太樹と大樹 ータイキとヒロキー 後編2 完結編

長編11
  • 表示切替
  • 使い方

太樹と大樹 ータイキとヒロキー 後編2 完結編

※注意※

このお話は最終話です。

先に『太樹と大樹 ータイキとヒロキー 後編1双子編』をお読み下さい。

wallpaper:36

女性の部屋というのは、どうも居心地が悪い。

ホラーアドベンチャーのゲームでは、そんな事はお構い無しに家捜ししているが、実際に自分がやるとなるとそうもいかない……。

さて一体、何処から手を付けて良いものやら……と、太樹(タイキ)は溜め息を漏らす。

今更ながら、自分のジャンケンの弱さを呪いたくなる。

しかし、そんな事を言っている場合では無い。

何と無く感じるのだ……この建物を脱出できなければ、自分は永久に目覚める事は出来ないと……。

nextpage

「…………開けますよ…」

誰が居る訳でも無いが、一応声に出して断りを入れ、太樹(タイキ)は机の引き出しを引っ張り出す。

中には、如何にも女性らしい美しい色彩の、ノートや紙が入っていた。

肝心の『鍵』は無い。

他の引き出しも開けてはみたが、手懸かりになりそうな物さへ見付からない。

諦めて、机から顔を上げる。

nextpage

今度はピアノに近付く。

ゲームでもドラマでも、ピアノには秘密が隠れている事が多い。

現実にはただの楽器なのだろうが、此処は夢の世界だ。

少なからず、自分達の潜在意識も影響しているかもしれない……そう考えたのだが…………

「………………甘い、か……」

……何も無い様だ。

大体、太樹(タイキ)はピアノを知らない。

調べると言っても、付いている蓋を開けて中を覗く位が関の山だ。

wallpaper:1076

おまけに触れてみようとして、置いてあった楽譜を、派手に落としてしまった。

「嗚呼~!もうっ!!」

反射的に拾い集める太樹(タイキ)の指先に、1枚楽譜ではない紙が触れる。

何かの走り書きの様で、癖のある読みにくい文字が並んでいた。

何気無く目を走らせる。

wallpaper:1009

沢山の者は『死』を憎む……そこには消滅しかない。

迷える者は神にすがれ……母なる者の掌(タナゴコロ)が、望みの物を抱く×

wallpaper:3024

紙を睨み付けたまま、暫し固まる。

太樹(タイキ)の中でザワザワと何かが暴れだす。

頭の中をぐるぐると、大好きな漫画の台詞が回り捲っていた。

『みるという事は、見る事では無く観察(ミ)る事だ』

そんな風に書いてあった。

今、太樹(タイキ)は走り書きを観察(ミ)ている。

必死に頭と全神経をフル回転させる。

ポケットから乱暴に引っ張り出した、手書きの見取図を並べ、交互に観察(ミ)ては唸り声を出す。

wallpaper:36

やがて……太樹(タイキ)はゆっくりと顔を上げる。

「駄目だ…俺だけじゃあ、半分しか解らん!」

叫ぶ様に、敗北を宣言した太樹(タイキ)は、スクリと立ち上がり部屋を出た。

wallpaper:580

廊下に出て直ぐ、左目の端に違和感を感じた。

特に考える事も無く、左を向く。

wallpaper:607

「ウソだろ?!」

叫びそうになって、慌てて口を塞ぐ。

施錠をした筈の中央扉が……開いて小部屋の扉が見えている!

それはつまり……『奴』が左側に侵入したという事だ!!

wallpaper:3022

カタン……

下の階で微かに音がした。

……俺達が1階に行くって言ってたから、下に行った……のか?

汗が吹き出る。

呼吸が乱れる。

心臓が、音を発てて暴れだす。

太樹(タイキ)は全身の音を殺すつもりで、静かに動く。

そのまま、大樹(ヒロキ)のいる男の部屋の扉を開けた。

wallpaper:556

「太k」

喋り出そうとする大樹(ヒロキ)に、黙れとハンドサインを出し、小声で早口に話出す。

「ヒロ、奴が近くに居る!お前は此処を動くな!隠れてろ、俺が囮になって奴を引き付ける!」

「奴が上に上がる気配がしたら、お前は右側に行って、『礼拝堂』を捜せ!」

「俺が思うに1階のすぐの部屋だ……そこはまだ見てない!!マリアを捜せ、鍵があるとしたらそこだ。」

大樹(ヒロキ)の手に、あの走り書きを握らせて、言いたい事だけ言うと、部屋を飛び出す。

wallpaper:580

正直、自信があった訳ではない。

あの走り書き自体、信用して良いのかも分からない。

しかし、今はそれに賭けるしか道が無い。

wallpaper:3022

階段の所で、わざと大声で叫ぶ。

「俺は3階に行くぞーッ!!!」

耳を澄ますと、1階でガタゴトいう音が聞こえる。

それを確認すると、太樹(タイキ)は全力で階段を駆け上がった。

nextpage

wallpaper:556

「俺は3階に行くぞーッ!!!」

太樹(タイキ)の叫び声が聞こえた。

直後にドドドっと足音が響き、数分遅れてまた足音が近づき……遠ざかって行く。

万が一、奴がココに来た時に備えて、ベットの下に潜り込んでいた大樹(ヒロキ)は、足音が完全に消えたと判断して、静かに這い出る。

太樹(タイキ)が心配だった。

それと同じくらい、恐怖で逃げ出したかった。

太樹(タイキ)は凄い……心からそう思う。

wallpaper:1073

『対策を練ろう』と話し合ったあの時、太樹(タイキ)は大樹(ヒロキ)が奴と会う事を反対した。

オカルト好きの太樹(タイキ)は、『アレが大樹(ヒロキ)のドッペルゲンガーだったら』と、大樹(ヒロキ)の事を心配したのだ。

だから、中央の扉を開ける時も、大樹(ヒロキ)に扉の陰から出ない様にと指示していたのだ。

wallpaper:556

太樹(タイキ)は凄い……心からそう思う……だからこそ歯を食い縛って、行動を開始する。

それが太樹(タイキ)の優しさに報いる、たった1つの方法だから。

wallpaper:580

大樹(ヒロキ)は右側の建物、1階の廊下に立っていた。

「……また鍵探しか……しかもこのメモ…」

呟いて太樹(タイキ)から渡された、走り書きのメモを見る。

wallpaper:1009

沢山の者は『死』を憎む……そこには消滅しかない。

迷える者は神にすがれ……母なる者の掌(タナゴコロ)が、望みの物を抱く×

wallpaper:580

…………確かに迷ってますけど。

…………母なる者=マリア様も分かりますけども。

…………望みの物があるのも事実ですけども。

「……後半の一文見て『礼拝堂』って言ったんだよな?……『×』付いてるけど大丈夫か?」

nextpage

17年、太樹(タイキ)と双子をやっている。

頼りにもしているし、ぶっちゃけ2人でいれば、考えるのは太樹(タイキ)の仕事だ。

そして大樹(ヒロキ)には、太樹(タイキ)の思考回路が良く分かる。

「『×』を“走り書きの+(クロス)”と読んで、『礼拝堂』……分かるけど……本当に“バツ”で罠だったらどうすんだ?」

一人言が多いのは、不安な時の大樹(ヒロキ)の癖だ。

しかし、立ち止まっていられないのも、良く分かっている。

「…………当たって砕けるか!!」

………………いや、砕けるのは不味いですけども。

自分の言葉に、自分でツッコミを入れつつ、大樹(ヒロキ)はその部屋に足を踏み入れた。

wallpaper:3034

「タイちゃん、ビンゴーッッ!!!」

大樹(ヒロキ)の声が、半壊した礼拝堂に響き渡る。

実に5年ぶりに太樹(タイキ)をタイちゃんと呼んだのだが、そんな事はどうでも良い。

礼拝堂は存在したのだ。

急いで、マリア像を捜す。

wallpaper:465

「またまた、ビンゴーッッッ!!!」

何だか、泣きたくなってきた。

崩れて、瓦礫が積み上がったそこに、腰の辺りからボッキリ折れて横たわる、マリア像を見付けたのだ。

後はマリア像も手に乗っている鍵をゲットすれば、太樹(タイキ)のトリプルビンゴだ。

瓦礫に注意を向けながら、眠るマリア様に近付いて行く。

「………………鍵……無い?」

大樹(ヒロキ)の声が、一気に乾く。

マリア像の手の平は、今や縦になっている。

手が横を向いていた時とは違い、受け皿の役目を果たしていないのだ。

…………と、なると、鍵はマリア像から滑り落ち、この瓦礫の何処かに消えた事になる。

「………………………………ウソだろ?!」

絶望的な声を上げて、大樹(ヒロキ)が這いつくばる。

結局、こうなる。

なんでこうなる。

……太樹(タイキ)め、覚えてろ!

ありったけの八つ当たりをぶちまけながら、大樹(ヒロキ)の鍵捜しは始まった。

wallpaper:3021

左側3階 寝室

太樹(タイキ)がその部屋に飛び込んだのは、一番隠れる場所が多いのは、寝室だと考えたからだ。

だが、逃げ込んだ直後、目に飛び込んできた物に太樹(タイキ)の心は奪われた。

ずっと進まなかったパズルが、たった1つのピースによって突然完成した様なこの感じ……。

草木1本存在しなかった砂漠が、スコールの後に森に変身するかの様なこの感じ……。

走り書きのメモが、頭に蘇る。

wallpaper:1009

沢山の者は『死』を憎む……そこには消滅しかない。

迷える者は神にすがれ……母なる者の掌(タナゴコロ)が、望みの物を抱く×

wallpaper:3021

「…………そうか……そういう事…か……」

一人言を呟いて、慌てて体を動かす。

……こうしてはいられない。

他の部屋と繋がる、内扉に施錠をしなくては……出入口は1つが良い。

鍵を掛けた瞬間、隣のリビングの扉が、バタンッ!と派手な悲鳴を上げる。

どうやら奴が来た様だ。

内扉が施錠されている事に気付けば、太樹(タイキ)が隣の寝室にいる事にも気付く筈だ。

太樹(タイキ)の体が素早く動く。

チャンスは1度しか無い、急がねば!

wallpaper:3029

太樹(タイキ)が動く音を聞いて、奴が隣の部屋から出てくる音がする。

廊下に、ノイズがかった不快な声が木霊する。

nextpage

………ダ…ィィ……ギ…ヒイィイィィ…

…………タ…ィィ…ギ…イィイィィ…

nextpage

人の不安を煽る、嫌な声だ。

まるで壊れたレコーダーの様に、何度も何度も太樹(タイキ)の名前を繰り返している。

ゆっくりと、扉の前で立ち止まる。

気配は、中の太樹(タイキ)にも伝わっていた。

一気に緊張が膨れ上がる。

その瞬間が、刻一刻と迫っていた。

nextpage

…………イィィイィイィ……

蝶番の軋む音が、やたらと響く……

…………タ…ィィ…ギ…イィイィィ…

wallpaper:79

扉が……………………開かれた……!

狂気じみた“大樹(ヒロキ)”の目が、太樹(タイキ)を探して室内を見る。

……だが…………………………

wallpaper:3035

扉の正面には、室内に配置されていた鏡がある。

正確には、三面鏡のドレッサーだ。

その鏡面が一斉に、“大樹(ヒロキ)”の姿を映し出す。

wallpaper:79

アアァアァァア…… …………ィィ……ギ…ヒイィイィィ…!

室内に、狂ったノイズが響き渡る。

喉を掻き毟る様な仕草を見せて、“大樹(ヒロキ)”の姿が崩れ始めた。

……………ィィ…ギ…イィイィィ…アァァアァァア…………

“大樹(ヒロキ)”が溶けていく。

ボタリボタリと肉が落ち、床に染みとなって消えていく……

やがてそれは……ノイズの余韻を耳に残して、床の染みに変わった。

wallpaper:3021

沈黙の中、太樹(タイキ)は漸くベットの下から這い出してくる。

消滅をその目で見ていても、恐怖の余韻で出られなかったのだ。

後に残ったのは、どろどろに溶けた鏡面の三面鏡と、こちらもどろどろに溶けた男の水溜まりだけ。

「………………ビンゴ……だったか…」

呟く太樹(タイキ)の声が震える。

太樹(タイキ)を救ってくれた物……それはやっぱりあの走り書きった。

wallpaper:1009

沢山の者は『死』を憎む……そこには消滅しかない。

迷える者は神にすがれ……母なる者の掌(タナゴコロ)が、望みの物を抱く×

wallpaper:3024

この館のもう1つのルール、それが『沢山の者は『死』を憎む……そこには消滅しかない。』だ。

「3(サン)は4(シ)で消滅……単純で良かったんだよな~。」

それに気付いたのは、部屋に入って三面鏡を見付けた時だ。

コレを使えば、1つの空間に4人の人物を出現させる事が出来る。

鏡が有効なのかは分からなかったが、自分の姿が映らない様に、移動するのには随分、骨を折った。

nextpage

かなりの賭けではあったが、ずっと引っ掛かっていた、『何故、偽大樹(ヒロキ)は現れたのに、偽太樹(タイキ)は出て来ないのか?』という疑問も、スッキリした。

wallpaper:580

「あくまで3に拘る訳だ……という事は!今消した分、また違う3人目が現れるのか?!」

またしても時間が無い。

早く大樹(ヒロキ)と合流して此処を出なければ、3の無限ループに嵌まってしまう。

何だってこの夢は、俺をこんなに走らせるのか……?

……愚痴を言っても仕方がない。

涙目になりつつ、太樹(タイキ)はコレが最後とばかりに、全力で走り出した。

nextpage

wallpaper:607

階段を一気に駆け降りた太樹(タイキ)を、開け放たれた1階の小部屋が出迎える。

他の階の小部屋より、随分明るい……玄関がある証拠だ。

推理は見事に的中した様だが、大樹(ヒロキ)の姿が見当たらない。

小部屋が開いているという事は、大樹(ヒロキ)が鍵を手に入れて、開放したという事だ。

「大樹(ヒロキ)!!何処だ?!何処にいるっ!!」

大声で大樹(ヒロキ)を呼ぶ。

…………返事はない………………何かあったのか?

まだ右側の建物にいるのかと、小部屋に飛び込む。

wallpaper:2920

次の瞬間、玄関にあたる場所から、眩い光が射し込んできて太樹(タイキ)の体と意思を包み込んだ。

…………………………嗚呼……玄関を開放すると…………強制終了なのか……

光の中で、太樹(タイキ)は考える。

まるで下手なRPGのエンディングみたいだ……そんな思いを残して、太樹(タイキ)の意識は光に溶けていった。

nextpage

wallpaper:1073

「太樹(タイキ)!!太樹(タイキ)!!起きろよ!太樹(タイキ)!!」

目を覚ますと、見慣れた部屋の天井と、コレまた見慣れた双子の弟が、上から太樹(タイキ)を見下ろしている。

ぼんやりとする寝起きの頭が、現実の覚醒を拒否している。

「ウオオッ!起きたぁ!!心配させんな、バカ野郎~!!!」

涙目で吐き捨てる大樹(ヒロキ)を見て、やっと頭が回り出す。

どうやら、無事にミッションクリアの様だ。

「ああ……………お疲れ。」

最初に出た言葉に、大樹(ヒロキ)が目を白黒させる。

「…………………………は?何だ……それ?」

呟いて大樹(ヒロキ)が笑い出す。

爆笑のあまり、寝ている太樹(タイキ)に飛び乗ってくるから、太樹(タイキ)も堪った物ではない。

「おい、馬鹿、やめろ!大樹(ヒロキ)」

言いながら、大樹(ヒロキ)につられて笑い出す。

朝方の室内に、双子の馬鹿笑いが響き渡る。

nextpage

一頻り笑って、大樹(ヒロキ)が顔をあげた。

「……しかし、本当にビビったよ……漸く鍵を見付けて、玄関開いて『俺達!完全勝利!!』って思ったのに、太樹(タイキ)全然起きなくてよぉ!んで、漸く起きたと思ったら『お疲れ』って、何だそりゃ!」

おどけた口調で大樹(ヒロキ)がからかう。

それに応えて、太樹(タイキ)も負けてない。

「ああ?!何が『完全勝利!!』だよ、馬鹿!俺の事、置き去りにしやがって!こっちは1歩間違えりゃあ、死ぬとこだったんだぞ!!」

責めるつもりは毛頭無い、努めて明るい口調で反撃した……つもりだった。

しかし、どうやら失敗した様だ……大樹(ヒロキ)の笑顔が凍り付く。

「おい、気にするなよ!玄関開けたら強制終了何て、知らなかったんだから!先に戻っても、怒ってないって!」

慌ててフォローを入れるが、遅すぎた様だ。

大樹(ヒロキ)の笑顔が、完全に消えた。

「…………ウソだろ?」

泣き出しそうな声色で、大樹(ヒロキ)が、呟く。

「ウソじゃねーよ、俺は本当に気にしてなんk」

「俺達『一緒』に帰ってきたじゃねーか!!!」

大樹(ヒロキ)の絶叫に、今度は太樹(タイキ)が凍り付く。

wallpaper:3029

………イ…ィィ……ロォ…ヒイィイィィ…

…………ヒィ…ィィ…ロ…オキイィィ…

………………廊下でノイズの様な声がした……。

nextpage

Normal
閲覧数コメント怖い
82417
22
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

ご感想頂き、有難うございます。
ピノ様
嬉しい……本当に嬉しい葛藤を有難うございます!
そんな風に言ってもらえると、書いた甲斐があったと充実感が味わえます!
ハラハラとドキドキ(そしてちょっとの笑い)を、お届け出来て本当に良かったですw
『は~い、次回も頑張りますぅ』とか言いながら、ニヨニヨ笑う気持ち悪いオッサンですが(笑)、
これからも宜しくお付き合い下さい!

有難うございましたm(__)m

表示
ネタバレ注意

ご感想頂き、有難うございます。
mami様
この樹、何の樹、ヒロキの樹~♪(笑)
正解かな?あってるかな?………………まだあったらどうしようw
イジワルmami様には、負けないゾ!と必死でチェックしました(笑)
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!こっ恥ずかし~(/≧◇≦\)!!
良い歳のオッサンが、ゴロゴロと気色悪く悶絶しちゃいました(笑)
全編通して結構、誤字も多くて、衝動的に睡眠薬を「それ!イッキ!イッキ!」と飲み込んじゃいそうな自分がいます(笑)

いや、「ところで」待ちしてますよw
mami様の「ところで」が入って、怪談師の話は完成ですからね(笑)
本当に毎回、良く読み込んで頂いて、有り難過ぎて、嬉し過ぎてコメントのテンションまでおかしくなります(笑)

有難うございましたm(__)m

表示
ネタバレ注意

ご感想頂き、有難うございます。
ラグト様
謎解きを面白いと言って頂いて、有難うございます!
夢か?現か?と想像して頂けると、書いた本人はニラニラ笑いで喜びます(笑)
今回はいつもに増して、お叱りを受けるのではと心配し続けていたので、展開を好きだと言って頂いて、本当に嬉しいです。

有難うございましたm(__)m

ご感想頂き、有難うございます。
修行者様
何を仰るやら!!
修行者様には此方にご厄介になる様になってから、ずっっっとSpecial Sunkusでんがな(笑)
そうやって推理して頂けるだけでも、もっと言うなら読んで下さるだけでも、有り難き幸せでございますよ!
実は僕も謎解きは、解くのも作るのも大の苦手でして、この後編も『何じゃ、こりゃ?ここまで引っ張ってこのオチか!』と、お叱りを受けないかと、ハラハラしておりました。
『意味怖』が作れる方を心底リスペクト致します!←意味深にあえて書いてます参照:掲示板(笑)

有難うございましたm(__)m

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意