会いに来てくれた話。怖い話ではありません。

中編5
  • 表示切替
  • 使い方

会いに来てくれた話。怖い話ではありません。

それは3年前の11月1日だったと、はっきり覚えている。

separator

あの日、私は懐かしい人の夢を見た。小学校から中学校まで同じで、よくその男の子の家に友達と遊びに行ってた仲の良い男友達。そして、高校生の時に小学校から優しい彼が好きだった私から告白して、部活で忙しくて会えないよと断る彼を押しきり、3ヶ月だけ付き合った彼だった。

別れた理由は、結局お互いに忙しく、会ったのはたったの1度だけ。コンビニで待ち合わせをして、Mは自転車を押しながら色々話をして、少しだけ手を繋いで歩いた1度のデートだけだった。その後、お互いに連絡が減っていき、自然消滅した。

仮に名前をMとしておく。

separator

3年前の11月1日、私は夢を見た。

高校生の姿のMが夢の中で、少し寂しげに…そして、私の知っている優しい笑顔で私の前に立っていた。背を向けて歩きだしながら、こちらに振り向きつつ、手を振っていた。

M?どうしたの?何かあったの?と聞くと、Mは立ち止まって、少し考えた後にお母さんによろしく伝えて。とだけ残して、光のなかに消えていった。

separator

目を覚ますと朝だった。何か…とっても意味深な夢だったなーと考えていた。その日の昼だった。Mの妹さんから、某SNSを通して連絡が来た。

内容は…今も思い出すと虚無感に苛まれるのだが、「兄が亡くなりました。昨日の朝方~(ここは省略させていただきます)即死でした。これを同級生の方に伝えて頂けませんか?お葬式は10日になります。よろしくお願いします。」

nextpage

私はえ?え?えなんでMが?え?なんで?急いで小学校からの親友で、高校が変わっても、大学生になっても連絡を取り合っている、Mとも非常に仲が良かったYに電話を掛けた。

幾度かのコール音の後に、もしもし~?どうした~?とYがでた。

今、Mの妹さんから連絡が来て、Mが亡くなったって聞いたんだけど、Y聞いてる!?と勢いあまって早口で告げた。Yも、え?え?きてないけど…それマジ?え?Mが??ええ!?ちょっと確認してみる…とYは1度電話を切った。

それから一時間しないくらいで、Yからの電話がかかってきた。

「本当だった…M…死んじゃったんだ…プリンは葬式どうするん?」

「正直、悩む。…絶対辛いだろうし…でも、行かなきゃいけないとも思ってる。Y、一緒に行ってくれない?」こうしてYと待ち合わせをして、Mのお葬式に行くこととなった。

separator

想像以上に同級生が来ていた。

そのうちMのお母さんが出てきて、「最後のお別れをお願いします。」

皆列になり、一人ずつMが眠る棺に挨拶をしていく。私の前にYがいて、YがMの前から離れ、私の番になった。私の記憶の中のMよりも当たり前なのだが、大人になっていた。

懐かしいって気持ちと、まるで寝ているかのようなのに、もうあの頃は~なんて思い出話もできないんだという実感が襲ってきた。

そして、YとMのお母さんの前に行くと、目を真っ赤に腫らし、気力だけで立ってるような様子だった。遊びに幾度に、嫌な顔をせずに、たくさん遊んでって快く迎えてくれてたMのお母さんを思うと、なんて声をかけたら良いのか全くわからなかった。

「あらー!Yとプリンも来てくれたのね!ありがとう!!本当に…ありがとう…」って最初の無理な笑顔のあとに、涙ぐみながらありがとうと言われたことに、私も泣いてしまった。

separator

その後、滞りなく読経が終わり、Mのご家族と話をできる環境になった。Mのお母さんと妹さんは、一人一人別の部屋に移動してくるお客様の相手をしていた。

私とYがそこに行くと、Mのお母さんが抱き締めながら、

「本当に今日は来てくれてありがとう…Mも絶対喜んでる!小学校の時、いつも遊びに来てくれていた二人が来てくれて本当に嬉しい…」

私とYは、涙を流しながら、Mのお母さんの腕を掴むことしか出来なかった。

そこから少し昔の話をして、Yが他の友達の所に行ったときに、夢の話をした。

「実は…妹さんから連絡を頂く前の晩に、夢の中にMが出てきました。それまで1度もなかったのに…その夢の中で、Mは高校生の姿のままで、いつもの笑顔で手を振ってくれました。私が、どうしたの?何かあったの?と聞くと、少し考えた後に、お母さんによろしく伝えてってお願いされました。そしてMは光の中に消えてく夢を視ました。」

Mのお母さんは、

「そんな時まで人のことばっかり気にして…もう…本当に…プリンのところに行ったのね…実は、夢で見たのはプリンだけじゃなくて、おばさんのとこにも来たらしいの…母をよろしくお願いしますって頭を下げてお願いしに来たって。Mに何かあったのかと朝一番で連絡が来たのよ…」

かける言葉も見つからず、こんなときまで人の心配をするMを想って、Mのお母さんと静かに泣いていた。

妹さんが、大丈夫?とこっちに来た。そして、M のお母さんが、私の話を妹さんにも話した。

「もう…本当に…お兄ったら…」と泣き笑いしながら、私と付き合っていた時の、私が知らないMの話を聞かせてくれました。

「お兄は…プリンちゃんと付き合いだした頃、少し様子が変わって、私とお母さんはピンと来た!彼女でもできたの~?って聞くと、実は、プリンに告白されて悩んでるって教えてくれた。付き合ってみたら良いじゃん!!って、プリンちゃんのことはよく知ってるし、良いじゃない!って。それから3ヶ月経ったくらいに、連絡が来なくなっちゃったってお兄凹んでたよ~お兄から連絡してみたら?って言ったんだ。結局お兄は連絡出来なかったみたいだったけど、その後もプリンちゃんのこと気になってみたいで…他に彼女作らないまま…いっちゃった…」

separator

私は泣くことしか出来なかった。ごめん、M!ごめんなさい!!っいつのまにか声に出して泣いていた。

Mのお母さんと妹さんが、「短い間でも、Mは嬉しかったんだと思う!だからMは、プリンちゃんが心配で夢で会いに行ったんだよ…でも、光の中に行ったなら、お兄は思い残すことなくいけたってことだから…」と気を使わせてしまった…

いまだにMのことは忘れられないし、忘れたくないと思う。私とMのたった1度きりのデートは、いまだに脳裏に焼き付いている。

若くして亡くなったMが、静かに眠れることを心より願いながら…

終わり

Normal
閲覧数コメント怖い
4954
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

えぇ話や。゚( ゚இωஇ゚)゚。

怖いと言うより悲しいで怖いを押させてもらいむした( ´∩︎⌑︎・̥̥̥̥̥`)