短編2
  • 表示切替
  • 使い方

田中

「どうだ、成果は。」

「はっ!大尉殿。着実に効果は現れております。

最初は、佐藤の壊滅、次は加藤です。」

「まずは日本が標的だな。しかし、お主の呪詛は素晴らしい。

わが国の偉大さを世界に知らしめるために精進してくれよ。。」

「はっ!ありがたきお言葉!」

21××年、第三次世界大戦で核を使用したことにより、世界の半分以上が壊滅した。

これを教訓に、世界は核兵器を捨て武器を捨て、本当の平和な世界を築こうとしている。

しかし、かつては400年以上続いたと言われる王朝も度重なる侵略に犯され、

虐げられた歴史を持つこの国は、またかつての栄華を取り戻すことを夢見ていた。

日本で言う、「インガメ」という呪詛を本気で国家をあげて行っている。

インガメとは、成犬の身体を土に埋め、顔だけ出して鼻先にえさを置き、空腹に耐え兼ね狂気の状態になったところで、呪い相手の名前を犬の耳元でささやいた後、首をはねるものだ。

我を忘れた犬の怨念は、告げられた名前の人へ、怒りの矛先を向けるわけだ。

「キャウンキャウン、キャンキャンキャキャン!」

犬舎に、半身を埋められた犬がけたたましく鳴き叫ぶ。

「よし、そろそろ、はね時だな。」

呪詛師は、刀を振りかぶった。

「よく聞け、次は日本の全ての『田中』だ。」

そう犬の耳元で囁いて、一気に首をはねた。

「た、大変です。軍曹殿!」

部下が、息を切らして駆け込んできた。

軍曹と呼ばれた呪詛師は、振り向いた。

「何だ、騒々しい。」

「に、日本が!呪詛返しをしてきました!奴らは、わが国の『金(キム)』を壊滅するつもりです!」

「な、なんだと!わが国のほとんどが壊滅してしまうではないか!」

Normal
閲覧数コメント怖い
2,70640
32
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

コメントありがとうございます。
酷い話ですみませんw

表示
ネタバレ注意

こんにちは!
密かにツボって腹筋痛いです(笑)

マガツヒ様のコメント…
よもつ様に何か有れば国民放送で演説する決意表明と受け取って書き込みした裂久夜です。

龍田詩織様
コメント、怖い、ありがとうございます。
それもこれも、発端はいつものあの、オ・ト・コ。
悪乗りが好きな私も私ですけどねw
あ、まだ生存中であります、私。

こんばんは♪
突発リレー(?)お疲れさまです。
私もオチに笑ってしまいましたが、他の意味で怖いです!

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

コメント、怖い、ありがとうございます。
mami様
おーい、勝手に殺さないでー。生きてるよーw
鏡水花様
そ、それはヤバいw女の子なのにw
あんみつ姫様
まだ無事です。今日は吹雪なので一歩も外に出られないので良かったw
まりか様
やってしまいました。怖話始まって以来の問題作かもしれません。
放置してても削除されるかもしれません。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意