中編4
  • 表示切替
  • 使い方

近づいてくる足音

「はぁ、はぁ、はぁ、、、」

nextpage

─ザッ、ザッ、ザッ、、、

nextpage

吐く息と土を踏みしめる音だけが、やけに耳に響く

separator

私は山道を歩いている

nextpage

特にそのような趣味があるわけではない

いや山歩きなどは、30年間の人生でほとんどやったことがない

ではどうしてこの大事な休みの日に、わざわざ車で乗り付けて、このような山道を歩いているのか?

nextpage

実は今日は、山好きだった親友S の命日だからだ

nextpage

「命日」というと、身内の方から怒られるかもしれない

正確には大学時代の親友S がこのM 山で遭難した日だ

私の家から車で北へ1時間のM 山は登山をする連中にとっては、まあまあメジャーな山らしい

nextpage

ちょうど10年前のこの日

S は一人でこの山に登り、二度と戻ってくることはなかった

警察や地元の消防団も懸命に捜索したのだが、靴一つも見つからなかったそうだ

nextpage

今日は彼への供養のために朝早くから起きてM 山に来ているのだ

S が消えて10年も過ぎてから、なぜ今さらこの山に登るのか?

nextpage

実は1週間前のこと、、、

S が私の夢枕に立ち、こう言ったのだ

nextpage

「みんな、俺を見捨ててしまった

お前までそうなのか?

もしお前にまだ俺の記憶が残っているのなら、会いに来てくれないか?」

nextpage

背中のリュックには水筒とタオルとパン、献花、そしてポケットには小型の送信機が入っている

まあ、ないとは思うが、万が一遭難したときのためだ

nextpage

私が今歩いているルートは、どちらかというと一般向けのハイキングコースだ

そんな緩いコースであっても、山に疎い私にとっては結構キツく、日頃の運動不足を痛感している

separator

車一台がギリギリ通れるくらいの砂利道を、ひたすら歩き続ける

nextpage

道の両側には鬱蒼とした山林が広がっている

ハイキングコースはいくつかあるようなのだが、私が歩いているこのコースはあまり利用されていないそうだ

それなのにどうしてこのコースを選んだかというと、終点にある広場にS の慰霊碑があるのだ

nextpage

疲れてきたから、道端の切り株に腰をおろしリュックから水筒を出して、水を飲んだ

心地よい冷えが胸の奥を通り過ぎる

ひんやりとした風が一つ、通り過ぎていった

見上げると、雲一つない澄みきった秋空が広がっている

nextpage

─静かだ、、、

nextpage

たまに聞こえてくるのは、名も知らない鳥の鳴き声と、風で揺れる枝の音くらい

separator

S は豪放磊落という言葉がぴったりの男だった

大学では同じ学部で、登山サークルの部長だった

そんなに背は高くはなかったのだが、日に焼けており、がっちりとした体格をしていて、物事を明確にしたがる、いわゆる竹を割ったような性格をしていた

キャンパスを一緒に歩いているときとか、あの有名な山の歌をいきなり唄いだしたりして、隣にいた私は辟易していた記憶がある

nextpage

回想から現実に戻りふと足元に目をやったとき、目を剥いた

いつの間にかうねうねと白い霧が蠢いているのだ

nextpage

─え?なんで?

nextpage

辺りを見渡すと不思議なことに、さっきまで当たり前にあった砂利道がきれいに消え、白い霧が一面を覆い尽くして波のように漂っている

まるでグリム童話の一節のような、幻想的な情景だ

nextpage

─急がないと、、、

nextpage

立ち上がり、再び歩き始めたその時だった

nextpage

─ザッ、ザッ、ザッ、ザッ、ザッ、、、

nextpage

土を踏みしめる規則的な足音が、後ろの方から聞こえてくる

思わず、振り返る

だが見えるのは腰高に漂う白い霧と鬱蒼とした山林だけで、人影らしきものはない

私は首を傾げながら、また歩き始めた

すると、

nextpage

─ザッ、ザッ、ザッ、ザッ、ザッ、、、

nextpage

また、聞こえてきた

再び立ち止まり、振り返る

誰もいない

だが不思議なことに、足音だけは聞こえてくる

nextpage

─ザッ、ザッ、ザッ、ザッ、ザッ、、、

nextpage

足音はすぐそばまで近づいてきているようだ

だが背後には人影らしきものは見えない

nextpage

私は本能的に身構えた

nextpage

心臓の鼓動をはっきり感じる、、、

nextpage

額から頬に生暖かい汗がつたい、顎先から流れ落ちた、、、

nextpage

足音が真後ろくらいまで近づいたその後だった

気配を感じてなにげに右を見ると、誰か人が立っている

霧のせいで腰から下は見えないのだが、チェック柄の厚手のシャツに日焼けした丸顔

背中には、大きめなリュックを背負っている

nextpage

「S なのか?」

nextpage

勇気を振り絞り、尋ねてみた

nextpage

男は一旦立ち止まり、虚ろな目でチラリと私に目をやり、また前を向くと、低い声で歌を口ずさみながら、歩き始めた

nextpage

「ゆーきーよぉ、いーわーよぉ、われらーが」

nextpage

私は咄嗟にポケットから準備していた小型の送信機を出すと、S のリュックのポケットに突っ込んだ

nextpage

あの懐かしい山の歌が少しずつ遠退いていく

そしてやがてS の背中は、白い霧の彼方に消えていった、、、

separator

不思議なことにS の姿が消えて間もなくして、霧は晴れた

nextpage

私は再び歩き始め、終点の広場に着くと、準備していた献花をS の慰霊碑に捧げた

その後下山すると、地元の駐在所に駆け込み、そこにいた初老の巡査に、さっき起こったことを話した

初めのうち巡査は信用してくれなかったのだが、あまりに私が真剣な様子だったからか、最後は私の要望を聞き入れてくれた

nextpage

それから3日後のこと、、、

S の白骨化した遺体が発見された

M 山の中腹の急斜面に生えた大木のそばで、、

nextpage

発見が出来たのは、私がS のリュックに仕込んだ小型の送信機のおかげだった

nextpage

─どうして、あなたの送信機が、S さんのリュックに入っていたのでしょうか?

nextpage

何度となく警察の人間に尋ねられた

私はその都度、説明したのだが、最後まで納得した様子ではなかった

nextpage

Fin

separator

Presented by Nekojiro

Concrete
コメント怖い
2
11
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信