太樹と大樹 ータイキとヒロキー 後編1 双子編

長編8
  • 表示切替
  • 使い方

太樹と大樹 ータイキとヒロキー 後編1 双子編

◆前回までのあらすじ◆

太樹(タイキ)と大樹(ヒロキ)は、一卵性の双子だ。

高校生の頃、2人は左右対称の館を探索する夢を何度も見た。

話を擦り合わせると、どうやら太樹(タイキ)は右、大樹(ヒロキ)は左と別れて探索している事を知る。

そして太樹(タイキ)の側には、大樹(ヒロキ)の姿をした何者かが居ると知った2人は、館からの生還を目指し、互いに協力し合う事を誓ったのだ……。

wallpaper:3033

………………何処だ?ココ……?

見た事の無い部屋だ。

辺りを見回すと、どうやら食事を作る部屋らしい。

一瞬、“あの夢”では無いのでは……と考えたが、双子のシンクロ特有の感覚が、“あの夢”だと告げている。

躊躇う事無く、部屋を飛び出す。

wallpaper:580

廊下で、現在地を確認する。

背後……窓の外……階段の伸び方……

今いた厨房は、1階3つ並びの真ん中の部屋だ。

再び大地を蹴り、一気に2階を目指して突き進む。

wallpaper:1102

「どこ?!ドコ?……何処だぁ!!」

叫んでも仕方ないと知りつつも、気持ちが焦って仕方がない。

一刻も早く、開かねばならないのだ。

しゃがみこみ、乱暴に辺りを掻き回す。

……扉と階段の境……絶対此処にある筈だ!!

血走る眼に、キラリと鈍い光が留まる。

wallpaper:3028

「あっっったぁあぁ!!鍵ィィッ!!!」

全身から咆哮を上げ、大樹(ヒロキ)はそれを拾い上げた。

wallpaper:67

………………何処だ?ココ……?

見た事の無い部屋だ。

辺りを見回すと、小さなテーブルと椅子のセットが数脚、崩壊した棚にボロボロの書籍が数冊見える。

雰囲気から察するに、ちょっとした談話室の様だ。

一瞬、“あの夢”では無いのでは……と考えたが、双子のシンクロ特有の感覚が、“あの夢”だと告げている。

躊躇う事無く、部屋を飛び出す。

wallpaper:580

廊下で、現在地を確認する。

背後……窓の外……階段の伸び方……

今いた談話室は、1階3つ並びの真ん中の部屋だ。

それを確認したと同時に、気が付いた……“奴”がいない!

遭遇してから、背後にピッタリくっついていた、“奴”の姿が無い。

……これはチャンスだと、動き出そうとした

………………………その時………………………

wallpaper:3029

………ダ…ィィ……ギ…ヒイィイィィ…

…………タ…ィィ…ギ…イィイィィ…

wallpaper:580

ノイズの混じった、ラジオの音の様な物が響き渡る。

酷く耳障りだ。

直ぐに分かった……奴が自分を探しているのだと…

恐怖で走り出したい衝動をグッと押さえ込み、じっと耳を澄ます。

………………近い。

だが廊下に奴の姿は無く、前方からは聞こえない。

自分は、3つ並びの中央から出てきたのだ。

……“奴”は一番端の『ホール』に居る筈だ!!

大地を蹴り上げ、一気に2階を目指して走り出す。

nextpage

shake

バンッッ!!

背後で、何かが弾ける音がした。

wallpaper:3029

shake

shake

……タァアァアイィィイキヒイィイィッ!!!

shake

wallpaper:3022

雄叫びが、木霊する。

声の濁りが多少消えて、後方から明確な気配が迫ってきた。

移動速度が、結構速い!

焦りと恐怖で形振り構わず、階段を駆け上がる。

涙と冷たい汗でグチャグチャだ。

wallpaper:1102

中央扉にしがみつく。

力一杯引き寄せて、力一杯叫んだ。

「ヒィロォォオォオッッ!!」

太樹(タイキ)の絶叫が響き渡る。

wallpaper:607

小部屋の扉が、ガチャガチャ音を発てている。

どうやら鍵を開けるのに、悪戦苦闘している様だ。

nextpage

shake

「早く早く早く早く早く早く……頼むから!お願いだから!後生だから!!早くぅ!!!」

焦らせては逆効果だと、頭の片隅で冷静な自分が告げている。

分かってはいるが、追ってくるこの恐怖に、もう1秒も耐えられそうに無い。

ガチャンッ!

音と同時に扉が開く。

背後と……目の前の扉が同時に動く。

太樹(タイキ)は全身を投げ出す様に、目の前の扉に飛び込んだ。

wallpaper:1102

バンッ!……カシャンッ!!

倒れ込んだ太樹(タイキ)の背後で、大小それぞれの破裂音がする。

大樹(ヒロキ)が、扉と鍵を段取り良く閉めたらしい。

2人の男の吐く、はぁはぁという荒い呼吸の音が、静かな廊下に木霊する。

暫しの沈黙……そして…………

shake

「てめぇ、ふざけんなよ!あんなに急かされたら、手元が滑って仕方ねーだろ!!ちっとは考えろ!ボケェッ!!!」

shake

「ああん?!ふざけてんのは、てめぇだポンコツ!!こっちがどんな思いで走って来たと思ってんだ!鍵くらいサッサと開けろや!!このボンクラァ!!!」

wallpaper:69

額と額を付き合わせて罵り合う……醜い兄弟喧嘩だ。

お互い激しく相手を睨み付ける……が、何故か口許はヒクヒクと震えてしまい、いまいち迫力が出ない。

「大体、てめぇが変なモンになつかれるから…こっちが苦労して、鍵探しなんか…………クフッ」

「…ふざけんな、お前が追い掛けてくんだから…お前が苦労すんのが…あた…当たり前だろ…プグッ」

…………多分、お互いにアドレナリンが出過ぎて、おかしくなっていたのだろう……。

堪えられないとばかりに、双子は同時に噴き出し、その場で笑いこける。

今しがた、施錠したばかりの扉が、向こう側からバンバン叩かれ、軋んでいるのさへ可笑しかった。

wallpaper:580

「…………はぁ…なんか喉渇いたなぁ…?」

一頻り笑った、太樹(タイキ)が言う。

無事に本当の弟と合流出来た事、そして扉に施錠が出来た事で、大分気持ちが和らいでいる。

全て作戦通りだ。

「あ?…なら、1階行ってみるか?厨房があったから、水くらい飲めるかもよ?」

それに応じる太樹(タイキ)の口調も柔らかい。

先程の罵り合い等、まるで無かった様に緩やかなのは、やはり安堵感が大きいからだろう。

う~んと太樹(タイキ)が唸り声を出す。

「……そうだなぁ、考えたら俺、この館で廃墟と何も無い部屋しか見てねーし……ちょっと寄り道してみるか!」

足取りも軽く、双子は1階を目指して歩み出した。

wallpaper:3033

1階3つ並びの部屋中央……今夜の夢で、大樹(ヒロキ)が最初にいた厨房だ。

蛇口を捻ると、美しい水が出た。

冷蔵庫には幾つかの食品と、ミネラルウォーターが入っている。

「……水はヨモツヘグイに入るのかな…?」

大樹(ヒロキ)の疑問に、太樹(タイキ)が答える。

「そのミネラルウォーターは、怪しいかもな?」

「だが、流れ水は含まれない……多分、な?」

そう言って、止める間もなくゴクゴクと、蛇口の下に突っ込んだ喉に水を流し込む。

「プハッ!五臓六腑に染み渡るぅ!!」

「あ、それ俺が言いたかったのに……」

ブツブツ言いながら、大樹(ヒロキ)も喉を潤した。

wallpaper:41

その後、2人はどうせだからと残りの1部屋も確認する。

中は豪奢な食堂で、如何にも高そうな装飾が施されていた。

「生活するなら、左半分で事足りるな……右半分は娯楽施設だったのか…?」

太樹(タイキ)が小さく呟いた。

wallpaper:580

事態が急変したのは、3階の廊下……そろそろココを出ようと、外階段を目指した時だ。

「…………何だよコレ……ふざけてんのか……?」

大樹(ヒロキ)の声が震える。

「………………ウソ……だろ…?」

太樹(タイキ)の顔色は真っ青だ。

wallpaper:64

外階段へと続く扉が…………………………無い。

まるで最初から存在していないかの様に、古びた煉瓦の壁がそびえている。

「は?何でだよ?俺、ココから入って来たんだぞ?」

ペタペタと壁をまさぐりながら、大樹(ヒロキ)は喘ぐ様に言葉を絞り出す。

信じられないのは、当然の事だ。

しかし、太樹(タイキ)は意外に冷静だった。

wallpaper:3024

「……ちょっと落ち着け、大樹(ヒロキ)……リアル過ぎて忘れてるかもしれないが、これは“夢”だ…何だってあり得る。」

「何だってって……じゃあ、どーすんだよ?」

噛み付く大樹(ヒロキ)を手で制して、太樹(タイキ)が言葉を紡ぐ。

「お前、男の部屋が在るって言ってたよな?そこに連れてってくれ。」

「多分、そこが館の主の部屋だ……何かヒントがあるかもしれない……。」

wallpaper:556

2階3つ並びの部屋中央……男性の部屋

「おっ!紙があるな、ちょうど良い。」

太樹(タイキ)が重厚なデスクの上で、サラサラとペンを動かす。

何をしているのかと覗き込むと、この館の見取図を描いていた。

「いや、部屋数が多いから、いざって時に迷わない様に…な?」

廊下も部屋の並びも同じだから、紛らわしいだろ……そう言って、1つ1つの枠に何の部屋か書き込んでいく。

その間にも、太樹(タイキ)の口は、忙しなく呪文の様な言葉を繰り返している。

wallpaper:3024

「3階建ての建物……3部屋の並び……3人の男……」

最初のうち、何の事だか分からなかった大樹(ヒロキ)にも、段々と言葉の意味が理解出来てきた。

「全部“3”……全部“3”じゃんか!!」

やや、興奮気味に大樹(ヒロキ)が言うと、太樹(タイキ)が頷く。

「ああ、だから思ったんだ……入口が2つで出口が1つ……これで出入口も“3つ”なんじゃないか?……てな」

目を輝かせる大樹(ヒロキ)、それと対照的に太樹(タイキ)の表情は、暗い。

「でもそこが、何処なのかが分からん…クソッ、良いとこまで来てんのに……!」

その言葉に、大樹(ヒロキ)がキョトンとした顔をした。

「……えっ?何ボケてんの、太樹(タイキ)……?そんなモン、3つ目の場所だろ?」

「…………………………3つ目の場所……?」

マジマジと大樹(ヒロキ)を見詰める太樹(タイキ)の目は、『コイツ何言ってんだ?』と物語っている。

そんな兄の掌から、大樹(ヒロキ)がペンを引ったくった。

wallpaper:190

「いや、俺も太樹(タイキ)が描いたコレ見るまで、気付かなかったんだけどさ……」

そう言って、紙に描かれた建物の中心をペンでぐるりと囲む。

「この館、“左側”と“右側”の2つに別れてんじゃ無くて、“左”“右”“中央”の“3つ”に別れてんじゃね?」

「ほら、『3階建て』『3部屋の並び』……条件満たしてんじゃん?!」

大樹(ヒロキ)の囲んだ丸の中には、縦に並んだ3つの小部屋が描かれていた。

太樹(タイキ)が、ハッとした顔で弟を見る。

「3階建て、縦並びに3部屋……そうか!!出口は『玄関』か!!」

wallpaper:3020

初めてこの館の夢を見た時、鍵が架かっていて開かない玄関を、2人共に見ている。

位置的に考えて、正面玄関の場所は間違いなく、1階中央の小部屋の中だ。

「あの時、玄関が開かないから、外階段を使ったんだった……そうか…出口専用か…」

太樹(タイキ)の言葉に、今度は大樹(ヒロキ)が大きく頷く。

wallpaper:556

「ただ問題が無い訳じゃない…俺達は、1階の小部屋の鍵を持ってない……。」

と、大樹(ヒロキ)が言う。

「…………鍵を管理してる可能性は、館の主か奥方だ……此処か隣か…捜すぞ。」

と、太樹(タイキ)が応じる。

双子の兄弟は、感じていた。

この長い冒険に、漸く終わりが近付いている事を…。

そしてそれは……決して平坦な道では無いという事も……感じとっていた…………。

nextpage

後編2 完結編へ続く……

Normal
閲覧数コメント怖い
7646
14
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

ご感想頂き、有難うございます。
ピノ様
単純だからこそ、嬉しいんです!!ダイレクトに伝わってきて、堪らないんです!
マジで嬉しい……本気です!

皆様、シンクロについて神秘だと仰るんですが、コレが普通な僕らには、イマイチその不思議さが分からないんですよね……(^_^;)
『そう?普通じゃない('_'?)』みたいな(笑)
でも今、フッと思ったんですが、もし弟以外の人間とシンクロしたら凄く怖いです。
多分、ビビってベソ掻いちゃいます(笑)
そう思うと、ちょっと不思議さが出てきますねw

有難うございましたm(__)m

ご感想頂き、有難うございます。
mami様
う……嬉しい!
今回は途中から、まさにハリウッドのホラー映画を意識して書いてました。
B級なのは仕方ないんですが(笑)、展開を向こうのパニックホラーにありがちな、仕上がりにしたかったので、映画を見てる様……という例えが、ドンピシャ嬉しいですw
「ところで」きたぁ……って、え?追っかける?(・_・;?
しまっっったぁーっ!!
別々に投稿しとけば、人生初の女の子に追いかけられる体験が(喩え夢でも)出来たのに(笑)!
誠に残念……怪談師、痛恨のミスでしたw

臨場感、感じて頂けて良かったです。
きっと弟が読んだら、『こんなもんじゃねーよ、もっと怖えーよ!ポンコツ怪談師!!』と、怒られてしまいますが(笑)

有難うございましたm(__)m

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意