長編11
  • 表示切替
  • 使い方

人面瘡

wallpaper:2904

この話は、

フィクションだと思って読んで頂けると、

有難いです。

その方が、もしかしたら今でも、

苦しみながらも生きているのかも知れませんので。

separator

忘れもしません。

私が、中学校 1年生の時の話です。

私のクラスメートに、

T君と言う男の子がいました。

彼のお兄さんは、

高校を中退し、悪い連中とつるんでいる、

そんな人でした。

そんな影響もあったのか、

彼自身も、やんちゃと言うか、

すごく近づき難い雰囲気でした。

先生からの呼び出しは、当たり前ですし、

その態度も、非常に悪かったそうです。

T君は、いつも子分を従えてましたが、

その子分も、ただ、従うばかり。

実は、私とT君とは、ご近所で、

昔から、T君の母親は私の母と仲が良く、

何かあると、T君やその兄の事を、

母に相談をしている、そんな仲だったそうです。

事実、私も小さい頃から、T君と仲良く遊んでいましたし、

今となっても、クラスメートの中では、

T君に近い存在でした。

何よりも、恥ずかしい話、

小さい頃から、T君の事が好きだったので。

周りがいくら怖がっていても、

クラスで浮いた存在でも、

幼なじみで、昔からのT君を知っていますから、ちっとも怖くなく、

いつも、余計なお世話を焼いていました。

separator

ある日の下校中、私は道の向こうに、

T君と子分がいることに気が付きました。

私は声を掛けようとしました。

「 Tく、、、

突然、T君の声が耳に入って来ました。

「 おぃ、カラス、お供え物食べたいんか?

食わしてやろうか?」

私は、えっ?と思い、じっと見ていました。

T君が、お地蔵さんに止まっているカラスに向かって石を投げました。

しかし、石は、カラスではなく、

お地蔵さんに当たり、それがT君の方へ、

跳ね返りました。

カラスは、バサッバサッと、逃げて行きました。

T君が急に、

「 痛ぇーっ !」と。

跳ね返った石が、T君に当たったらしく、

T君は左顔を押さえています。

「 痛ってぇーなぁ、何しやがるんやっ! 」

T君は怒り狂い、子分が抑えても無駄で、

彼は、腹いせにお地蔵さんを蹴り続けてました。

私は走り出しました。

そして、

「 T君っ!!

こんな事したら、バチあたるよっ!! 」

と、T君を突き飛ばしました。

「 K (私の事です)、何すんやっ!」と言いながらも、

「 T 、、、左の頬っぺたから、血ぃ出とるし、

手当てした方が、良いんやないか? 」と、

子分の1人が説得して、

分かったわ、、、と、T君が呟き、

そして、みんなその場を去って行きました。

私は、

( お地蔵さんに、こんな事、、、)

と、ドキドキし、

お地蔵さんの前にしゃがんで、手を合わせました。

( お地蔵さん、ごめんなさい。許して下さい )

そして顔を上げた時です。

( 、、、!!

えっ!?

お地蔵さんの顔の左側が、無い、んか?

欠けちゃったんけ、、、? )

ヤバいと思い、

欠片を探しましたが見つかりません。

暗くなるまで、そこに落ちてた色んな石を

合わせてみましたが、上手く行きません。

( どうしようか、、、)

と、思いながらも、辺りは暗くなってきてしまい、

私は、明日また探そうと、家に帰りました。

かなり気にはなっていたのですが。

separator

翌日、T君は、

左目の下に絆創膏を貼って登校して来ました。

みんなは ( また、喧嘩じゃない? )と、

話していましたが、

私は理由を知っていたので、何だか焦りました。

帰り道、お地蔵さんの所へ行きましたが、

やはり、左の頬に合う欠片は、見つかりませんでした。

その次の日、T君はいつものように学校に来ましたが、

傷が痛そうでした。

その次の次の日、T君の絆創膏は、

ガーゼに変わっていました。

しかし、痛そうなのには変わりありませんでした。

1週間も経たない内に、

とうとう、T君のガーゼは、左顔全体を覆っていました。

( えっ!? 大丈夫なん?)

私は思いました。

T君と話したくて、

そして、あれから、

お地蔵さんの左頬の欠片を探していると言いたくて、T君を、探しました。

すると子分が、私に気付いたのか、

「 Tなら、裏庭におるわ、、、」

と、何だか変な雰囲気が漂う中、教えてくれました。

私が、裏庭に向かおうとした時、

「 おぃ、あんま関わらん方がいいぞ 」

と、子分に言われましたが、

私は、何故か分かりませんが、段々と腹が立って来て、一目散に裏庭に行き、T君に言いました。

「 あんた!

自分が何したか、分かっとるんかっ!!」

T君は黙っていました。

しばらく沈黙が続き、私は焦りまして、

「どしたん、、、」

と、そっと隣に座り、静かに聞きました。

すると、T君がこっちを見て、言いました。

「なぁ、、、

オレの左側って、どうなっとるん?

おかんが、鏡、見せてくれんのや、家中の鏡も全部無くなっとるし、、、

何でやっ!? って、聞いてみても、

おかん、泣き出すし、、、

でも、オレにしてみたら、そんなん意味が分からんやろ!?

そんな事されたら、余計に気になるやろ?

学校のトイレで見ようとしたんやけど、

左目がよく見えんのや、

やし、右目で見ようとすれんけど、うまく見えんし、、、

しかも、誰か来たらイヤやし、、、」

( えっ?

そんな事があったんか、、、)

私は、一瞬、戸惑いましたが、

「 ほんなら、私が見てあげるわ、

ガーゼ、外すしね 」

と言い、T君の左の頬を覆っているガーゼを、そっと外しました。

( 、、、これは、一体、、、 )

T君の傷は、かなり膿んでおり、

骨が露出してるらしく、

傷口は、大きく膨れて開き、

あたかも口を開いているような形でした。

周囲は薄赤く唇のようで、

それは、血がほとばしっているかの様に見えました。

( えっ、、、?

これって、口、、、なん、か?

その上にある傷の、膿が開いとるのって、

目、、、なんやろうか、

2つあるし、な、、、

何か、中も赤いし、目玉なんか、な、、、)

それで、余計に

その膿と言うか、、、傷が、、、

人?の顔に見えてしまいました。

( こんなん、もう顔やん、、、!

T君の左側に、

もう1つ、、、顔が、あるん、、、!?)

T君が、イライラして、

「どうなんや?」と、

私に聞く度に、膿の口も動きます。

( あぁ、、、まあ、同じ顔の皮膚やしな )

と、内心ドキドキしながらも、

自分を落ち着かせましたが、

正直、私は、膿だらけの傷の顔らしきものから、

目が離せませんでした。

すると、

遠くからだけど、近くの耳元で、声が聞こえた気がします。

、、、、ねぇ、、、、

、、左側は、貰う、、から、、ね、、、

、、、、、、、、、ね、、、

私は一瞬、耳を疑いました。

ゾクッとしました。

しかし、

T君を同様させてはいけないと思い、

だいぶ、声が上擦っていたと思いますが、

「大した事、無さそうやけど、

あんた、ちゃんと、おばちゃんに消毒してもらわんと、ダメやよ!」

と言って、そっとガーゼを元に戻しました。

separator

その後、私は、

T君の頬の傷が、顔に見えた事が、

気になってしまって、闇雲に色々と調べました。

すると、

『 人面瘡 』と言う、言葉に辿り着きました。

" 体の一部などに付いた傷が化膿し、

人の顔のようなものができ、話をしたり、物を食べたりするとされる架空の病気。

薬あるいは、毒を食べさせると療治するとされる。"

と、書いてありました。

私は、実際に、T君の傷を見ましたので、

架空の病気では無いと思いました。

その原因は多説あるそうで、

寄生虫説や、恨みから来ると言う説、、、。

その時の私にしたら、

正直、どうしたらT君が助かるのか、分かりませんでした。

separator

そのうち、T君は学校を休み始めました。

クラスの噂は、

「暴走族に入って、刑務所におるんやろ」

とか、色々と飛び交いましたが、

私はずっと、何故だか、お地蔵さんの事が、

頭から離れませんでした。

あれからも、何度かお地蔵さんの欠片を探しに行きましたが、見つからずじまいでした。

そして、

ある日突然、母から、T君が入院したと聞きました。

私は、お見舞いに行きたいと言って、病院に行きました。

T君の入院している病院へ。

separator

ナースセンターの人に言いました。

「 T君のお見舞いに来たのですが、、、」

「 あぁ、はいはい、、、

えっーと、402号室ですよ、

あっ、鏡は持ってないですよね? 」

と言われ、

「、、、? はい、、、」と答えると、

402号室に向かいました。

ドアを、コンッ、コンッ、とノックしました。

「 はい、、、」

あまり元気の無い返事が、帰って来ました。

私は、ガラッとドアを開け、

「 T君!!

お見舞いに来てん!

びっくりしたやろ?

クッキー持って来たんや、食べれるやろ?」

と、精一杯の笑顔で言いました。

しかし、そこには、

左顔を包帯でグルグルに巻かれたT君が、

ベッドに横たわっていました。

私は一瞬、言葉を失いましたが、

「 T君!

わざわざ、お見舞いに来てんよ!

大丈夫なんやろ!

早く学校、戻って来てや!」

と、その場のイヤな雰囲気を、かき消すかの様に、

強い口調で言ってみたのですが、

T君は、黙ったままです。

私は、ベッドの横のイスに座りました。

separator

どれだけの沈黙が続いたのか。

彼が急に、キレ出しました。

「 そうや!!

オレがあの地蔵を、蹴り飛ばしたからやろ!?

やから、オレの顔の左側も、変になったんやろうがっ!!」

私は、黙っていました。

すると彼は、暫くして、ポツリと話し出しました。

「 、、、1人でおるとな、、、

誰かが喋っとるんや、、、

オレの左耳のとこで、、、

何を喋っとるんかも分からんし、、、

気持ち悪いやろ?

もう、訳分からんようになってきて。

オレ、頭、おかしくなったんかなぁ、、、」

そして、T君は軽く笑いました。

少し間が空いて、T君が、半泣きで言い出しました。

「明日、手術するらしいんや、

オレの顔の、変な所を取るんやと、、、

そしたら、、、

オレの顔、無くなるやろ、、、」

彼は泣き崩れていました。

彼が泣いたのを初めて見ました。

私は、彼をそっと抱きしめて、

「 私が、絶対に、そんな事させんから 」

と、一気に走り出しました。

お地蔵さんの所へ。

separator

( なんで、欠片が無いんやろうか、、、)

それが、1番の疑問点でした。

あれから毎日の様に、落ちている石の欠片を、いくら合わせようとしても、

お地蔵さんの顔は、合わないんです。

2、3個、繋げてみても。

(なんでやろ、なんでやろ、、、)

と、考えているうちに、

あっ!

と気付きました。

あの時に、T君に跳ね返った石は、

T君が投げた石じゃなくて、

お地蔵さんの左の頬の、欠けた石なんじゃないかって。

そしたら、T君に当たった欠片は、、、

すぐに、T君の家に行きました。

T君のおばさんは、

「Kちゃん、急にどうしたん?

おばちゃん、これから病院に、、、

と、びっくりしてましたが、

私は「おばちゃん、失礼します」と、

T君の部屋に向かいました。

ドアを開け、グルグル部屋を見渡し、

そして、見つけました。

T君の学ランです。

すぐに、胸ポケット、両脇のポケットを調べました。

、、、っ!!

ありました、、、

T君の、両脇のポケットの左側に、石の欠片を。

私はすぐに、お地蔵さんの所へ向かいました。

走りました。

勢い余って、転けそうになっても、

走りました。

( この欠片が、合うか合わんか、分からんけど、、、)

そして、お地蔵さんの前まで来ました。

かなり、ドキドキしています。

(欠片が合わんかったら、どうしようか?)

震える手で、

お地蔵さんの、欠けてる左の頬に、

私が持っている欠片を当てはめてみました。

あっ、、、!!

ピッタリ当てはまります。

私は、急いで、

持って来たセロハンテープで、

その欠片と、お地蔵さんの左の頬を、ピッタリとくっつけました。何重にも。

そして、お地蔵さんに、手を合わせて、言いました。

「お地蔵さん、本当にごめんなさい。

でも、ちゃんと左の頬は返しましたから、

T君を助けて下さい、、、

T君が良くなったら、彼にも謝らせに来ますから、、、」

暫く、手を合わせていた気がします

separator

次の日、やはり、T君の手術が行われたそうで.

母からは、

「T君、手術、上手くいったんやって!

良かったねぇー」

と、聞かされました。

私は内心、ホッとしました。

( 明日、お地蔵さんに、お礼言いに行かんと!)

そう思いながら、その日は、

久しぶりに、安心して眠る事ができました。

separator

次の日、私は、お礼を言う為に、

お地蔵さんの所へ向かいました。

しゃがんで、手を合わせて、

「T君を助けてくれて、ありがとうございました」

そして、笑顔でお地蔵さんを見ました。

、、、

、、、、、、

、、、私は 、、、、、、

、、、、、、

お地蔵さんの、左の頬にくっつけた欠片が、

取れています。

下には、セロハンテープにくっついた欠片が、落ちていました。

私は、、、

私は、、、

私は、

自分で自分を、何度も責めました。

(なんで、、、

なんで、セロハンテープなんかで、、、)

涙で滲んで、よく見えない手で、

何度も、何度も、欠片をくっつけようとしました。

( くっつけよ、、、!くっつけよっ!!

お願いやし、元に戻ってや、、、)

ボロボロ泣きながら、くっつけ続けました。

そしてお地蔵さんの前で、泣き続けました。

separator

その後、

T君の家族は、引っ越していきました。

何故、急に、T君の家が急に引っ越したのかは、

私の母も知りませんでした。

もう、2度と会う事も無いのだろうと、

悲しさで一杯でしたが、

それと同時に、T君に対しての後悔の念も強く残りました。

( T君、ごめん、、、

お地蔵さんの顔、

上手く、くっつけられんかったわ、、、) と。

separator

それから何年も経ち、

大人になって、知った事があります。

『 シミュラクラ現象 』

と、言うものです。

シミュラクラ現象とは、人間の目には、

3つの点が集まった図形を、

人の顔と見るようにプログラムされている、という脳の働きだそうで、

類像現象と言われてるみたいです。

果たして、

私が見た、T君の顔の傷の膿は、

『 シミュラクラ現象 』だったのでしょうか、

T君が、左耳から聞こえていた声は、

不安から来る、ただの錯覚だったのでしょうか?

今となっては、知る術もありません。

あの事件の後は、

私も、T君の子分も、そのお地蔵さんに、

近づかなくなってしまいましたし、

噂も広まり、学校の生徒も近づかなくなってしまいました。

後から聞いた話によると、

それから何年も経たない内に、マンションを建てると言う事で、

そのお地蔵さんも、

よその場所に移されたらしいです。

私は、

T君が昔のように、

今でも元気でいる事を、願わずにはいられませんが、

しかし、たまに思うのです。

あのお地蔵さんは、綺麗な顔に作り直してもらえたのだろうか、と。

それとも、

今でも、左頬が欠けているのだろうかと。

Concrete
コメント怖い
2
10
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信

やはり罰当たりなことは、してはいけないね。

返信