短編2
  • 表示切替
  • 使い方

りんごのきもち

りんごはなんにもいはないけれど

りんごのきもちはよくわかる

nextpage

誰が歌っていたのだろうか、、、

nextpage

昭和の頃に一世を風靡した歌謡曲

まだ子どもの頃、母が薄暗い台所でりんごを剥きながら、よく口ずさんでいたものだ

nextpage

それを聞くたび、ひねくれ者のわたしは「りんごの気持ち」なんか分かるはずないのにと心の中で突っ込んでいたっけ

separator

クラスメイトは皆帰り、窓からは朱色の陽光が射し込む夕暮れ時の教室

窓際の机を挟んで、私と担任の大島は向かい合っていた

nextpage

「誰にでも出来心というものはあるものだ

先生は決して怒らない

怒らないから、正直に言ってくれ」

nextpage

とつとつと語る大島の顔はどこかぎこちなかった

nextpage

─違う、、、違う、、、私じゃない

nextpage

私は懸命に心の中で叫び続けていた

separator

今日は給食費の提出日だった

nextpage

放課後担任に一人づつ手渡すのだが、生徒の何人かが給食費の袋が無くなっている、と騒ぎだした

教室内が騒然とする中、大島は「取り敢えず今日は家に帰りなさい」と皆に言った

nextpage

だが、なぜか私だけは居残りを命じられた

nextpage

確かにうちは母子家庭でもあったし、裕福ではない

高校に上がってからの私は何もかもが嫌になって、学校をサボり、ゲームセンターで遊んだり、タバコを吸ったりして、補導されたこともある

だけど、、、だけど、人のお金を盗ったりしたことは一度もない

nextpage

何を言っても黙りこむ私に、とうとう大島は諦めたのか、一回大きくため息をついて立ち上がる

そして去り際に独り言のようにこう呟いたのを、私は聞き逃さなかった

nextpage

─腐ったりんごが、、、

nextpage

幾日もの風雪に耐えて育ったりんごが、ちょっとした自然のいたずらで枝から落ちて傷付き、売り物にならなくなり、簡単に捨てられるということをふと思い出した

nextpage

そして今ようやく母が口ずさんでいたあの歌の「りんごの気持ち」とやらが分かったような気がする

nextpage

でも、もう遅かった、、、

nextpage

風圧で瞼も開けられないくらいの猛スピードで落ちる私の目前には既に、駐輪場の灰色の屋根が迫ってきていた

nextpage

Fin

separator

Presented by Nekojiro

Concrete
コメント怖い
14
12
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

「りんごは何も言わない」と言いますが、言ってもわかってもらえないのは辛いですよね。
最後、目前に迫ってきたのが地面ではなかったということは、彼女が二重の意味で救われる未来が待っていることの暗示だとよいのですが。

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信