短編1
  • 表示切替
  • 使い方

渡辺さん

今日は呑みすぎた。

新入社員の歓迎会が終わった後、気付けばいつものメンバーで、いつものコースを梯子していた。

酒は怖い。

どうも3軒目のラウンジで呑んだテキーラがいけなかったようだ。頭が割れそうなくらいにガンガンする。

時計を見るともう朝の3時を回っていた。

「…明日も7時起きなのに何やってんだよ、俺は」

マンションの玄関口で管理人の渡辺さんとすれ違った。

軽く会釈を交わしながら、エレベーターのボタンを押す。

ガタン

ドアが開く。

向かいの姿見には、入り口付近に立ちつくす渡辺さんの後ろ姿が写っている。

「…渡辺さん、こんなに朝早くから出勤してたのか?ご苦労様」

4階へ向かってエレベーターが動き出した時、此方へと振り向きかけている渡辺さんが写っていた。

酔っているせいか、その顔は少し歪んでいる様に見えた。

去年、このマンションの最上階から飛び降りた渡辺さん。

俺がその事に気付いたのは、酔いも醒め、寝ぼけ眼で歯を磨いている時だった。

渡辺さん

ご苦労様

【了】

Concrete
閲覧数コメント怖い
91122
14
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信

渡辺さん・・・地縛霊化状態?

まあ、それは置いといて(・x・ノ)ノ⌒ポイッwww

ロビンちゃん・・・よもつひらさか様の真似はいいけど・・・やる事が山積みよね?

幽体飛ばしてロビンちゃんのお尻ペンペンしに行くわよ(〃゚艸゚)プッ

返信