中編3
  • 表示切替
  • 使い方

二本の白い素足

新しいジーンズが欲しいなあと日曜日に、郊外にあるとあるショッピングモールに行ったんだ

nextpage

日曜日ということもあり、広い館内は結構人が歩いていたね

アパレルコーナーのある二階にエスカレーターで上がり、デイリーなカジュアルウェアを扱う店に入る

衣替えの季節ということもあり、モダンな店内は混み合っていたよ

冬用の上着を2着、ジーンズを2本、かごに入れると、奥にある試着室に進む

試着用の個室は4つ並んでいるのだが、案の定その全てが使用中だった

手前の方に立ち、空くのを待つ

nextpage

暇だから何とはなしに、それぞれの個室を眺めているときだった

ある光景を見た瞬間、変な違和感を感じた

一番手前にある個室のカーテンの下の隙間から二本の白い足が見えているんだけど、それがこちらを向いているんだ

普通、試着室に入った人というのは、奥の姿見の方を向いているはずなのだが、反対なんだ

何をするわけでもなく、白いカーテンのすぐ向こうで、ただじっと立っている

nextpage

─何をしているんだ、この人は?

nextpage

隙間から見える白い足から、どうやら女性のようだ

nextpage

やがて一ヶ所空いた

そこは手前から二番目、つまり件の個室の左隣である

かごを持って、その個室に入った

ウェストに一番合ったジーンズを履き、店員を呼ぶ

裾を折り曲げてもらい仮止めしてもらうと、脱ぎ、そのジーンズをかごに入れて、個室を出る

裾上げのために、補正カウンターにジーンズを持っていくのだ

出る時、ちらりと横目で例の個室を見た

nextpage

─え?あり得ないだろう、、、

nextpage

ぞくりと背中に冷たい何かが走る

というのは、普通カーテンにあれだけ近づいていると、うっすら顔かたちくらいは透けて見えるはずなのだが、何も見えないのだ

影さえも、、、

だが下を見ると、二本の白い素足だけはきちんと並んでいる

俺は頭を振りながら急いでカウンターにジーンズを渡し、引換券を受けとると、店を出た

separator

裾上げまで30分かかるようなので、1階に降りてレストラン街に行き、パスタの店に入る

サービスランチを平らげたら、いい時間になったので、ジーンズを受け取りに、さっきの店に

戻った

補正カウンターに引換券を渡す

店員が対応している間に、何気なくさっきの試着室に目をやる

カーテンは開いており、人の姿はなかった

俺は商品を受け取ると、店を出て、ショッピングモールを後にした

nextpage

車で自宅のマンションへと走る

駐車場に到着したときは、夕方になっていた

エントランスを通り、エレベーターに乗ると、4階で降りる

渡り廊下を歩き自宅玄関の前に立つと、鍵を開けて中に入った

誰もいない薄暗い廊下を歩き、奥にあるリビングに入り、荷物を下ろす

ドスンとソファに座って一息ついて、何気なくベランダの窓の方を見た時だ

nextpage

─え!?

nextpage

喉の裏に激しい心臓の鼓動を感じる

nextpage

ぴったりと閉じられた背丈ほどのカーテンの下に、きちんと並んだ二本の白い素足があった

nextpage

Fin

separator

Presented by Nekojiro

Concrete
コメント怖い
6
10
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

@NAZUNA 様
怖いことが、コメント ありがとうございます
私個人としては本作品のような、ありきたりの日常の中にさらりと現れる理解不能なことというのが、一番怖いと思います
もちろんおっしゃるように、異性の霊が憑いてきた、というのも怖いのですが、そんなことでは全くなくて、ただ付いてきた、というのも、怖いですね

返信

怖いですね。自分の存在に気づいてくれたからついてきたのでしょうか?
異性の幽霊が付いてくる=好意って聞いたのでお気を付けください。

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

@悪い人-bad parson 様
怖いポチ、コメント ありがとうございます
その後のことは、いろいろ考えて楽しんでください

返信
表示
ネタバレ注意
返信