中編6
  • 表示切替
  • 使い方

深夜のDVD 上映会

これは先日、俺のマンションの部屋で友人と、DVD 上映会をしたときの話だ

separator

例のウイルスの影響で大学が当分の間、休講ということになってしまったので、暇を持て余した俺は、同じ学部の友人を三人呼んで、マンションの部屋でDVD 上映会をやることにしたんだ

といっても普通の映画とかではなく、ジャンルで言うと、いわゆる心霊投稿もの

よくある一般の人が携帯とかで撮ったものに霊が映っていたというやつだ

まあ恐らくは、ほとんどがヤラセだと思うけどね

nextpage

ただこの上映会にはもう一つ、怖いもの好きな友人たちが集まる理由があった

それは俺のマンションが事故物件だということ

超現実主義の俺にとっては事故物件とかは全くノープロブレムで絶好の居住対象だった

友人たちとしては何か不思議な心霊現象とか起こるのでは?と、期待があったようだ

不動産の営業曰くは、以前住んでいた若い女性がロフトの上で練炭自殺をしたということだったが、大学まで徒歩3分、賃料は破格というこの物件に、俺は迷わず飛び付いたのだ

nextpage

深夜、ロフト付きワンルームの部屋の隅に置かれた大型液晶テレビの前に俺たちは並び、酒やジュースを片手にビデオを観ていた

場を盛り上げるために、部屋の電気は消した

nextpage

フローリングの床にクッションを置いて、左から、俺、アケミ、ユカ、ユウジという風に座っていた

アケミとユカは友人どうしで、ユカはちょっと太めの普通の女子大生、アケミは何考えているのか、よく分からない不思議ちゃんとかいうやつ

俺はどちらかというと読書とかが好きなインドア派で、対してユウジはバイクとかが好きなアウトドア派だ

DVD の内容は予想はしていたんだが、やはり、ありきたりのヤラセっぽい代物だった

nextpage

最初のやつは、

地元に帰った男が久しぶりに会った旧友と一緒に深夜、地元では噂のある曰く付きの廃墟を探索するものだった

二人は懐中電灯を照らしながら、恐々と荒れ果てた建物の中を進んで行き、途中風呂場らしきところに入ると、奇妙な音が聞こえる

不振に思った男が懐中電灯でバスタブの中を照らすと、排水口の辺りに一瞬、長い髪の女の首が映る

nextpage

次のは、

とある有名な滝壺を背景に、カップルがお互いの写真を撮っているところから始まった

吊り橋の上でふざけあいながら、二人携帯で適当にあちこち写真を撮っていると突然、彼女の方が叫びだす

彼氏が驚いて駆け寄ると、青ざめた顔をしながら、彼女が滝壺の方を指差す

見ると、ドウドウと落ちる滝の横手にある小さな鳥居の傍らに、鎧兜に身を包んだ落武者の姿があった

nextpage

まあビデオはこんな内容で進んでいて、案の定、肝心の場面になると皆、ワーワーキャーキャー悲鳴を上げていて結構盛り上がっていたんだけど、少し妙なことに気がついた

というのはアケミなんだけど、皆が驚いてるところとは全然違うところで悲鳴を上げるんだ

そう、まだ話の始まった辺りの場面とかの、えっ、ここ?というところで、いきなりウワッとかキャッとか、、、

それには俺たちも違和感を感じだしていた

そしていよいよ最後のエピソードが始まった

nextpage

これはネットでも有名な、とある廃トンネルに深夜、四人の若者が入って行くというものだった

トンネルの入口に車を停めて、四人は各々片手に携帯、片手に懐中電灯を携えて歩きだした

侵入禁止の柵を乗り越えて中に入る

先頭に二人、その後ろに二人が続き、進んでいく

nextpage

そこで突然アケミがキャッ!と叫んだ

ユウジとユカが、またかという白けた感じで彼女を見る

nextpage

それから場面はどんどん展開していって、いよいよトンネルの天井に苦しげな男の顔が一瞬見えたとき、ユカが悲鳴を上げて身体を縮めていた

separator

DVD が終わった後は皆で感想とかを互いに言い合っていた

俺はせっかくの雰囲気を壊したくなくて、テレビと照明は消したままにしていた

テレビはDVD が終了したので、真っ暗になっていたんだけど、そこからの若干の光で、俺たち周辺への良い間接照明のようになっていたようだ

nextpage

「俺はやっぱり始めの方の、バスタブの排水口にあった女の首が一番怖かったなあ」

nextpage

ユウジが少し興奮した様子で言うと、隣のユカが、

nextpage

「いや私は、最後のトンネルが怖かった〰️」

nextpage

と、身体を震わせる

nextpage

ひとしきり盛り上がった後に、ユウジがアケミの方を見ながら言った

nextpage

「ところでアケミさあ、お前、時々変なところで、悲鳴上げてたけど、あれって、何か見えてたの?」

nextpage

いきなり突っ込まれたアケミは少し戸惑った様子を見せながらも、口を開いた

nextpage

「いや、私の見間違いかもしれないけど、何度かおかしなのが視界に入ったんだ」

nextpage

「おかしなの?」

nextpage

俺が尋ねる

nextpage

「うん、、、だいたい画面右上の方だったんだけど、女の人の顔」

nextpage

「うわ、こわ!」

nextpage

隣に座るユカが声を出す

nextpage

「でしょ、、、それが不思議なことに、いつも同じような顔で、、、」

nextpage

「どんな、どんな?」

nextpage

ユカが興味津々に尋ねる

nextpage

「一瞬だったから、よく分からなかったんだけど、結構若かったと思う

でも何かすごく悲しそうな顔だった」

nextpage

「キャー!こわ!」

nextpage

大げさに悲鳴をあげるユカ

すると、しばらく腕組みをしていたユウジが言った

nextpage

「いや、それ、ちょっとおかしくないか」

nextpage

皆が同時にユウジの方を向く

nextpage

「だって、それぞれの投稿は全く別物なんだから、同じ女の顔が同じところに映ってたなんて、おかしくないか?」

nextpage

「いやアケミも一瞬見ただけだから、実際はそれぞれ違う女だったかもしれないじゃないか?」

nextpage

俺が言うと、ユウジは「いや、それはそれで、おかしくないか?」と言うと、アケミの方をじろりと見た

nextpage

「確かにそう言われたら、違ってたかもしれない」

nextpage

ユウジに睨まれアケミは自信無さそうに言って、下を向いた

nextpage

結局は何の進展もなくしばらくの間が過ぎた頃、俺は皆に提案した

nextpage

「じゃあ、もう一回観てみないか?」

nextpage

皆も何かモヤモヤしていたのだろう

そうしよう、ということになった

separator

俺はケースからDVD を取り出す

その間、三人はまたさっきと同じように、各々テレビの前に座りだした

nextpage

本編が始まり、俺たちはアケミの記憶を頼りに、画面の右上辺りとかを注意しながら、観ていった

たまに一時停止とかもしてみて確認したが、結局問題の女の顔が現れることはなかった

nextpage

DVD は終わり、画面はまた真っ暗になった

nextpage

さすがに皆疲れた様子で、あくびをしたり、目を擦ったりしている

nextpage

「あーあ、つまんない、結局、何もなかったね」

nextpage

ユカが残念そうに呟く

nextpage

「ごめん、やっぱり私の見間違いだったみたい」

nextpage

アケミが申し訳なさそうに謝る

nextpage

そして「俺、明日用事あるし、そろそろ帰るわ」というユウジの一声を皮切りに、じゃあ、私も、私も、と立ち上がりだし、結局、三人は帰っていった

nextpage

皆が帰った後、俺は布団を敷くのも面倒だったから、テレビの前に置かれたクッションを枕に、そのまま寝ることにした

疲れていたのか、すぐに微睡みの泉に浸かっていった

separator

nextpage

─コトリ、、、

nextpage

時間はどれほど過ぎただろうか

奇妙な音で俺は意識を取り戻した

首だけを起こして、辺りを見回す

誰もいない薄暗い部屋はしんと静まり返っている

点けっぱなしのテレビがボンヤリ光を放っているのが、どこか不気味だった

俺はテレビの電源を切り、リモコンで室内灯を間接照明にする

壁の数ヶ所にあるダウンライトが、パッと点いた

部屋の中が柔らかい朱色の灯で満たされる

傍らの携帯を眼前にかざした

nextpage

午前3時2分

nextpage

─まだこんな時間か?

nextpage

喉がからからだったから水でも飲もうと半身を起こし何気なくテレビ画面に視線を動かした、その時だ

変な違和感を感じた俺はもう一度、真っ暗な画面を見入った

nextpage

画面中央に映っている寝癖頭の俺

nextpage

その右上に、、、

nextpage

何かが映っている

nextpage

意識を集中させる

nextpage

何だろう?、、、

nextpage

次の瞬間、腰から背中にかけて、冷たい何かが突き抜けた

一気に心拍数が上がる

nextpage

それは若い女の顔

nextpage

よく見ると、微かに目元や口元が動いている

DVD はずっと前に終わっている

ということは、、、

nextpage

俺は肩を震わせながらゆっくりと後ろを振り返った

そして目線を薄暗い天井の辺りに動かしていく

nextpage

「う、うわあ!」

nextpage

思わず叫びながら後ろ側に倒れた

nextpage

淡いダウンライトにボンヤリ浮かび上がるロフト

nextpage

その左端の柵の間にポツンと一つ、女の顔があった

黒髪の間から紫に変色した顔を露にして、何か言いたげに懸命に口を動かしながら、ゆっくりこちらに顔を向ける

nextpage 

─ウウウウ、、、、アア、、、、ウウウウ、、、、

nextpage

女は苦し気に呻きながら実体のともわない影のような身体で這うように進むと、震える細い手をロフトの梯子の先端に乗せた

nextpage

Fin

separator

Presented by Nekojiro

Concrete
コメント怖い
12
9
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

後半部分を大幅に変更しました
最初に読んだ方々、すみません

返信
表示
ネタバレ注意
返信

@むぅ 様
評価、コメントありがとうございます
怖がっていただくことが、励みになります

返信

@アンソニー 様
いつも評価、コメントありがとうございます
怖がっていただけたら、それだけで満足です

返信
表示
ネタバレ注意
返信

これは、怖すぎます!ゾッとしました💦

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信