短編1
  • 表示切替
  • 使い方

「四季」(百文字怪談)

彼の遺灰を持ち出して、桜の木に登って撒いてみた。

この木の下で彼と出会い、毎年手を繋いで花見した。

それから地面を埋め尽くしたのは、儚く散った桜の花びら。

彼の丈夫な手の爪と同じ、平べったい形の桜の花びら。

separator

nextpage

友人と見に来た打ち上げ花火。

見上げる空は同じでも、その心はばらばらに向いている。

受験頑張ろう。彼は賢かった。

いやだ離れたくない。僕は馬鹿だった。

僕はこの夜を永遠にしたくて、花火の数だけ、友人を刺した。

separator

nextpage

紅葉のように染まり、枯れ葉のように散った恋。

でも枯れ葉って実は便利なことを、最後に私は教えてあげた。

服を燃やせる焚き火になるし、

肉を分解する腐葉土にもなる。

nextpage

白色になった彼を見て、冬の予感に体が震えた。

separator

nextpage

路上の水溜りが凍結し、スリップ事故が起きたのが3年前。

母は意識不明、父は即死。

その後僕は、水溜りを見つけては必死に埋めた。

nextpage

もう事故が起こらないように。

そして水溜りから手を伸ばす、父が早く眠れるように。

Concrete
コメント怖い
6
7
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信