中編6
  • 表示切替
  • 使い方

深夜喫茶「二杯の珈琲」

 俺は昔、24時間営業の喫茶店でバイトしてたんだが、その店では本当にいろんな事があったんだ。

数え切れないくらいの……その中でも特に、店の常連客でもある、通称メロンちゃん(メロンソーダばかり頼む彼女に対し、バイト仲間達が勝手につけたあだ名)という女の子が絡むと、本当に怖い体験をする事が多々あった。

今からその一部を話したいと思う。良ければ最後まで付き合ってくれ。

wallpaper:1035

その日は一日中暇だった。

客といえば、いつもの常連客のメロンちゃんと、窓側の席に座る二組の老夫婦だけ。

窓を行き交う通行人を目で追いながら、俺は口元に手を当てた。

「ふあ~ぁ、さて、補充でもするか」

欠伸をしながらそう言って、俺は備え付けの紙ナプキンなどを手に取り、各テーブルを周った。

手前側から順に、補充していく。

ズレたテーブルや椅子を直し、ゴミが落ちていないかをチェックする。

やがて窓側に着いた頃。

「店員さん、」

不意にかけられた声に、俺は振り向いた。

窓側の席に座っていた老夫婦だ。70代くらい、背筋のピンとした、穏やかそうな老人だ。

「あ、はい、ご注文でしょうか?」

そう言って俺は、ポケットからオーダー機を取り出そうとした。

「あ、いや、まだ珈琲飲んでるから。それより店員さん。店員さんはこの店は長いのかな?」

何だ注文じゃないのか。俺はオーダ機をポケットにしまい、老人に向き直った。

「長くはないです。やっと半年過ぎたくらいですから」

「そうか~いや、僕ね。若い頃にはよくこの店に来てたんだよ」

「は、はあ」

老人の昔話。まあ、暇だし別に問題は無い。忙しい日はごめんこうむるが。

「若い頃はお金もなくてね。よくここでデートしたもんだよ。珈琲一杯で何時間も居座ってね。店の中に流れる曲を聞きながら、誰の歌か当てっこしたり、はは」

老人がそう言って笑うと、正面に座っていたお婆さんも目を細めるようにして、釣られて笑った。

しわくちゃな顔だが、どこか品のある、優しい笑みのお婆さんだった。

「するとね、よくここの店長が珈琲のおかわりを入れてくれたんだよ」

老人が言う。

ん?そんなサービスうちにはないぞ?

「珈琲一杯で過ごす私たちに気を使ってくれたんだろうね。うちには珈琲だけならたくさんあるから、ゆっくりして行って下さいねって。嬉しかったな~」

老人の言葉に、お婆さんがコクリと頷いた。

「店長が……」

いつもどこか抜けてて、のほほんとしている店長だが、なるほど、中々良いとこもあるんだなと、素直に思った。

wallpaper:2109

「この席に座って、窓の外を眺めるのが好きだった。今背広を着た男の人はどこに行くんだろう、あの泣きそうな女の子は、彼氏と喧嘩でもしたのだろうか?なんて、通りすがる人達の物語を勝手に紡いでは、その思いに浸ったりしてね」

どこか物悲しい目で、老人は窓の外に目を這わせている。

この窓の外にも、俺の知らない風景が広がっていたのだろうか?

その時代に生きた人々、その時代にしかない景色。この老夫婦はきっと、数え切れないほどのそれらを、ここで、この席で見てきたのだろう。

wallpaper:1035

俺は老夫婦に静かに頭だけ下げると、そっとその場を離れた。

あの二人の特別の時間を、何だか俺なんかが邪魔しちゃいけないような気がして。

nextpage

補充を終わらせカウンターまで戻ると、俺はどこからともなく、視線を感じた。

厨房にいる相方ではないのは確か。だとすると残りは……

カウンター斜め向かい側、この店の一番死角にある席。そこは、深夜の常連客、通称メロンちゃん(メロンソーダばかりを頼む為、バイト仲間の間で勝手に名づけたあだ名)の特等席。

wallpaper:2099

振り向くと、やはりだ。大きな眼鏡から覗き込む瞳が、俺の方をじっと見つめている。

相変わらずの無表情。せっかくの美人が台無しですよと、いつか本人に言ってやりたい。

「えと……何か?」

気になり声を掛けてみた。すると待っていましたと言わんばかりに、メロンちゃんは口を開く。

「何を、話してたんですか?」

「何をって?」

さっきの老夫婦の事だろうか?

「ああ、もしかして窓側のお客さんとの?」

俺がそう言うと、メロンちゃんは返事もせず俺を見ている。

なんなんだ一体。

「えと、あの二人、昔ここの常連客だったみたいで、」

そう言い掛けた時だった。

wallpaper:1035

「いやあ、先ほどは邪魔してすまなかったね。年寄りの与太話につきあわせちゃって」

さっきの老人だった。どうやらお帰りのようだ。

俺は急いでレジに移動した。その際、老人の方にふと目をやった時だった。

あれ?

「お連れの方は?」

一緒にいたはずのお婆さんがいない。

「ん?僕は一人だよ?」

「えっ?一人……?」

wallpaper:1

どういう事だ?二人で来ていたじゃないか。

「ああ、はは。すまないね。今日は亡くなった妻の四十九日でね。あれも珈琲が好きだったから、一杯多めに頼んだんだよ。はは、誤解させてしまったかな」

老人はそう言って軽快に笑って見せた。

亡くなった妻?四十九日?

まさか……

shake

背中に僅かな寒気が走った。

そして、そこまで考え、俺はようやく理解した。

メロンちゃんはこの事を俺に伝えたかったのか。

そこに居るはずのないお婆さんの姿を、メロンちゃんも見てしまったから。

wallpaper:1035

「さてと、」

老人はそう言って、どことなく寂しそうな顔でレジに向った。

そんな老人の顔を見て俺は、

「あの……!」

と、何だかいてもたってもいられず、気がつくと無意識に老人を呼び止めていた。

「はい?」

老人が短く返事を返す。

「また……来て下さい。コーヒーならたくさんありますから、お代わり用意して、お待ちしています」

自分でもなぜこんな事を言ったのかは分からない。けれど、なぜかそれ以外の言葉が、その時の俺には見つけられなかった。

「ふふ、ありがとう。本当にありがとう」

そう言って老人は深々と頭を下げた。釣られて俺も深く頭を下げ返す。

顔を上げると、そこにはもう老人の姿はなかった。

「えっ?あれ……」

間の抜けた声が店内に響く。

「な、何で、今の目の前にいた……えっ?ええっ?」

shake

辺りを急いで見渡す。いない。さっきの老人が、まるで煙のように掻き消えた。

「すみません、言葉が足りて無かったです。付け加えるべきでしたね」

メロンちゃんが急に口を開いた。

wallpaper:116

「誰と……何を、話してたんですか……」

メロンちゃんの冷たく、抑揚の無い声が、俺の頭の中で残響となって響いていく。

「あそこに人なんて、初めからいませんでしたよ」

そう言うと、メロンちゃんは再びノートPCの画面に視線を落とした。

その後の事はよく覚えていない。酷く混乱していたのは確かだ。

あの後はろくに客もこなかった為、俺は嫌がる相方を表に立たせ、厨房で一人ふさぎ込んだまま、朝を向えた。

あの老夫婦の事はその日の朝、店長からの電話で、ようやく理解する事ができた。

店長曰く、昔よく店に来てくれていた常連客がいたらしいのだが、

昨夜、昏睡状態のまま、亡くなったらしい。

奥さんを癌で亡くしたばかりで、かなり塞ぎこんでいたらしく、ここ最近心配していた矢先の事だったとか。

店長は通夜に行く準備をする為、今日は少し出勤が遅れるとの事だった。

nextpage

次の日

nextpage

wallpaper:1035

その日の夜。俺はいつもにように、深夜帯の夜勤についていた。

客は一人、メロンちゃんだけだった。

俺は珈琲を二杯入れると、窓側の席に向った。

「何を、しているんですか?」

声の方に振り向く。メロンちゃんだった。席を離れ、すぐ隣まで来て、俺の顔を見上げている。

nextpage

「珈琲、お代わり入れるって約束したから……」

そう言って俺は、昨夜老夫婦が座っていたテーブルに、珈琲カップを二つ、そっと置いた。

「何か意味があるのですか?」

相変わらずの無表情な顔で、メロンちゃんが言った。

意味?意味など無い、ただ、

「そうしたいだけ。俺の気が晴れるだけさ……」

そう、理由など無い。理由など要らない

美味しい二杯の珈琲と、大好きな景色がそこにあれば、それでいいじゃないか。

wallpaper:2106

その日メロンちゃんは、昨夜老夫婦が座っていたテーブルに座りなおし、誰もいないはずの席で一人、見えないはずの何かと、外の景色を眺めながら、朝まで過ごした。

Normal
閲覧数コメント怖い
2,74816
36
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

いい話ですね。

表示
ネタバレ注意

ラグト様>感想、ありがとうございました。

いえいえいえいえいえ、まだまだ勉強不足なとこばかりで、
もっと読みやすい文章構成にせねばと、日々奮闘中でございます。

ですがその言葉、本当に嬉しく思います。ありがとうございました。

表示
ネタバレ注意

まりか様>感想、ありがとうございました。

初めてのようです(笑)
いや、もしかしたら現世で…まあそれこそオカルトですが。

一応実在する方ですよこの二人(笑)
メロンちゃんは本当にこんな感じの子だそうです。だとしたらやっかいな…

きっと珈琲飲みにきていると思いますよ。大好きな景色を見ながら、ね。

表示
ネタバレ注意

さえ様>感想ありがとうございました。

感動して頂けて嬉しいです。

自分の未熟な文章で、どうやって伝えようかと悩んだ作品でございます。
おかげでこれからもがんばって勉強していけそうです。ありがとうございました。

表示
ネタバレ注意

いえいえです。 いやいやいや。

みくにゃん様>感想、ありがとうございます。

もったいないお言葉です。

怪異とは怖いだけではりません。

喜怒哀楽の、摩訶不思議な世界だと、私は思います。

来道さま>いつも感想、ありがとうございます。

たまにはホッとしなきゃですよね。

が、凄惨な話はこれからです…

いい話でした。泣きそうになりました。

いい話や(。´Д⊂)

カケルさま>、いつも感想、ありがとうございました。

喫茶店ですか、この喫茶店は余りオススメしませんよ。寄せやすい人が行くとどうなる事やら…

たまにはこういった話もいいですよね。もし次回書くのなら、長編で禍々しいやつになりますけど……

泣ける。・゜・(ノД`)・゜・。

そんな思い出の喫茶店、私にも欲しいなぁ…と、思ってしまいました。

怖くないけど面白かったです!
ステキな話をありがとうございます。