短編1
  • 表示切替
  • 使い方

忠告

ここを訪れるようになり、拙作を投稿するようになってから、かれこれ二年になろうとしている。

閲覧だけの期間を入れれば、ゆうに三年は超えるかもしれない。

nextpage

最近は、寸暇を惜しんでここにやって来るようになった。

怖いやコメント。メッセージボードに届く労いと励ましに満たされた言の葉。

それらに触れるたび、心躍る。

nextpage

御礼の返信をする。そのやりとりが、コメント欄に上がって来るのを見るのも楽しみだ。

深夜であろうと早朝であろうと、昼夜を問わず、ここに来て、しばし時を費やす。

nextpage

昨晩のこと。

いつものようにパソコンを立ち上げ、さぁ、これから訪ねようという時になり、急にパソコンの電源が落ちた。

真黒な画面に 白い文字が ぼうと浮かび上がる。

「ナニゴトモホドホドニ」

「イイカゲンニシマショウ」

nextpage

さて、どこにどうやって返信すべきか困っている。

Normal
閲覧数コメント怖い
2,06347
32
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

mami様

こんばんは。
コメントありがとうございました。
そうですよね。
近々、mami姉様のところにも、妖精さんがいらっしゃるかもしれませんよ。
これに懲りずに、自戒しつつ、謙虚にほどほどに これからも、投稿します。
よろしくご笑覧くださいませ。

『投稿するようになった』以外は、ほとんど私と同じ♪そうそう、コメント欄やメッセージボード、チェックしちゃうのよねぇ(*^.^*)なんて、ホッコリ読んでいました…ら…ヤバいっす。
それは、沙羅さんちにティッシュ敷き詰めて、まりかちゃんちの整頓手伝ってる《ティンカーベル》です。

あっ、ティンカーベルちゃん、私のところには来なくて大丈夫だからね。

いやいやいやいやいやいやいやいやいや!?
返事を書いちゃダメですからね?!
この世のものならざるモノへの返事はいけませぬ!
そそそそんなオソロシイものはほっといて、私と仲良くお話シマショー!w

あんみつさん
PC中古じゃ無いですよね。昔中古のPC
買って来て、やはり、一人でにメールが送られたりした経験がありますもので
中古や古い物には、魂が宿るというますから
気を付けて下さい

表示
ネタバレ注意

怖い怖い怖い…((((;゚Д゚)))))))
えっ…本当の事なのですよね…

あんみつ姫さん…それは怖かったですね…大丈夫でしたか…心配ですよぅ(T_T)

そんな事とは露知らず…私のバカバカっ( ;´Д`)

しかし…ホントに何なのでしょう(・・;)
大きなお世話じゃい!!と言いたくなっちゃいますが…(^_^;)
え?言えるのかって…?
……やっぱムリでした(>_<)
あんみつ姫さん…ヘタレな私でごめんなさい
(>人<;)

でも!私はあんみつ姫さんの優しいコメントが大好きですからね!(#^.^#)
どんなに励まされていることか…

だから…これからも、ずっと…よろしくお願いいたします*\(^o^)/*

姫ちゃん♫
こんばんわ( ´ ▽ ` )ノ
お出かけしてて、読みに来るの遅くなっちった(;´ρ`)

姫ちゃんのパソコンは…
う〜ん…
アレだ!!

まりかちゃんの言う様に、姫ちゃんの身体を気遣う機能付のパソコンなんだよ(T▽T)

私も、暇さえあれば此処に来てる(*^^*)
だって、此処に来れば皆と会えるから♪
楽しいから♪
力をもらえるから♪

ただ、疲れた時は来れない時もあるんだ(^_^;)

未だやらなきゃいけない事もあるし、若くもないから疲れちゃうとすぐに眠くなっちゃうし(T▽T)ww

姫ちゃんも、無理し過ぎちゃダメよ(*^^*)

休める時には身体も休めて、元気復活したらいつもの姫ちゃんの優しいコメと話を聞かせて(*^^*)

大好きな姫ちゃん♫
いつまでも色んなお話したいから(〃艸〃)

ご丁寧な返信、感謝致します。

私もまだまだ文章力、表現力が足りず、皆様の作品を読ませて頂いております。いやはや、ホラーの世界は奥深いですね。その上、霊感もないため、リアルさに欠けているなあと。あんみつ姫さんは不思議なことをよく体験されているとのことですが、うまく受け入れていらっしゃるというか。恐怖に打ちのめされることなく、否定されることなく、あるがままに受け入れていらっしゃって、感銘を受けました。

人が人を選ぶよう、不思議な現象もまた人を選ぶのかもしれません。視える方には、何かしらの力や念のようなものがあるのだと思います。

ご家族を亡くされた悲しみ、深く共感致します。私も10年前、家族を1人失いました。先月に至っては愛犬を病気で亡くし、しばらくショックでサイトを開けない状態でしたが、今日は久しぶりにサイトを開き、あんみつ姫さんのクオリティ溢れる短編を読むことが出来、とても嬉しく思います。

ご主人はきっと、いつもそばで見守っていて下さっていると思います。あんみつ姫さんのように優しく、そして気配りが出来る女性を1人になんて出来ましょうか。さしでがましいですが、心よりご主人様のご冥福をお祈り致します。

「ゴースト」の映画の話、ありがとうございました。霊となっても愛する人の危機を救うため、訓練をするとは!興味深い映画ですね。亡くなった方というのは肉体がないわけで、そうなると他者への接触をはじめ、物理的なダメージを与えることは難しいのでしょうね。どんな特訓をしたのか気になるので、今度、TSUTAYAで借りてみます。

私が敬愛する作家様が書いた小説の中で、「生きている人間はどんな理由があろうとも、死んだ人間に会ってはならない」というワンフレーズがありまして。愛する人を失うことは身を裂くような痛みを覚えますし、もう1度会いたいと思うのが人の性です。私自身、亡くなった人を恋しく思い、霊でもいいから会いたいと願ったことは1度や2度ではありません。

しかし。10年が経過して思うことは、それもまた然りと思うようになりました。散りゆく桜を惜しみ、いつまでも咲いていてほしいと願ってもそれは叶わないように。流れゆく時を留めること、遡ることは不可能であり、前へ前へとしか進めないのだということ。そしてそれが「生きる」ことなのだと最近になって思うようになりました。あくまでも私の価値観なのですが。

人は移ろい、時は流れゆく。

あんみつ姫さんが仰るよう、トーマス・エジソンもまた、研究していく中で死者と交信すべきではないと気付いたのかもしれないですね。

長々失礼致しました。次回作も楽しみにしております。冷え込む時期となりましたので、どうぞご自愛下さい。

表示
ネタバレ注意

まめのすけ。様

こんばんは。
お久しぶりでございます。
読んでいただいてありがとうございました。
返信おそくなり申し訳ございませんでした。

大先輩であるまめのすけ。様から、「怖い」と知識と教養に裏打ちされた才気溢れるコメントまで頂戴し、天にも昇る嬉しさです。
「言葉遊びの弟子」様をHNにしていらっしゃった頃からのファンでした。
今回、新作をアップされて、相変わらずの高いクオリティに唸りました。ラストまでオチが解らないストーリー展開は、勉強になります。

さて、トーマス・エジソンが晩年、心霊研究をしていたとは実に興味深いですよね。
死後の世界と交流できる機械の開発に力を入れていたとは。一体、誰と交流したかったのでしょうか。その研究資料が一切残っていないというのは、結局失敗に終わったという証なのか。
それとも、成功して異世界に行けたとしても、やはり、死者は交流してはいけないのだと判断したのかは、推測するしかないですね。

有名な科学者たちは、熱心な信仰者だったりしますし、東洋の神秘主義などに憧れ、実際に学んだりしていますから、おそらく、そういう道を究めた人間にしか解らない何かがあるのでしょうね。

もうかなり前の映画になるのですが、「ゴースト」というアメリカ映画で、亡くなった夫が妻の危機を救うため、地下鉄に棲みついている地縛霊の男に、生きている者に接触出来るだけでなく、物理的なダメージを与えることができる力を訓練してもらう場面がありました。

それを見ながら、あちらの側の人たちも、こちら側の人間に接触し、思いを果たすのは、結構大変な労力がいるのだろうなぁと思いました。

これは、私の推測なのですが、もしかしたら、あちらの世界とこちらの世界を繋ぐ役目をする媒体として、パソコンやスマホなどのような電磁波を発生するものが、有効なのかもしれません。
いずれは、まめのすけ。様のおっしゃるとおり、死者との交流も可能な時代がやって来るかもしれません。
が、私の夫は亡くなった年のままで、その年を、はるかに超えてしまった現在の私は、なんか会うのが恥ずかしいです。おばあちゃんになってから会えても、「あんた誰?」って言われたら悲しいですから。できれば、そう言う自空間を超越できるようなものを作ってほしいです。
たしか、アインシュタインの相対性理論?かなにかで、理論的にな可能ということなのですが、実験する段階になったらどうなんでしょうね。

私は、本来、霊感などないはずなのですが、どうも時々、ひょんなことから、おかしなものに遭遇する機会が多く、特に、最近は、不可思議なことばかり続いております。
根が呑気なものですから、このくらいで済んでいるのかもしれません。
すみません。長々とコメントしてしまいました。先輩の作品にもコメントさせていただきにまいります。これからも精進しながら、少しずつアップいたしたく存じます。どうぞよろしくお願いいたします。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

短編でこのクオリティは素晴らしいですね。読んでいて引き込まれました。
私もこのサイトを利用するようになって3年が経ちます。霊感の類がまるでない私は、残念ながら今まで怖い体験をしたことはありません。しかし、いざ自分自身がこういった体験をしようものなら怖いですね。現に今もこうしてパソコンの前で作業しておりますが、電源が落ちないことを祈りながらキーを叩いております。

はてさて。あんみつ姫さんの仰るようにどこにどう返信すべきなのでしょう。話が飛びますが、あの偉大な発明王エジソンは、晩年は心霊研究に励んでいたという話があります。科学を学ぶ人間は霊の存在について否定的な考えを持つことが多いようですが、エジソンは科学を追及するのと同時に心霊研究にも興味があったようですね。

特に力を入れていたのが、死後の世界との交信だったようです。これはあまり一般的には知られていないようなのですが、死後の世界とコンタクトを取るため、そういった機器の発明に取り組んでいたのだとか。ただ、不思議なことにそれだけ研究熱心だったにも関わらず、その証拠となるべく研究資料が見つかっていないそうです。研究したのならば、成果や結果をノートや紙にまとめていても不思議ではありません。ですが、彼自身が自らの手で消却したのか、或いは盗まれたのか、それとも他に何か別の要因があったためかは分からないのですが。見つからないそうです。また、彼自身、心霊研究のことにはあまり喋りたがらないようだったので、詳しい研究内容については今なお不明のままです。

実際にそういった機器が発明されるとしたら____怖い反面、非常に興味深いです。

あちらの世界からこちらの世界に対してはコンタクトしやすいのかもしれないですが、こちらの世界からあちらの世界にコンタクトを取りたいと思っても、なかなか難しいものなのかもしれませんね。いつか実現する日が来ると信じたいです。

あん姫様・・・

き・・きっと妖精さんが。。。
サーバー経由して姫様をお守りにお邪魔したのではないでしょしょしょうか・・
カタカタ(((;゚;Д;゚;)))カタカタ

いずれ、、私のトコにも来ちゃったりして・・・
それでも、やめられないんですよね~ココ♡

秋の夜長、とはいえめっきり朝晩冷え込んで来たことですし
ほどほどにして休息取りましょう!!! お互いに(*^^*)

にゃにゃみ様

「怖い」ありがとうございます。
とても嬉しいです。
もろもろ自戒しなければならないと感じていたしていた矢先の出来事。
教訓にしたいと思いました。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

のんちゃん様

初めまして。
怖いとコメントありがとうございました。
こちらこそ、のんちゃん様の作品も読ませていただきますね。
まだまだ学ぶところ多く、勉強させていただきたく存じます。
よろしければ、晩秋の夜長 過去の投稿作なども読んでいただければ幸いです。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意