短編1
  • 表示切替
  • 使い方

最も恐るべきもの

wallpaper:785

人が最も恐るべきもの。

それってなんだと思いますか?

ある人は人間と答えるかもしれない。

ある人はお化けと答えるかもしれない。

またある人はお金と答えるかもしれない。

でも、私なら、幸せって答えます。

nextpage

ご飯をお腹いっぱい食べられる幸せ。

安全で暖かな布団に眠れる幸せ。

清潔な環境で生きられる幸せ。

好きな事を出来る幸せ。

個人の自由が認められる幸せ。

nextpage

今の日本には幸せが溢れています。

でも、なぜでしょう。

自殺者は年々増えています。

nextpage

私が思うに、幸せって、触れ過ぎてしまうと、忘れてしまう物なんだと思います。

戦争で満足な生活が送れなかった人は、

たまに触れる幸せを精一杯感じた事でしょう。

nextpage

今に生きる彼は言います。

「僕は不幸だ。生きるのが辛い程に」

そして彼は自らの命を絶つのでした。

Normal
閲覧数コメント怖い
7318
3
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

リュミエールさんコメントありがとうございます。

その例えは一番身近で分かりやすい一例ですね。
失わないと気づけないって残酷ですね…今持っている物を大切にしていきたいものです。

短いけど考えさせられるお話ですね。普段元気な時は漫然と過ごしてますが、病気や怪我の後は健康がどれほど有り難いか思い知らされますからね。皆が自分じゃなく相手を思いやる優しさがあれば良い環境になると思いますけど…

冨澤聖子さん コメントありがとうございます。
生きてる事が幸せ。そんな風に素直に考えられる人が増えたら、きっと日本はとても幸せな国になれますね。
人の生き死にのきっかけにもなる"幸せ"がはっきりとした形を持っていれば、人の考えはまた違ったものとなるでしょうか。
人と比べて絶望するでしょうか?
人と比べて歓喜するでしょうか?
なんだかあまり違わないかもしれませんね。

kkさん コメントありがとうございます。
不幸を知らない人は身近な幸せにも気づいていないので、自分が今、どちらなのかわからないのかもしれません。
私の友達は言っていました。
「幸せっていうのは、幸せについて考える必要がないって事だよ」
確かにそんな考え方もありますね。

生きてる事が幸せです(^^)
道端に咲く小さな名も知らない花がキレイだと感じる幸せ…こんな事に気付かなくて自分は、不幸だと思う事が恐いですね…

本当の戦争を知らない不幸。本当の空腹を知らない不幸。本当の不幸を知らない不幸。
ご先祖様が今を生きる人々を不幸にさせまいと努力してくださいましたが、結果筆者様の仰る通りになってしまいましたね。

南十星さん コメントありがとうございます。
幸せってきっと、身近なのに遠くにあります。
あまり近すぎると気づけ無いものなんだと思います。

その時感じる幸せは立場や価値観によって変わるものですから