から、その先輩に、冗談ぽく聞きました。

「何で、手を握ってくれたんですか?

先輩の彼女さん、かなりのヤキモチ焼きなのに。

こんな事が分かったら、私、殺されますよ」

「うーん、何でだろ?

なんかさ、お前の後ろにさ、

お餅みたいなヤツがいて、有り得ん話だけど 笑。

手を握って引っ張らなきゃって思ってさ」

「そうなんですか、、、。

あ、ありがと、、、」

と、私がお礼を言い終わる前に、先輩は、

「次はさ、あそこの心霊スポット行かない?」

と、楽しそうに言いました。

「良いですねー!いつ行きます?」

私も、何だか楽しく返事をしていました。

よく、水死体は水分を含み、ブヨブヨになってて、

顔も身体も浮腫んでいると聞きますが、

私が見たお餅みたいなヤツらは、

一体何だったんでしょう?

しかも、根元が1つだったと言う事が、

1番の謎です。

まあ、そんな事がありながらも、その後も懲りずに、

心霊スポットへ行って居ましたが 笑。

ただ、

私が絶対に車から降りられない場所が、

2つありました。

それはまた、そのうちお話します。

Concrete
コメント怖い
4
9
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

@アンソニー

コメントありがとうございます。
そうなんですよね。
何かが見えたから、、、何かが聞こえたから、、、
とかじゃ無くて、
何故だか、足を踏み入れられない場所ってありますね。
やはり、アンソニーさんの直感が、
( もしくはアンソニーさんを守ってる方 )が、
「行ってはいけない」と、
教えてくれたのかも知れないですね。
特に、樹海ですから。
敏感な方は、何かを感じてしまうんだと思います。
同じ心霊スポットなのに、
自分が、何故だか足を踏み入れられない場所って、
他の心霊スポットとは、
どこが違ったのだろう?と思います。

返信

怖いよ。自分も大学生の時、樹海を肝試しに行きました。その時足がすくみ前に進めなかったことがありました。何か見えたわけではなく「行ってはいけない!」と感じました。
当時を思い出しました。仲間の何人かは先に進み、すぐに戻ってきましたけどね。

返信