短編2
  • 表示切替
  • 使い方

あの感触

私が小学5年生だった夏の夜のことでした。

 お盆休みも終わりの頃、母の実家に墓参りがてら、家族で帰省していました。

 お祖母ちゃん家の一室に、父、母、私の三人は川の字に並んだ布団の真ん中が私、右手に父、左手に母の並びで眠りにつきました。

 田舎の夜はとても静かで、外から聴こえるのは、コオロギの音だけです。

 虫の音を子守唄に聴きながら眠っていた私は、唐突に意識だけが覚醒し、何故か自分の左腕がスッと上がっていきました。

 ちょうど垂直まで上がりきった途端、私の左手が何かを掴みました。

 脂ぎった人の首のような感触でした。

 グイグイと私に近付こうと迫るソレに、左手一本で抗う私。

 物凄い力でしたが、私も考えられない力で抵抗していました。

 咄嗟に『コレを見てはいけない』と思った私は、固く目を閉じて視界を封じます。

 私は恐怖の中で、亡くなったお祖父ちゃんを思い出し、頭の中でお祖父ちゃんに助けを求めました。

 『お祖父ちゃん……助けて……』

 必死の懇願をしていると、私の右手が拳を握り、物凄いスピードで右フックを繰り出しました。

 拳に髪の毛の「ジャリッ」とした感触が伝わった瞬間、フッと何かは消えました。

 恐る恐る目を開くと、両手は上がったまま、固まっていました。

 そのまま茫然としていた私は、体に違和感を感じます。

 体の腰から爪先までが熱くなっていたのです。

 薄手のタオルケット1枚を腹部に掛けただけだったにもかかわらず、爪先まで熱を持った下半身に、オネショしたかとハッとして触ってみましたが、汗すらかいていませんでした。

 今さっき起こった不可解な現象に怖くなった私は、父にピッタリとくっつき、朝まで震えていたことは、言うまでもありません。

 アレが何だったのか……。

 今でも分かりません。

Concrete
コメント怖い
17
52
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信