短編2
  • 表示切替
  • 使い方

Don't know(盲)

「Don't be afraid, only be live and read the God's metaphor

So we might be too a wkward, I thought.」

~懐輝(夢)~

「お前なんかに出来る筈がない」

「違う、俺はなにもしてない。」

「止めようよ、こんな事やったってなにも無いんだし」

「泣き虫懐輝は黙ってろ」

「で、誰が犯人なんだ?」

「あの時は逃げるしかなかった」

「分かんないよ。俺も、お前達も」

「知ってる?命の重さって21グラムなんだ。じゃあさ俺の、俺達の命の重さって何グラムなんだろうな?」

「止めようって」

「まずは、誰から殺る?」

「あの時はあれしかなかったんだ。だから、俺は悪くない」

「じゃあさ、・・・」

~懐輝(森)~

懐輝「又この夢だ。俺がなんかしたか?」

訳が分からない。最近同じ夢ばっか見る。俺が沢山居て、何かを話している。でも、肝心の俺は無視されている。

まあ、考えたって仕方が無いかあ。

「よし、妖太の所にでも行くか」

ん。待て、妖太って誰だ?抑、なんで、俺はこんな所に居るんだ?

~~~~~

残7人

~儚華追悼終了後~

幽狐「妖太と懐輝来ないね」

幻「そして誰もいなくなるか?」

焔「縁起でも無いこと言うなよ」

凰介「でも、あと7人じゃん」

靈果「7人?6人じゃないの?」

幻「本当だ。じゃあ、彼奴は何なの?」

痕「彼奴って?」

幻「和沙?」

焔「和沙は昔に・・・あれ?」

凰介「おい、焔どうした?」

靈果「待って。和沙ってどんな顔だっけ?抑、性別は!」

幽狐「女でしょ、名前的に」

痕「いや、変な名前の集まりだって事忘れんな。俺、男だぞ」

幻「私もです。」

靈果「幻はどちらかと言うと男の娘」

凰介「誰も覚えて無いんだな」

焔「この話はやめよう。」

痕「だな。今日ももう解散だな」

~~~

残6?人

~続く~

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
2912
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

鎮魂歌さん、怖い&コメントありがとうございます。
はい、此から最終決戦までノンストップジェットコースターで頑張りますので
応援?宜しくお願いします。
 
命の重さが24gと言うのは、なんでしょうかね、他に良い例が無かったので其を使わざるおえなかった感じです。
まあ、其が項を成した~訳では無いですね。

『抑』は、『そもそも』です。
接続詞、文頭に置かれる言葉です。

表示
ネタバレ注意